作業 クラス


( 作業の情報(スケジュール結果)です。 )

<ASBWork> インターフェイス

 

プロパティ一覧

タブ名プロパティ名データ型説明

基本

種別
(Work_Type)

<RO>
<標準>
Type
<TWorkType> データ型

列挙

ワークの種別です。作業/分割作業ルート/製造タスク/前段取りタスク/後段取りタスク/資源ロックタスク があります。


名前説明
O作業作業(旧ASPROVAではジョブ)です。
S分割作業ルート分割作業のルートです。
P製造タスク製造タスクです。
E前段取りタスク前段取りタスクです。
T後段取りタスク後段取りタスクです。
R資源ロックタスク資源ロックタスクです。
C前後依存段取りタスク前後依存段取りタスクです。
L  
G作業グループ作業をグループ化した時に生成されるグループ作業です。要グループ割付けオプション。

 

マスタ作業
(Work_Bom)

<RO>
<入門><標準>
Master
<ASBMaster> データ型

オブジェクト

現在参照しているマスタ作業です。

 

工程番号
(Work_OperationProcNo)

<RO>
<標準>
ASBOperation::OperationProcNo
<double> データ型

実数

現在参照しているマスタ作業の工程番号です。

 

主産物品目
(Work_OperationOutMainItem)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationOutMainItem

オブジェクト

主産物品目です。

 

製造数量
(Work_OperationOutMainItemQty)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationOutMainItemQty

実数

主産物品目の製造数量です。

 

数量固定レベル
(Work_QtyFixedLevel)

<RO>
<標準>
ASBOperation::QtyFixedLevel

整数

数量固定レベルです。オーダ内の各作業、指図の計画数量は、数量固定レベルが最大の作業または指図の数量を基準にして算出されます。

 

ユーザ指定数量固定レベル
(Work_QtyFixedLevel_UserSpecified)

<標準>
ASBOperation::QtyFixedLevel_UserSpecified

整数

数量固定レベルを直接設定する際に使用します。

 

日時固定フラグ
(Work_TimeFixedFlag)

<標準>
ASBOperation::TimeFixedFlag

ブール

日時固定するかどうかを設定します。
チェックを付けると日時固定されます。

 

資源固定フラグ
(Work_ResFixedFlag)

<標準>
ASBOperation::ResourceFixedFlag
<BOOL> データ型

列挙

作業が資源固定されているかどうかを表します。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。


名前説明
0非固定この作業は資源非固定です。
1資源固定この作業は資源固定です。

 

ユーザ指定数量
(Work_UOperationOutMainItemQty)

<標準>
ASBOperation::UOperationOutMainItemQty

実数

作業の主産物の製造数量を指定します。

 

ユーザ指定前段取り時間
(Work_USetupTime)

<標準>
ASBOperation::USetupTime
<LONG> データ型

時間

作業の前段取り時間を指定します。

 

ユーザ指定製造時間
(Work_UProductionTime)

<標準>
ASBOperation::UProductionTime

時間

作業の製造時間を指定します。ゼロ秒と指定すると未指定と同じの扱いになります。

 

ユーザ指定後段取り時間
(Work_UTeardownTime)

<標準>
ASBOperation::UTeardownTime
<LONG> データ型

時間

作業の後段取り時間を指定します。

 

ユーザ指定最早開始日時
(Work_UEST)

<標準>
ASBOperation::UEST

日時

作業の最早開始日時を指定します。

 

ユーザ指定最遅終了日時
(Work_ULET)

<標準>
ASBOperation::ULET

日時

作業の最遅終了日時を指定します。

 

着手順
(Work_StartingOrder)

<標準>

実数

作業の「着手順」プロパティを、このプロパティで確認/変更できます。作業ごとに着手順番を指定し、コマンド実行機能や差立て表で並び替えるときに使用してください。内部のロジックでは使用しません。

 

ユーザ指定主資源
(Work_ReservedMainRes)

<標準>
ASBOperation::ReservedMainRes

オブジェクト

割付け先の主資源を設定します。

 

コメント
(Work_Comments)

<Multi>
<入門><標準>
Comment
<BSTR> データ型

文字列

コメントです。

 

ユーザ指定作業グループ
(Work_UGroup)

<標準>

オブジェクト

ユーザが指定した作業グループです。要グループ割付けオプション。

 

ユーザ指定グループ種別
(Work_GroupType)

<標準>

オブジェクト

この作業をグループ化して割り付ける方法を指定します。要グループ割付けオプション。

 

拡張フィールド
(Work_Extension)

<Multi>
<標準>
Extension
<BSTR> データ型

文字列

旧ASPROVAモードまたは旧ASPROVAから変換したノーマルモード時のみ有効です。

分割

作業分割数
(Work_SplitNumber)

<入門><標準>
ASBOperation::SplitNumber

整数

作業を分割する数を設定します。作業の製造数量に関わらず設定した数の作業に分割して割付けます。

 

作業分割比率
(Work_SplitRatio)

<Multi>
<標準>
ASBOperation::SplitRatio

実数

作業を分割する比率を設定します。作業の製造数量と分割比率に従って作業を分割して割付けます。

 

作業並行数
(Work_SplitParalelNumber)

<標準>
ASBOperation::SplitParallelNumber

整数

分割した作業をいくつの資源で並行して作業するかを設定します。

 

作業ロットサイズMIN
(Work_SplitProductionQtyMin)

<入門><標準>
ASBOperation::SplitProductionQtyMin

実数

作業を分割する時の最小値を設定します。

 

作業ロットサイズMAX
(Work_SplitProductionQtyMax)

<入門><標準>
ASBOperation::SplitProductionQtyMax

実数

作業を分割する時の最大値を設定します。

 

作業ロットサイズUNIT
(Work_SplitProductionQtyUnit)

<入門><標準>
ASBOperation::SplitProductionQtyUnit

実数

分割された作業の数量はこの値の倍数になります。

 

分割設定再帰工程数(フォワード)
(Work_SplitRecursiveProcNumberForward)

<標準>
ASBOperation::SplitRecursiveProcNumberForward

整数

当作業の分割設定をどの範囲まで適応するかの設定です。最終工程に向かう方向の工程数を設定します。-1にすると末端までとなります。

 

分割設定再帰工程数(バックワード)
(Work_SplitRecursiveProcNumberBackward)

<標準>
ASBOperation::SplitRecursiveProcNumberBackward

整数

当作業の分割設定をどの範囲まで適応するかの設定です。初工程に向かう方向の工程数を設定します。-1にすると末端までとなります。

 

分割設定再帰1対1(フォワード)
(Work_SplitRecursiveOneToOneForward)

<標準>
ASBOperation::SplitRecursiveOneToOneForward

列挙

「はい」の場合、「分割設定再帰工程数(フォワード)」によって再帰分割の設定を行なった際に、一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入るなどした場合でも、それ以降の工程の作業の分割数量は、前工程の分割作業の比率で分割し、紐付けが1対1になるようにします。


名前説明
0いいえ一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入っても、後工程の分割は分割の設定どおりに行ないます。
1はい一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入った場合、後工程の分割は前工程の分割作業の製造数量の比率で分割し、紐付けが1対1になるようにします。

 

元の数量に合わせる
(Work_SplitReduceExcessQty)

<標準>
ASBOperation::MatchOriginalQty

列挙

分割した結果余分が出たら元の数量に合わせます。


名前説明
Noいいえ分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っていても調整しません。
Yesはい分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、調整します。
Rはい(実績を加味する)分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、他の分割作業の実績数量を加味して調整します。

割付け

日時固定レベル
(Work_TimeFixedLevel)

<RO>
<標準>
ASBOperation::TimeFixedLevel

整数

日時固定レベルです。

 

ユーザ指定日時固定レベル
(Work_TimeFixedLevel_UserSpecified)

<標準>
ASBOperation::TimeFixedLevel_UserSpecified

整数

日時固定レベルを直接指定します。

 

主資源
(Work_OperationMainRes)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationMainRes

オブジェクト

製造タスクが割り付いた主資源です。

 

リードタイム
(Work_LeadTime)

<RO>
<入門><標準>
LeadTime
<LONG> データ型

時間

使用指図の中でもっとも遅い終了日時からもっとも早い開始日時をひいた時間を返します。
在庫オーダの場合はNotSpecified を返します。

 

開始日時
(Work_StartTime)

<RO>
<入門><標準>
StartTime
<DATE> データ型

日時

使用指図の日時の中でもっとも早い開始日時を返します。

 

終了日時
(Work_EndTime)

<RO>
<入門><標準>
EndTime
<DATE> データ型

日時

使用指図の日時の中でもっとも遅い終了日時を返します。

 

最早開始日時(算出値)
(Work_TotalCalculatedEST)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::TotalCalculatedEST

日時

前工程との時間関係、ユーザ指定最早開始日時などを考慮して算出した、現在の最早開始日時です。タスクの場合は前タスクの割付け位置も考慮します。オーダの場合は次オーダ、オーダの最早開始日時を考慮します。

 

最遅終了日時(算出値)
(Work_TotalCalculatedLET)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::TotalCalculatedLET

日時

後工程との時間関係、ユーザ指定最遅終了日時などを考慮して算出した、現在の最遅終了日時です。タスクの場合は後タスクの割付け位置も考慮します。オーダの場合は次オーダ、オーダの納期を考慮します。

 

割付けフラグ
(Work_IsAssigned)

<RO>
<入門><標準>
IsAssigned
<TIsAssigned> データ型

列挙

割り付いた状態を表します。


名前説明
0未割付け未割付け状態です。
1割付け済み通常の資源(非ダミー資源)に割付いています。
2割付け済み(ダミー資源)ダミー資源に割付いています。
3割付け済み(強制)通常の資源(非ダミー資源)に強制的に割付いています。

 

割付け方向
(Work_AssignmentDirection)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::AssignmentDirection

列挙

前回スケジュール時の割付け方向です。


名前説明
N未指定指定されていません。
Fフォワード割付け対象の作業の割付け方向をフォワードにします。
Bバックワード割付け対象の作業の割付け方向をバックワードにします。
FF強制フォワード割付け対象の作業の割付け方法を強制フォワードにします。
FB強制バックワード割付け対象の作業の割付け方法を強制バックワードにします。

 

前回ディスパッチング順
(Work_LastAssignmentOrder)

<RO>
<標準>
ASBOperation::LastAssignmentOrder
<LONG> データ型

整数

最後に割り付いたときに割り当てられたディスパッチング順です。

実績

ステータス
(Work_Status)

<入門><標準>
Status
<TWorkStatus> データ型

列挙

タスク/作業のステータスです。


名前説明
 未指定指定されていません。
N未計画一度も割付けられていません。
A計画済み割付けられたことがあります。
I指示済み指示済みです。
D確定確定です。
T着手済み着手済みです。
B完了完了です。

 

実績取得日時
(Work_ResultObtainTime)

<標準>
ASBOperation::ResultObtainTime

日時

実績を取得した日時を設定します。

 

実績開始日時
(Work_ResultStartTime)

<入門><標準>
ASBOperation::ResultStartTime

日時

実績開始日時を設定します。
実績開始日時が設定されていると、その日時から着手したものとみなされます。

 

実績終了日時
(Work_ResultEndTime)

<入門><標準>
ASBOperation::ResultEndTime

日時

実績終了日時を設定します。
実績終了日時が設定されていると、その日時で完了したものとみなされます。

 

実績数量
(Work_ResultQty)

<入門><標準>
ASBOperation::ResultQty

実数

実績数量を設定します。
実績数量が0より大きい場合は着手したものみなされます。

 

実績数量(加算)
(Work_ResultQty_Additional)

<Multi>
<標準>
ASBOperation::ResultQtyAdditional

実数

実績数量を設定します。セミコロン区切りで登録可能です。セミコロン区切りで設定されている場合は、それらの総和が作業の実績数量となります。「実績数量」プロパティと「実績数量(加算)」プロパティの両方に値が入っている場合は、より多いほうを採用します。

 

実績進捗率
(Work_ResultProgress)

<標準>
ASBOperation::ResultProgress

実数

実績を進捗率で設定します。作業に対して入力した場合は、製造タスクに反映されますが、製造タスクが複数ある場合は先頭の製造タスクに反映されます。

 

実績主資源
(Work_ResultMainRes)

<標準>
ASBOperation::ResultMainRes

オブジェクト

作業を行った主資源を設定します。

 

再帰実績フラグ
(Work_ResultRecursiveFlag)

<標準>
ASBOperation::ResultRecursiveFlag

ブール

チェックがついていると前工程の実績が完了になります。

 

実績スクラップ数
(Work_ResultScrap)

<標準>
ASBOperation::ResultScrap

実数

主産物のスクラップ数。リスケジューリングには反映されません。

 

実績日時時系列
(Work_ResultTimeSeries)

<標準>
ASBOperation::ResultTimeSeries

時系列

実績の日時の時系列です。設定する必要はありません。

評価

最早開始日時-製造開始日時
(Work_Earliness)

<RO>
<入門><標準>
Earliness
<LONG> データ型

時間

早まった時間です。正であれば最早開始日時違反です。製造開始日時:自分の下にある作業入力指図のうち、もっとも日時が早いもの。最早開始日時:オーダの場合はオーダの最早開始日時。作業/タスクの場合は、min(ユーザ指定最早開始日時,途中工程指定から設定した最早開始日時)。

 

製造終了日時-最遅終了日時
(Work_Lateness)

<RO>
<入門><標準>
Lateness
<LONG> データ型

時間

遅れた時間です。正であれば最遅終了日時違反です。製造終了日時:自分の下にある作業出力指図のうち、もっとも日時が遅いもの。最遅終了日時:オーダの場合はオーダの納期。作業/タスクの場合は、max(ユーザ指定最遅終了日時,途中工程指定から設定した最遅終了日時)。

 

最早終了日時-製造終了日時
(Work_Earliness_TimeConstraintMax)

<RO>
<標準>
EarlinessTimeConstraintMax
<DATE> データ型

時間

重なりMAX制約に対して早まった時間です。正であれば最早開始日時違反です。製造終了日時:自分の下にある作業出力指図のうち、もっとも日時が遅いもの。最早終了日時:後工程との重なりMAX制約が満たされる最遅開始日時。

 

製造開始日時-最遅開始日時
(Work_Lateness_TimeConstraintMax)

<RO>
<標準>
LatenessTimeConstraintMax
<DATE> データ型

時間

重なりMAX制約に対して遅れた時間です。正であれば最遅終了日時違反です。製造開始日時:自分の下にある作業入力指図のうち、もっとも日時が早いもの。最遅開始日時:前工程との重なりMAX制約が満たされる最遅開始日時。

 

まだ完全に紐づいていない出力指図数
(Work_NumNotFullPeggedOutputInstructions)

<RO>
<標準>
NumNotFullPeggedOutputInstructions
<LONG> データ型

整数

全数量が紐づいていない作業出力指図の数です。

 

入力品目不足指図数
(Work_NumNotFullPeggedInputInstructions)

<RO>
<標準>
NumNotFullPeggedInputInstructions
<LONG> データ型

整数

全数量が紐づいていない作業入力指図の数です。

 

入力品目不足指図
(Work_NotFullPeggedInputInstructions)

<RO>
<標準>
InsufficientInputQtyInstructionList
<IASOObjectList> データ型

オブジェクト

原料(紐付け)が不足している作業入力指図のリストです。品目に原料制約フラグを設定する必要があります。

 

資源量制約違反使用指図数
(Work_NumResQtyViolationUseInstructions)

<RO>
<標準>
NumResQtyViolationUseInstructions
<LONG> データ型

整数

資源量制約違反を起こしている使用指図の数です。

リンク

オーダ
(Work_Order)

<RO>
<標準>

オブジェクト

この作業のオーダです。

 

作業
(Task_Operation)

<RO>
<標準>

オブジェクト

タスク専用の仮想プロパティです。

 

作業グループ
(Work_Group)

<RO>
<標準>

オブジェクト

この作業が属する作業グループです。要グループ割付けオプション。

 

作業グループメンバ
(Work_GroupMember)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この作業グループのメンバの作業です。

 

この作業グループをユーザ指定作業グループに指定している作業
(Work_UGroup_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この作業グループをユーザ指定作業グループに指定している作業です。

 

グループ種別
(Work_CurrGroupType)

<RO>
<標準>

オブジェクト

作業グループ化コマンドを実行して選択されたグループ種別です。

 

この作業グループのグループ種別
(Work_GroupTypeOfOperationGroup)

<RO>
<標準>

オブジェクト

この作業グループのグループ種別です。要グループ割付けオプション。

 

前工程作業
(Work_PrevOperation)

<RO> <Multi>
<入門><標準>
PrevOperation
<ASBOperation> データ型

オブジェクト

前工程の作業です。オーダが異なる作業および次オーダによって紐付いた作業も含みます。

 

後工程作業
(Work_NextOperation)

<RO> <Multi>
<入門><標準>
NextOperation
<ASBOperation> データ型

オブジェクト

後工程の作業です。オーダが異なる作業および次オーダによって紐付いた作業も含みます。

 

前段取りタスク
(Work_SetupTask)

<RO> <Multi>
<標準>
ASBOperation::SetupTask

オブジェクト

前段取りタスクです。

 

製造タスク
(Work_ProductionTask)

<RO> <Multi>
<標準>
ASBOperation::ProductionTask

オブジェクト

製造タスクです。

 

後段取りタスク
(Work_TeardownTask)

<RO> <Multi>
<標準>
ASBOperation::TeardownTask

オブジェクト

後段取りタスクです。

 

前後依存段取りオブジェクト(品目段取り)
(Work_ChangeI)

<RO>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverItem

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。

 

前後依存段取りオブジェクト(資源段取り)
(Work_ChangeR)

<RO> <Multi>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverResource

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。Ver.15.0から配列値になりました。COM IF から取得する場合は GetChangeoverResourceList() メソッドを使用してください。

 

前後依存段取りオブジェクト(仕様1段取り)
(Work_Change1)

<RO>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverSpec

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。

 

前後依存段取りオブジェクト(仕様2段取り)
(Work_Change2)

<RO>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverSpec

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。

 

前後依存段取りオブジェクト(仕様3段取り)
(Work_Change3)

<RO>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverSpec

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。

 

前後依存段取りオブジェクト(仕様4段取り)
(Work_Change4)

<RO>
<標準>
ASBOperation::ChangeoverSpec

オブジェクト

前回の割付で当作業の段取り時間を決めるときに参照した前後依存段取りオブジェクトです。

 

セレクタ
(Work_CurrSelectorBom)

<RO>
<標準>

オブジェクト

この作業が参照しているタスクセレクタです。タスクセレクタがないマスタの場合はマスタ作業になります。

 

タスク/作業
(Work_CurrSelectorBom_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

このタスク/マスタを参照しているタスク/作業です。

 

作業入力指図
(Work_InputInstructions)

<RO> <Multi>
<標準>
InputInstruction
<ASBInputInstruction> データ型

オブジェクト

このワークの直下に存在する作業入力指図です。

 

作業出力指図
(Work_OutputInstructions)

<RO> <Multi>
<標準>
OutputInstruction
<ASBOutputInstruction> データ型

オブジェクト

このワークの直下に存在する作業出力指図です。

 

作業使用指図
(Work_UseInstructions)

<RO> <Multi>
<標準>
UseInstruction
<ASBUseInstruction> データ型

オブジェクト

このワークの直下に存在する作業使用指図です。

 

品目時系列
(ItemTime_Operation_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

内部使用プロパティです。

 

付箋
(Work_Label)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

作業に対して追加されている付箋です。

権限

変更中ユーザ
(Object_UserDuringChange)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

そのオブジェクトの変更しているユーザが表示されます。そのオブジェクトの変更権を取得しているか、変更権を取得した別のオブジェクトから継承されているかのどちらかです。

 

変更権取得済みユーザ
(Object_UserDuringCheckOut)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

そのオブジェクトの変更権を取得しているユーザです。

 

オーナ
(Object_OwnerUser)

<Multi>
<標準>

オブジェクト

このオブジェクトのオーナです。複数のユーザを指定可能です。オーナに指定すると他のユーザはこのオブジェクトの変更権を取得することができません。設定するには計画管理者権限が必要です。

共通

コード
(Code)

<入門><標準>

文字列

オブジェクトの内部の名称です。オーダなども含めてユニークである必要はありません。ただしその場合は、インポート/同期化時のマージ処理のために、DBIOのプライマリキーに他のプロパティを追加する必要があります。また、次オーダのようにオーダをコードで指定する場合は動作が不定です。

 

表示名
(DisplayString)

<標準>

文字列

Asprova内部で持っている表示名です。表示名に値が設定されていると、名前の替わりに表示名を表示します。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

別名
(DisplayAlias)

<標準>

文字列

オブジェクトに別名を設定します。別名に値が入っている場合は、名前、表示名の替わりに別名を表示します。
別名で表示させるには、ワークスペースの文字列表示設定でユーザ定義文字列を選択する必要があります(デフォルトでこの設定になっています)。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

コメント(共通)
(Comment)

<Multi>
<標準>

文字列

コメントです。このコメントは各クラス共通のものであり、プロジェクトの「オーダから作業にコピーするプロパティ」などで使用可能です。

 

オブジェクトID
(ObjectID)

<RO>
<標準>

正整数

オブジェクトごとに設定されるID番号です。

 

親オブジェクト
(Parent)

<RO>
<標準>

オブジェクト

1つ上位のオブジェクトです。

 

子オブジェクト
(Child)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

1つ下位のオブジェクトです。

 

クラス定義
(Object_ClassDef)

<RO>
<標準>

オブジェクト

このオブジェクトのクラス情報を定義したオブジェクトです。

 

内部変更フラグ
(Object_StatusFlag)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova内で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは変更はありません。
A新規追加このレコードは追加されました。
M変更ありこのレコードは編集されました。
D削除済みこのレコードは削除されました。

 

変更フラグ
(Object_StatusFlagExt)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova外で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは外部での変更はありません。
A新規追加このレコードは外部で追加されました。
M編集このレコードは外部で編集されました。
D削除このレコードは外部で削除されました。

 

不正フラグ
(Object_InvalidFlag)

<RO>
<標準>

ブール

不正なオブジェクトかどうかを表します。

 

不正フラグがついた理由
(ReasonToBeInvalidated)

<RO> <Multi>
<標準>

列挙

不正フラグがついた理由です。


名前説明
Nオーダ展開のための有効なマスタがないオーダ展開時に有効なマスタが存在しない。
LBマスタループ(マスタ)ループが検知されたマスタオブジェクト
LNマスタループ(マスタ入力指図)ループが検知されたマスタ入力指図
LIマスタループ(品目)ループが検知された品目
Fオーダ展開失敗前回のオーダ展開でオーダ展開が失敗したオーダ
L製造BOMのループ製造BOMのループが検知された品目で、かつ、自動補充フラグが「いいえ」以外に設定されていた品目
Gグループ構築失敗グループの深さは上限20を超えています
GLグループにループありグループにループが発生しました
D  
R不要実績作業前回のオーダ展開で不要とされたが、実績が入っていたために削除していない作業

 

更新日時
(FlagDate)

<RO>
<標準>

日時

インポート/エクスポート/同期化が実行されたときに更新されます。GUIなどでデータを変更した日時ではありません。

内部

オーダグループ
(Work_OrderGroup)

<RO>
<標準>

オブジェクト

この作業が作業グループの場合、この作業グループを生成するもとになったオーダグループになります。オーダプロパティと同値です。

 

レベル
(Work_OperationLevel)

<RO>
<標準>
ASBOperation::OperationLevel

整数

最終工程を1として前工程にさかのぼった工程レベル番号です。

 

拡張作業コード用ユニークID
(Work_UniqueIDForExtendedOperationCode)

<RO>

整数

拡張作業コードをつけるためにIDです。プロジェクトの「拡張作業コードを用いる」にチェックがついている場合のみ、IDが更新されます。

 

ユーザ指定製造時間有効値
(Work_TotalUProductionTime)

<RO>

時間

ユーザ指定製造時間、ロット途中工程指定などの中で有効となった時間です。

 

次分割作業
(Work_NextSplitWork)

<RO>

オブジェクト

内部使用プロパティです。

 

伸張率
(Work_ExpansionRate)

<RO>
<標準>

実数

時間方向負荷平準化コマンドにてタスクを引き伸ばした率。「元の時間/引き伸ばされた時間」です。

 

インポート時割付けフラグ
(Work_ImportAssignFlag)

<標準>

列挙

インポート時に作業の割付けなおしを行ないます。(Ver.3制限機能)


名前説明
0未設定何もしません。
1割付けるインポート時に割付けます。詳しくは、ヘルプ「HelpNo.:757450」を参照してください。

 

オーダ余裕時間
(Work_OrderLeewayTime)

<RO>

時間

内部使用プロパティです。

 

ユーザ指定最早開始日時有効値
(Work_TotalUEST)

<RO>

日時

ユーザ指定最早開始日時、ロット途中工程指定などの中で有効となった日付です。

 

ユーザ指定最遅終了日時有効値
(Work_TotalULET)

<RO>

日時

ユーザ指定最遅開始日時、ロット途中工程指定などの中で有効となった日付です。

 

PEST
(Work_PEST)

<RO>

日時

内部使用。

 

PLST
(Work_PLST)

<RO>

日時

内部使用。

 

PEET
(Work_PEET)

<RO>

日時

内部使用。

 

PLET
(Work_PLET)

<RO>

日時

内部使用。

 

資源ロック制約を無視
(Work_ConstraintIgnoredResLock)

<RO>

ブール

内部使用。

 

重なりMAX制約を無視
(Work_ConstraintIgnoredOverlapMax)

<RO>

ブール

内部使用。

 

グループ割付け制約を無視
(Work_ConstraintIgnoredGroupAssign)

<RO>

ブール

内部使用。

KPI

原材料費累積
(Work_CumulativeMaterialCost)

<標準>
CumulativeMaterialCost
<Double> データ型

実数

原材料費累積です。

 

請負費累積
(Work_CumulativeOutsourcingCost)

<標準>
CumulativeOutsourcingCost
<Double> データ型

実数

請負費用累積です。

 

労務費累積
(Work_CumulativeHourlyCost)

<標準>
CumulativeLaborCost
<Double> データ型

実数

労務費累積です。

 

配送費累積
(Work_CumulativeDeliveryCost)

<標準>

実数

配送費累積です。

 

費用累積合計
(Work_CumulativeTotalCost)

<標準>
CumulativeTotalCost
<Double> データ型

実数

費用累積の合計です。

 

原材料費
(KPIEvalResult_Purchases)

<標準>

実数

指定期間の納期の購買オーダの金額の合計です。

 

請負費
(KPIEvalResult_OutsourcingCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の請負費用の合計です。

 

配送費
(KPIEvalResult_DeliveryCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の配送費の合計です。

 

労務費
(KPIEvalResult_HourlyCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の労務費の合計です。

 

費用合計
(KPIEvalResult_TotalCosts)

<標準>

実数

指定期間の費用の合計です。

全プロパティ

オーダコード
(Work_OrderCode)

<RO>

WBS参照

この作業のオーダコードです。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

作業コード
(Task_OperationCode)

<RO>

WBS参照

タスク専用プロパティ。タスクテーブルをインポートさせるときに使用します。このプロパティをプライマリキーにしてタスクをインポートさせることができます。

 

コード
(Work_Code)

<入門><標準>

WBSキー

コードです。

 

マスタ作業コード
(Work_BomCode)

<RO>

WBS参照

現在参照しているマスタ作業のコードです。

 

主産物品目コード
(Work_OperationOutMainItemCode)

<RO>

WBS参照

製造する品目コードです。

 

主資源コード
(Work_OperationMainResCode)

<RO>

WBS参照

割付いた主資源のコードです。エクスポート時には、「割付けフラグ」が「未割付け」だと、NULL値をエクスポートします。

 

製造開始日時
(Work_OperationProductionStartTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationProductionStartTime

日時

製造タスクの開始日時です。

 

製造終了日時
(Work_OperationProductionEndTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationProductionEndTime

日時

製造タスクの終了日時です。

 

製造時間
(Work_OperationProductionTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationProductionTime

時間

製造タスクの実稼動時間です。

 

前段取り開始日時
(Work_OperationSetupStartTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationSetupStartTime

日時

前段取りタスクの開始日時です。

 

前段取り終了日時
(Work_OperationSetupEndTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationSetupEndTime

日時

前段取りタスクの終了日時です。

 

前段取り時間
(Work_OperationSetupTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationSetupTime

時間

前段取りタスクの実稼動時間です。

 

後段取り開始日時
(Work_OperationTeardownStartTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationTeardownStartTime

日時

後段取りタスクの開始日時です。

 

後段取り終了日時
(Work_OperationTeardownEndTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationTeardownEndTime

日時

後段取りタスクの終了日時です。

 

後段取り時間
(Work_OperationTeardownTime)

<RO>
<入門><標準>
ASBOperation::OperationTeardownTime

時間

後段取りタスクの実稼動時間です。

 

ユーザ指定主資源コード
(Work_ReservedMainResCode)

<RO>

WBS参照

割付け先の主資源コードです。

 

実績主資源コード
(Work_ResultMainResCode)

<RO>

WBS参照

作業を行った主資源の名前です。

 

作業グループコード
(Work_GroupCode)

<RO>

WBS参照

作業グループのコードです。

 

ユーザ指定作業グループコード
(Work_UGroupCode)

<RO>

WBS参照

作業グループのコードです。

 

グループ種別コード
(Work_CurrGroupTypeCode)

<RO>

WBS参照

作業グループ化コマンドを実行して選択されたグループ種別のコードです。

 

ユーザ指定グループ種別コード
(Work_GroupTypeCode)

<RO>

WBS参照

作業テーブルのグループ種別オブジェクトのコードです。

 

グループ種別コード(作業グループ)
(Work_GroupTypeOfOperationGroupCode)

<RO>

WBS参照

作業テーブルのグループ種別オブジェクトのコードです。

 

ユーザ指定製造数量(単独)
(Work_SingleJobUserQtyV9)

<標準>

実数

分割作業個々のユーザ設定数量です。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

後工程作業コード(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextOperationV9Code)

<RO>

WBS参照

後工程の作業コードです。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

後工程作業(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextOperationV9)

<標準>

オブジェクト

後工程の作業です。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

前工程作業(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextOperationV9_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

未使用です。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

割付け資源情報
(Work_AssignedResInfoV9)

<RO> <Multi>
<標準>

文字列

割付いた資源の情報です。旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

工程コード
(Work_ProcessV9Code)

<RO>

WBS参照

工程コードです。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

工程
(Work_ProcessV9)

<標準>

オブジェクト

工程です。主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

付加情報
(Work_AdditionalInfoV9)

<RO>
<標準>

文字列

主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

ステータス(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_StatusV9)

<標準>

列挙

主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。


名前説明
N未確定主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。
D確定主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。
T着手済み(非再帰)主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。
S着手済み(再帰)主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。
B完了(非再帰)主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。
C完了(再帰)主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

次分割作業コード(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextDividedOperationV9Code)

<RO>
<標準>

WBS参照

主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

次分割作業(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextDividedOperationV9)

<RO>
<標準>

オブジェクト

主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

次分割作業参照(旧ASPROVAジョブテーブル)
(Work_NextDividedOperationV9_Rev)

<RO>
<標準>

オブジェクト

主に旧ASPROVA互換job.tblとの入出力時に内部で使用します。

 

前工程作業コード
(Work_PrevOperationCode)

<RO>

WBS参照

前工程の作業のコードです。オーダが異なる作業および次オーダによって紐付いた作業も含みます。

 

後工程作業コード
(Work_NextOperationCode)

<RO>

WBS参照

後工程の作業のコードです。オーダが異なる作業および次オーダによって紐付いた作業も含みます。

 

セレクタコード
(Work_CurrSelectorBomCode)

<RO>

WBS参照

この作業が参照しているセレクタのコードです。

 

コード/表示名/別名
(Object_CodeDisplayNameOrAlias)

文字列

ワークスペースの文字列表示設定に応じて、オブジェクトのコード、表示名、または別名に該当します。

 

変更中ユーザコード
(Object_UserDuringChangeCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更中ユーザプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

変更権取得済みユーザコード
(Object_UserDuringCheckOutCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更権取得済みユーザコードをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

オーナコード
(Object_OwnerUserCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

オーナプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 
 
InputInstructionCount
<LONG> データ型
<RO>

 

InputInstructionプロパティの配列の要素数

 
InputInstructionListRecursive
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

InputInstructionを再帰的に検索し、リストを作成します。

 
OutputInstructionCount
<LONG> データ型
<RO>

 

OutputInstructionプロパティの配列の要素数

 
OutputInstructionListRecursive
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

OutputInstructionを再帰的に検索し、リストを作成します。

 
UseInstructionCount
<LONG> データ型
<RO>

 

UseInstructionプロパティの配列の要素数

 
IsOperation
<VARIANT_BOOL> データ型
<RO>

 

作業であるかのチェック。

 
IsSplitOperationRoot
<VARIANT_BOOL> データ型
<RO>

 

分割作業の親であるかのチェック。

 
IsSplitOperation
<VARIANT_BOOL> データ型
<RO>

 

分割作業であるかのチェック。

 
IsTask
<VARIANT_BOOL> データ型
<RO>

 

タスク作業であるかのチェック

 
RightWorkList
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

RightWorkプロパティのリストを取得します

 
LeftWorkList
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

LeftWorkプロパティのリストを取得します

 
CommentCount
<LONG> データ型
<RO>

 

Commentプロパティの配列の要素数

 
ExtensionCount
<LONG> データ型
<RO>

 

Extensionプロパティの配列の要素数

 
GetAsObject
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいオブジェクト型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsObject
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsInteger
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい整数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsExpression
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい式型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTime
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい日時型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTimeSpan
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい時間型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsDouble
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい実数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsBool
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいブール型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsEnum
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい列挙型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsInteger
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsExpression
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTime
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTimeSpan
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsDouble
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsBool
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsEnum
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
PrevOperationCount
<LONG> データ型
<RO>

 

PrevOperationプロパティの配列の要素数

 
NextOperationCount
<LONG> データ型
<RO>

 

NextOperationプロパティの配列の要素数


<RO> : 読み取り専用
<Multi> : 配列型(1から始まります)

<入門> : 入門モードで表示されます
<標準> : 標準モードで表示されます

参照

ASOObjectList


HelpNo.:C15

© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.