ワークスペース クラス


( Asprova全体の表示に関する情報です。 )

<ASGWorkspace> インターフェイス

 

プロパティ一覧

タブ名プロパティ名データ型説明

基本

操作モード
(ASGWorkspace_OperationMode)

<入門><標準>

列挙

テーブルやプロパティウィンドウに表示されるプロパティを絞り込みます。


名前説明
Basic入門「入門モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。
Standard標準「標準モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。
Customカスタム「カスタムモード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。
Developer開発者用「開発者モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。

 

文字列表示設定
(ASGWorkspace_StringDisplayMethod)

<入門><標準>
StringDisplayMethod

列挙

オブジェクト、プロパティの表示文字列を設定します。


名前説明
InternalValues内部値オブジェクト、プロパティを内部値で表示します。
StandardLocalizedStrings標準文字列オブジェクト、プロパティを標準文字列で表示します。
LocalizedStringsWithUserAliasesユーザ定義文字列オブジェクト、プロパティをユーザ定義文字列で表示します。

 

ワークブック表示
(ASGWorkspace_WorkbookMode)

<入門><標準>
WorkBookMode
<VARIANT_BOOL> データ型

ブール

ワークブック表示を切り替えます。

 

デフォルトフォント
(ASGWorkspace_DefaultFont)

<入門><標準>

フォント

標準スタイルのウィンドウを新規に開いた時に使われるデフォルトフォントです。

 

式編集ダイアログフォント
(ASGWorkspace_ExpressionEditorFont)

<入門><標準>

フォント

式編集ダイアログのエディタのフォントです。

設定

プロジェクトフォルダ名
(ASGWorkspace_ProjectPath)

<RO>
<入門><標準>
ProjectPathName
<BSTR> データ型

文字列

プロジェクトのフォルダ名です。

 

プロジェクトファイル名
(ASGWorkspace_ProjectFileName)

<RO>
<入門><標準>
ProjectFilename
<BSTR> データ型

文字列

プロジェクトのファイル名です。

現在開いているプロジェクトの拡張子付きのファイル名を取得します。
 

ユーザ
(ASGWorkspace_User)

<RO>
<標準>

オブジェクト

現在ログインしているユーザのユーザオブジェクトです(Asprova NLS/Asprova DS使用時のみ有効)。ユーザオブジェクトはユーザテーブルの下にあります。

 

スタイルタブ表示
(ASGWorkspace_DefaultWindowTabType)

<入門><標準>
WindowTabType
<TWindowTabType> データ型

列挙

新規に開くウィンドウにスタイルタブを表示するか設定します。


名前説明
NoTabsいいえウィンドウにタブを表示しません
StyleTabsウィンドウの下ウィンドウの下にスタイルのタブを表示します

 

既存ウィンドウを利用する
(ASGWorkspace_TableInstanceType)

<標準>

列挙

新規にウィンドウを開くとき、同じ種類のウィンドウが既にあればそれを再利用するか指定します。


名前説明
Noいいえ同じ種類のウィンドウがあっても常に新規のウィンドウを開きます
Yesはい同じ種類のウィンドウがあったら、それを再利用します

 

ズーム方法
(ASGWorkspace_ZoomMethod)

<標準>

列挙

CTRLキーを押しながらマウスホイールを動かした時のズームの方法を指定します。


名前説明
0単純ズームマウスカーソルがテーブル、チャートのどこにいても同じようにズームイン、ズームアウトします。
1垂直水平ズームを有効にするチャートではCTRLキーを押しながらマウスホイールを動かした時、マウスカーソルが左部テーブル上にある場合は行の高さが変わり、チャート部ヘッダー上にある場合は列幅が変わります。また、「形状」が「吹き出し」の付箋オブジェクトのサイズはズームによらず、付箋オブジェクトの「矩形高さ」「矩形幅」がそのまま見た目のサイズになります。テーブルでのズームは単純ズームと同じです。

 

Ar3/Ar4/Aruバックアップファイル保存先フォルダパス
(ASGWorkspace_BackupAr4FolderPath)

<入門><標準>
BackupFolderPath
<BSTR> データ型

文字列

保存先のフォルダを絶対パス/プロジェクトパスに対する相対パスで指定します。相対パスで指定した場合、そのフォルダが存在しなければ、自動的に作成します。相対パスの例:「Backup」(Ar4のあるフォルダのBackupフォルダ) 絶対パスの例:「\\OtherPC\AsprovaBackup」(他のマシンのAsprovaBackupフォルダ)

 

Ar3/Ar4/Aruバックアップファイル数の上限
(ASGWorkspace_NumBackupAr4Files)

<入門><標準>
MaxNumberOfBackupFiles
<LONG> データ型

整数

バックアップ先フォルダにバックアップファイルがこの値以上に存在する場合、上書き保存時にファイル更新日時がもっとも古いものから順に削除します。

 

スタイルXMLファイル保存先フォルダパス
(ASGWorkspace_StyleXMLFolderPath)

<入門><標準>

文字列

表示設定を保存するXMLファイルを出力するフォルダを設定します。保存先のフォルダを絶対パス/プロジェクトパスに対する相対パスで指定します。相対パスで指定した場合、そのフォルダが存在しなければ、自動的に作成します。相対パスの例:「style」(Ar4のあるフォルダのstyleフォルダ) 絶対パスの例:「\\\\OtherPC\\Style」(他のマシンのStyleフォルダ)

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsPropertyWindowVisible)

PropertyWindowVisible
<VARIANT_BOOL> データ型

ブール

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsNavigationWindowVisible)

ObjectWindowVisible
<VARIANT_BOOL> データ型

ブール

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsMessageWindowVisible)

MessageWindowVisible
<VARIANT_BOOL> データ型

ブール

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsCustomMenu)

<RO>
CustomMenuActive
<VARIANT_BOOL> データ型

ブール

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsObjectBrowserWindowVisible)

ブール

 

 

アプリケーション終了時の保存方法
(ASGWorkspace_SaveModified)

<標準>
SaveModified
<TSaveModified> データ型

列挙

アプリケーションを閉じるときに変更分を察知した場合、保存するか否かとあわせて問い合わせる保存方法です。


名前説明
Serializeシリアライズするシリアライズ(バイナリ保存)します。
Exportエクスポートするエクスポートします。GUI上からデフォルトメニューのエクスポートを実行したときと同じ処理をします。
SerializeAndExportシリアライズとエクスポートをするシリアライズ(バイナリ保存)をし、その後にエクスポートをします。

 

コンボボックスに表示するオブジェクトの上限
(ASGWorkspace_MaxObjectsShownInComboBox)

<標準>

整数

コンボボックスに表示するオブジェクトの数がこの数よりも大きかった場合、コンボボックスは表示されません。

 

プロパティウインドウ表示方法
(ASGWorkspace_PropertyWindowDisplayMethod)

<標準>

列挙

プロパティウインドウの表示方法を設定します。


名前説明
NeverModalダイアログを開かないオブジェクトをプロパティウィンドウに表示する時に、プロパティウィンドウダイアログを開かず、ドックやフローティング状態のプロパティウィンドウを常に使います。
AlwaysModalダイアログを開くテーブルやチャートでオブジェクトをクリックした場合以外、オブジェクトをプロパティウィンドウに表示する時に新しくプロパティウィンドウダイアログを開きます。
ModalWhenJumpingFromPropertyWindowプロパティウインドウからのジャンプ時のみダイアログを開くプロパティウインドウから別のオブジェクトへジャンプした時のみ、新しくプロパティウィンドウダイアログを開きます。

 

計画パラメタコンボボックスフィルタ式
(ASGWorkspace_ParamComboFilterExpr)

<標準>

計画パラメタに表示する計画パラメタを絞り込むフィルタの方法を設定します。

 

メニュー管理
(ASGWorkspace_MenuManagement)

<標準>

列挙

メニューを管理する方法を選択します。Ver.15制限機能です。このプロパティを編集するためにはVer.15ライセンスが必要です。NLS/DSでログインした場合プロジェクト管理者ユーザのみ編集できます。


名前説明
0各ユーザ各ユーザがカスタムメニューを使用するかどうかを決め、カスタムメニューを編集することができます。
1プロジェクト管理者各ユーザのカスタムメニューはプロジェクト管理者が作成し、割り当てます。一般ユーザはメニューを変更することができません。

 

スタイル管理
(ASGWorkspace_StyleManagement)

<標準>

列挙

スタイルを管理する方法を選択します。Ver.15制限機能です。このプロパティを編集するためにはVer.15ライセンスが必要です。NLS/DSでログインした場合プロジェクト管理者ユーザのみ編集できます。


名前説明
0各ユーザ各ユーザがスタイルを独自に管理します。MESなどの非スケジューラモジュールの場合はスタイルを各マシン上のXMLファイルを保存して管理します。
1プロジェクト管理者各ユーザのスタイルはプロジェクト管理者が作成し、割り当てます。一般ユーザはスタイルを変更することはできません。各マシン上にスタイルXMLファイルがあってもインポートしません。

地域設定

エンコード
(ASGWorkspace_CharEncoding)

<標準>

列挙

文字列の読み込みで使われる文字のエンコードです。


名前説明
THAIタイ語タイ語のエンコードです。
SHIFTJIS日本語日本語のエンコードです。
GB2312簡体字中国語簡体字中国語のエンコードです。
HANGUL韓国語韓国語のエンコードです。
CHINESEBIG5繁体字中国語繁体字中国語のエンコードです。
EASTEUROPE中央ヨーロッパ中央ヨーロッパのエンコードです。
SLAVICキリル言語キリル言語のエンコードです。
ANSIラテンⅠラテンⅠのエンコードです。
TURKISHトルコ語トルコ語のエンコードです。

 

地域/コードページ
(ASGWorkspace_LocaleCodePage)

<RO>

文字列

文字列の読み込みで使われる地域とコードページです。

 

地域設定
(ASGWorkspace_Locale)

<RO>

オブジェクト

Asprovaの日付表示や小数点区切り文字などの地域に依存する表示の情報を設定します。

 


(ASGWorkspace_Country)

<標準>

列挙

休日テーブルの休日を適用する国コードを指定します。


名前説明
NotSpecified未指定未指定
isアイスランドアイスランド
irishアイルランドアイルランド
azアゼルバイジャンアゼルバイジャン
afアフガニスタンアフガニスタン
usaアメリカ合衆国アメリカ合衆国
aeアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦
dzアルジェリアアルジェリア
arアルゼンチンアルゼンチン
awアルバアルバ
alアルバニアアルバニア
amアルメニアアルメニア
aoアンゴラアンゴラ
adアンドラアンドラ
yeイエメンイエメン
ukイギリスイギリス
jewishイスラエルイスラエル
italianイタリアイタリア
iqイラクイラク
irイラン イスラム共和国イラン イスラム共和国
indianインドインド
indonesianインドネシアインドネシア
ugウガンダウガンダ
ukrainianウクライナウクライナ
uzウズベキスタンウズベキスタン
uyウルグアイウルグアイ
ecエクアドルエクアドル
egエジプトエジプト
eeエストニアエストニア
etエチオピアエチオピア
erエリトリアエリトリア
svエルサルバドルエルサルバドル
omオマーンオマーン
dutchオランダオランダ
australianオーストラリアオーストラリア
austrianオーストリアオーストリア
kzカザフスタンカザフスタン
qaカタールカタール
canadianカナダカナダ
cmカメルーンカメルーン
khカンボジアカンボジア
cvカーボヴェルデカーボヴェルデ
gaガボンガボン
gmガンビアガンビア
ghガーナガーナ
ggガーンジーガーンジー
cyキプロスキプロス
cwキュラソー島キュラソー島
cuキューバキューバ
kgキルギスキルギス
gnギニアギニア
gwギニアビサウギニアビサウ
greekギリシャギリシャ
kwクウェートクウェート
croatianクロアチアクロアチア
gtグアテマラグアテマラ
guグアムグアム
glグリーンランドグリーンランド
geグルジアグルジア
gdグレナダグレナダ
kyケイマン諸島ケイマン諸島
keケニアケニア
crコスタリカコスタリカ
kmコモロコモロ
coコロンビアコロンビア
cgコンゴコンゴ
cdコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国
ciコートジボワールコートジボワール
saudiarabianサウジアラビアサウジアラビア
stサントメ・プリンシペサントメ・プリンシペ
smサンマリノサンマリノ
zmザンビアザンビア
slシエラレオネシエラレオネ
syシリア アラブ共和国シリア アラブ共和国
singaporeシンガポールシンガポール
djジブチジブチ
giジブラルタルジブラルタル
jmジャマイカジャマイカ
zwジンバブエジンバブエ
chスイススイス
swedishスウェーデンスウェーデン
spainスペインスペイン
srスリナムスリナム
lkスリランカスリランカ
slovakスロバキアスロバキア
slovenianスロベニアスロベニア
szスワジランドスワジランド
sdスーダンスーダン
snセネガルセネガル
rsセルビアセルビア
shセントヘレナ、アセンションおよびトリスタン ダ クーニャセントヘレナ、アセンションおよびトリスタン ダ クーニャ
scセーシェルセーシェル
soソマリアソマリア
thタイタイ
tzタンザニアタンザニア
czechチェコ共和国チェコ共和国
tdチャドチャド
tnチュニジアチュニジア
clチリチリ
danishデンマークデンマーク
ttトリニダード トバゴトリニダード トバゴ
turkishトルコトルコ
tgトーゴトーゴ
germanドイツドイツ
doドミニカ共和国ドミニカ共和国
ngナイジェリアナイジェリア
naナミビアナミビア
niニカラグアニカラグア
neニジェールニジェール
new_zealandニュージーランドニュージーランド
npネパールネパール
norwegianノルウェーノルウェー
htハイチハイチ
hungarianハンガリーハンガリー
bsバハマバハマ
bmバミューダバミューダ
bbバルバドスバルバドス
bdバングラデシュバングラデシュ
bhバーレーンバーレーン
pkパキスタンパキスタン
paパナマパナマ
pyパラグアイパラグアイ
fjフィジーフィジー
philippinesフィリピンフィリピン
finnishフィンランドフィンランド
foフェロー諸島フェロー諸島
frenchフランスフランス
brazilianブラジルブラジル
bulgarianブルガリアブルガリア
bfブルキナファソブルキナファソ
biブルンジブルンジ
prプエルトリコプエルトリコ
vietnameseベトナムベトナム
bjベナンベナン
veベネズエラベネズエラ
byベラルーシベラルーシ
beベルギーベルギー
peペルーペルー
hnホンジュラスホンジュラス
baボスニア ヘルツェゴビナボスニア ヘルツェゴビナ
bwボツワナボツワナ
boボリビアボリビア
portugueseポルトガルポルトガル
polishポーランドポーランド
ytマイヨット島マイヨット島
moマカオマカオ
mkマケドニアマケドニア
mgマダガスカルマダガスカル
mwマラウイマラウイ
mlマリマリ
mtマルタマルタ
mqマルチニークマルチニーク
malaysiaマレーシアマレーシア
mmミャンマーミャンマー
mexicanメキシコメキシコ
mzモザンビークモザンビーク
mcモナコモナコ
mdモルドバモルドバ
maモロッコモロッコ
mnモンゴルモンゴル
meモンテネグロモンテネグロ
muモーリシャスモーリシャス
joヨルダンヨルダン
latvianラトビアラトビア
lithuanianリトアニアリトアニア
liリヒテンシュタインリヒテンシュタイン
lyリビアリビア
lrリベリアリベリア
luルクセンブルクルクセンブルク
rwルワンダルワンダ
romanianルーマニアルーマニア
lsレソトレソト
lbレバノンレバノン
reレユニオンレユニオン
russianロシア連邦ロシア連邦
china中国中国
cf中央アフリカ共和国中央アフリカ共和国
kp北朝鮮北朝鮮
sa南アフリカ南アフリカ
ss南スーダン南スーダン
taiwan台湾台湾
vaバチカン市国バチカン市国
japanese日本日本
vi米領バージン諸島米領バージン諸島
gq赤道ギニア赤道ギニア
south_korea韓国韓国
hong_kong香港香港
aiアンギラアンギラ
agアンティグアバーブーダアンティグアバーブーダ
vgイギリス領バージン諸島イギリス領バージン諸島
sxシントマールテンシントマールテン
vuバヌアツバヌアツ
wfウォリス・フツナウォリス・フツナ
kiキリバスキリバス
gyガイアナガイアナ
sbソロモン諸島ソロモン諸島
ncニューカレドニアニューカレドニア
dmドミニカドミニカ
tcタークス諸島及びカイコス諸島タークス諸島及びカイコス諸島
pgパプアニューギニアパプアニューギニア
bzベリーズベリーズ
asアメリカ領サモアアメリカ領サモア
fkフォークランド諸島(マルビナス)フォークランド諸島(マルビナス)
bnブルネイブルネイ
gfフランス領ギアナフランス領ギアナ
pfフランス領ポリネシアフランス領ポリネシア
mfフランスのサンマルタンフランスのサンマルタン
mp北マリアナ諸島北マリアナ諸島
fmミクロネシア連邦ミクロネシア連邦
mrモーリタニアモーリタニア
msモントセラトモントセラト
tl東ティモール東ティモール
tvツバルツバル
knセントクリストファーネイビスセントクリストファーネイビス
blセントバーセレミー島セントバーセレミー島
pmサンピエールとミケロンサンピエールとミケロン
vcセントビンセント・グレナディーン諸島セントビンセント・グレナディーン諸島
lcセントルシアセントルシア
pwパラオパラオ
ckクック諸島クック諸島
toトンガトンガ
jeジャージージャージー
wsサモアサモア
imマン島マン島
mhマーシャル諸島マーシャル諸島

 

プロジェクトロード時に国別休日をダウンロードする
(ASGWorkspace_DownloadNationalHoliday)

<標準>

列挙

プロジェクトをロードする時にasprova.comから国別休日をダウンロードするかどうかを設定します。ダウンロードする国は、ワークスペースまたは資源の国プロパティに設定された国です。


名前説明
0いいえダウンロードしません。
1はいダウンロードします。

 

数値フォーマット
(ASGWorkspace_LocaleNumberFormat)

<標準>

列挙

小数点区切り文字を設定します。


名前説明
DOTドット小数点区切り文字をドットで表示します。
COMMAカンマ小数点区切り文字をカンマで表示します。

 

日付フォーマット
(ASGWorkspace_LocaleDateFormat)

<標準>

列挙

日付のフォーマットを設定します。


名前説明
YMD年/月/日日付フォーマットを年月日にします。
MDY月/日/年日付フォーマットを月日年にします。
DMY日/月/年日付フォーマットを日月年にします。

 

週間日付フォーマット
(ASGWorkspace_LocaleDaysOfWeekFormat)

<標準>

文字列

一番目は日曜日です。タイムチャートの上部の週間のフォーマットを設定します。

 

金額フォーマット
(ASGWorkspace_LocaleCurrencyFormatExpression)

<標準>

金額のフォーマットを設定します。

共通

コード
(Code)

<入門><標準>

文字列

オブジェクトの内部の名称です。オーダなども含めてユニークである必要はありません。ただしその場合は、インポート/同期化時のマージ処理のために、DBIOのプライマリキーに他のプロパティを追加する必要があります。また、次オーダのようにオーダをコードで指定する場合は動作が不定です。

 

表示名
(DisplayString)

<標準>

文字列

Asprova内部で持っている表示名です。表示名に値が設定されていると、名前の替わりに表示名を表示します。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

別名
(DisplayAlias)

<標準>

文字列

オブジェクトに別名を設定します。別名に値が入っている場合は、名前、表示名の替わりに別名を表示します。
別名で表示させるには、ワークスペースの文字列表示設定でユーザ定義文字列を選択する必要があります(デフォルトでこの設定になっています)。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

コメント(共通)
(Comment)

<Multi>
<標準>

文字列

コメントです。このコメントは各クラス共通のものであり、プロジェクトの「オーダから作業にコピーするプロパティ」などで使用可能です。

 

オブジェクトID
(ObjectID)

<RO>
<標準>

正整数

オブジェクトごとに設定されるID番号です。

 

親オブジェクト
(Parent)

<RO>
<標準>

オブジェクト

1つ上位のオブジェクトです。

 

子オブジェクト
(Child)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

1つ下位のオブジェクトです。

 

クラス定義
(Object_ClassDef)

<RO>
<標準>

オブジェクト

このオブジェクトのクラス情報を定義したオブジェクトです。

 

内部変更フラグ
(Object_StatusFlag)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova内で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは変更はありません。
A新規追加このレコードは追加されました。
M変更ありこのレコードは編集されました。
D削除済みこのレコードは削除されました。

 

変更フラグ
(Object_StatusFlagExt)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova外で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは外部での変更はありません。
A新規追加このレコードは外部で追加されました。
M編集このレコードは外部で編集されました。
D削除このレコードは外部で削除されました。

 

不正フラグ
(Object_InvalidFlag)

<RO>
<標準>

ブール

不正なオブジェクトかどうかを表します。

 

不正フラグがついた理由
(ReasonToBeInvalidated)

<RO> <Multi>
<標準>

列挙

不正フラグがついた理由です。


名前説明
Nオーダ展開のための有効なマスタがないオーダ展開時に有効なマスタが存在しない。
LBマスタループ(マスタ)ループが検知されたマスタオブジェクト
LNマスタループ(マスタ入力指図)ループが検知されたマスタ入力指図
LIマスタループ(品目)ループが検知された品目
Fオーダ展開失敗前回のオーダ展開でオーダ展開が失敗したオーダ
L製造BOMのループ製造BOMのループが検知された品目で、かつ、自動補充フラグが「いいえ」以外に設定されていた品目
Gグループ構築失敗グループの深さは上限20を超えています
GLグループにループありグループにループが発生しました
D  
R不要実績作業前回のオーダ展開で不要とされたが、実績が入っていたために削除していない作業

 

更新日時
(FlagDate)

<RO>
<標準>

日時

インポート/エクスポート/同期化が実行されたときに更新されます。GUIなどでデータを変更した日時ではありません。

内部

グローバルウィンドウ
(ASGWorkspace_GlobalViews)

<RO>
<標準>

オブジェクト

グローバルウィンドウです。

 

プロジェクトウィンドウ
(ASGWorkspace_ProjectViews)

<RO> <Multi>
<標準>
ActiveProjectViews
<ASGViews> データ型

オブジェクト

プロジェクトで開いているウィンドウです。

 

アクティブオブジェクト
(ASGWorkspace_CurrentObject)

<RO>
<標準>

オブジェクト

現在プロパティウィンドウに表示されているオブジェクトです。

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_IsAutoRegistrationActive)

<RO>

ブール

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_PlugInStatus)

<RO>

文字列

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_PlugInStatus_Key)

<RO>

文字列

 

 

内部使用プロパティ
(ASGWorkspace_EIIStatus)

<RO>

文字列

 

 

式ダイアログのアクティブテーブルタブ
(ASGWorkspace_LastSettingExpressionDialogTableTab)

列挙

内部使用プロパティ


名前説明
StandardExpression標準登録式 
UserExpressionユーザ登録式 
Function内部関数 

 

式ダイアログの展開状態
(ASGWorkspace_LastSettingExpressionDialogMore)

ブール

内部使用プロパティ

 

パレット
(ASGWorkspace_Palette)

<RO>
<標準>
Palette
<ASGPalette> データ型

オブジェクト

画面上に表示される様々な色の情報をカスタマイズします。

 

プロパティウインドウダイアログ左
(ASGWorkspace_PropertyWindowDialogLeft)

整数

プロパティウインドウダイアログの最後の表示位置。

 

プロパティウインドウダイアログ上
(ASGWorkspace_PropertyWindowDialogTop)

整数

プロパティウインドウダイアログの最後の表示位置。

 

プロパティウインドウダイアログ横幅
(ASGWorkspace_PropertyWindowDialogWidth)

整数

プロパティウインドウダイアログの最後の表示位置。

 

プロパティウインドウダイアログ縦幅
(ASGWorkspace_PropertyWindowDialogHeight)

整数

プロパティウインドウダイアログの最後の表示位置。

 

式ダイアログ左
(ASGWorkspace_ExpressionDialogLeft)

整数

式ダイアログの最後の表示位置。

 

式ダイアログ上
(ASGWorkspace_ExpressionDialogTop)

整数

式ダイアログの最後の表示位置。

 

式ダイアログ横幅
(ASGWorkspace_ExpressionDialogWidth)

整数

式ダイアログの最後の表示位置。

 

式ダイアログ縦幅
(ASGWorkspace_ExpressionDialogHeight)

整数

式ダイアログの最後の表示位置。

 

対処方法ダイアログ左
(ASGWorkspace_MessageDetailDialogLeft)

整数

対処方法ダイアログの最後の表示位置。

 

対処方法ダイアログ上
(ASGWorkspace_MessageDetailDialogTop)

整数

対処方法ダイアログの最後の表示位置。

 

対処方法ダイアログ横幅
(ASGWorkspace_MessageDetailDialogWidth)

整数

対処方法ダイアログの最後の表示位置。

 

対処方法ダイアログ縦幅
(ASGWorkspace_MessageDetailDialogHeight)

整数

対処方法ダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド編集ダイアログ左
(ASGWorkspace_CommandDialogLeft)

整数

コマンドダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド編集ダイアログ上
(ASGWorkspace_CommandDialogTop)

整数

コマンドダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド編集ダイアログ横幅
(ASGWorkspace_CommandDialogWidth)

整数

コマンドダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド編集ダイアログ縦幅
(ASGWorkspace_CommandDialogHeight)

整数

コマンドダイアログの最後の表示位置。

 

現在選択されているパレット
(ASGWorkspace_CurrPalette)

<標準>

オブジェクト

現在選択されているパレットです。

 

コマンド選択ダイアログ左
(ASGWorkspace_SelectCommandDialogLeft)

整数

コマンド選択ダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド選択ダイアログ上
(ASGWorkspace_SelectCommandDialogTop)

整数

コマンド選択ダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド選択ダイアログ横幅
(ASGWorkspace_SelectCommandDialogWidth)

整数

コマンド選択ダイアログの最後の表示位置。

 

コマンド選択ダイアログ縦幅
(ASGWorkspace_SelectCommandDialogHeight)

整数

コマンド選択ダイアログの最後の表示位置。

全プロパティ

ユーザ名
(ASGWorkspace_UserName)

<RO>
<標準>
UserName
<BSTR> データ型

文字列

現在ログインしているユーザ名です(Asprova NLS/Asprova DS使用時のみ有効)。

 

コード/表示名/別名
(Object_CodeDisplayNameOrAlias)

文字列

ワークスペースの文字列表示設定に応じて、オブジェクトのコード、表示名、または別名に該当します。

 

変更中ユーザコード
(Object_UserDuringChangeCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更中ユーザプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

変更権取得済みユーザコード
(Object_UserDuringCheckOutCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更権取得済みユーザコードをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

オーナコード
(Object_OwnerUserCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

オーナプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 
 
GetAsObject
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいオブジェクト型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsObject
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsInteger
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい整数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsExpression
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい式型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTime
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい日時型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTimeSpan
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい時間型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsDouble
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい実数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsBool
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいブール型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsEnum
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい列挙型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsInteger
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsExpression
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTime
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTimeSpan
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsDouble
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsBool
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsEnum
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
DateFormat
<TDateFormat> データ型

 

地域の日時形式の設定。

 
NumberFormat
<TNumberFormat> データ型

 

地域の数字形式の設定。

 
DaysOfWeekFormat
<BSTR> データ型

 

地域の曜日文字列の設定。

 
PropertyWindow
<ASGPropertyWindow> データ型
<RO>

 

プロパティウィンドウを取得する。

 
ObjectWindow
<ASGObjectWindow> データ型
<RO>

 

オブジェクトウィンドウを取得する。

 
MessageWindow
<ASGMessageWindow> データ型
<RO>

 

メッセージウィンドウを取得する。


<RO> : 読み取り専用
<Multi> : 配列型(1から始まります)

<入門> : 入門モードで表示されます
<標準> : 標準モードで表示されます

参照

ASGMessageWindow, ASGObjectWindow, ASGPropertyWindow


HelpNo.:C40

© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.