資源 クラス


( 資源に関する情報を設定します。 )

<ASBResourceEx> インターフェイス

 

プロパティ一覧

タブ名プロパティ名データ型説明

基本

拠点
(Object_Site)

<入門><標準>
Site
<BSTR> データ型

文字列

このオブジェクトが属する拠点(工場、サプライヤ、顧客、デリバリセンターなど)です。Asprova SCPにて使用します。

 

資源名
(Res_Name)

<入門><標準>
Name
<BSTR> データ型

文字列

資源の名称です。

 

資源グループ
(Res_Group)

<Multi>
<入門><標準>
Group
<ASBResource> データ型

オブジェクト

この資源が属する資源グループです。

 

資源グループメンバ
(Res_GroupContents)

<RO> <Multi>
<標準>
GroupContent
<ASBResource> データ型

オブジェクト

この資源グループに属しているすべての資源です。「資源グループ」プロパティの設定にしたがって再帰的にすべての非グループ資源をリストアップしています。

 

資源区分
(Res_ResClass)

<入門><標準>
ResClass
<TResClass> データ型

列挙

炉資源の設定をする際に使用します。単純資源、多重資源は設定しなくてもよいです。


名前説明
S単純資源単純資源です。
M多重資源多重資源です。
F1炉資源(仕様1)資源の種別を炉資源(仕様1まとめ)にします。
F2炉資源(仕様2)資源の種別を炉資源(仕様2まとめ)にします。
F3炉資源(仕様3)資源の種別を炉資源(仕様3まとめ)にします。
F4炉資源(仕様4)資源の種別を炉資源(仕様4まとめ)にします。
F炉資源(任意仕様)資源の種別を炉資源にします。


詳細
 

資源種別
(Res_Type)

<入門><標準>
Type
<TResourceType> データ型

列挙

資源種別を設定します。炉資源の設定は資源区分にて行ってください。


名前説明
M主資源資源の種別を主資源にします。
S副資源資源の種別を副資源にします。
G外注資源資源の種別を外注資源にします。
Dダミー資源マスタを使って割付けられなかった資源を割付ける資源です。
C顧客受注オーダ/購買オーダを割付ける資源です。
I在庫在庫オーダを割付ける資源です。
SI受注(デフォルト)受注オーダを割付けるデフォルトの資源です。
PI購買(デフォルト)購買オーダを割付けるデフォルトの資源です。
II在庫(デフォルト)在庫オーダを割付けるデフォルトの資源です。
UサプライヤAsprova SCPで使用します。末端の原料品目のサプライヤです。この拠点の品目を登録しなくても、購買オーダが割付くようになります。
T工場製造オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。
P配送購買オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。
E物流センタ購買オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。
OG作業グループ作業グループを割り付ける資源です。この資源が資源グループであっても稼働時間が構築されるようになります。要グループ割付けオプション。

 

資源量制約
(Res_ConstrainResQty)

<入門><標準>
ResQtyConstraintMethod

列挙

資源量の制約の方法を設定します。


名前説明
R制約あり資源量制約をありにします。
N制約なし資源量制約をなしにします。
V資源量に応じて資源量制約を資源量に応じてにします。

 

割付け資源量フラグ
(Res_AssignQtyFlag)

<標準>
AssignQtyFlag
<TAssignQtyFlag> データ型

列挙

割付き資源量を数量に比例させるかどうかを設定します。


名前説明
0通常割付け資源量を使用指図の必要資源量にします。
1製造数量に比例させる割付け資源量を製造数量に比例させます。

 

テンプレート資源
(Res_IsTemplate)

<標準>

列挙

ETO資源を生成するときに使用します。製造BOMテーブルの使用指図の資源を「テンプレート資源」を「はい」に設定すると、その資源からETO資源が生成され、新しく生成された製造BOMの資源にはそのETO資源がセットされます。


名前説明
0いいえ何もしません。
1はいオーダ展開時にETO資源を生成します。資源グループである場合は、「テンプレート資源」が「はい」の資源グループメンバも自動的に生成します。

 

基本資源量
(Res_DefaultResQty)

実数

その資源の基本的な資源量を設定します。設定すると、資源ガントチャート上でのシフトの変更時や、稼働パタン表示時のシフトの貼付け時などのように、カレンダーオブジェクトを生成するときに使用されます。

 

コメント
(Res_Comments)

<Multi>
<入門><標準>
Comment
<BSTR> データ型

文字列

コメントです。

 

コスト種別
(Res_PriceType)

<標準>

列挙

計算に使う費用の種別を設定します。


名前説明
Noneなし資源の費用を計算しません。
Outsource請負単価資源の費用を製造数量と請負単価で計算します。
Hourly時間単価資源の費用を時間単価として計算します。

 

時間単価
(Res_HourlyPrice)

<標準>

実数

資源の一時間当たりの費用です。

 

積載在庫を在庫グラフに描画する
(Res_InventoryInTransit)

<標準>

列挙

Asprova SCPで使用します。「はい」にすると在庫グラフに積載在庫を描画します。資源種別が「配送」であることが必要です。


名前説明
0いいえ在庫グラフに積載在庫を描画しません。Asprova SCPで使用します。
1はい在庫グラフに積載在庫を描画します。資源種別が「配送」であることが必要です。Asprova SCPで使用します。

 

配送単価
(Res_DeliveryUnitPrice)

<標準>

実数

配送資源の単価を設定します。購買BOMのコスト計算やKPIの配送費の計算に使用します。

 

拡張フィールド
(Res_Extension)

<Multi>
<標準>
Extension
<BSTR> データ型

文字列

旧ASPROVAモードまたは旧ASPROVAから変換したノーマルモード時のみ有効です。

仕様

仕様1
(Res_Spec1)

<Multi>
<入門><標準>

オブジェクト

資源で製造可能な仕様1です。


詳細
 

仕様2
(Res_Spec2)

<Multi>
<入門><標準>

オブジェクト

資源で製造可能な仕様2です。

 

仕様3
(Res_Spec3)

<Multi>
<入門><標準>

オブジェクト

資源で製造可能な仕様3です。

 

仕様4
(Res_Spec4)

<Multi>
<入門><標準>

オブジェクト

資源で製造可能な仕様4です。

 

数値仕様1MIN
(Res_NumSpec1Min)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様1の最小値です。

 

数値仕様1MAX
(Res_NumSpec1Max)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様1の最大値です。

 

数値仕様2MIN
(Res_NumSpec2Min)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様2の最小値です。

 

数値仕様2MAX
(Res_NumSpec2Max)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様2の最大値です。

 

数値仕様3MIN
(Res_NumSpec3Min)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様3の最小値です。

 

数値仕様3MAX
(Res_NumSpec3Max)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様3の最大値です。

 

数値仕様4MIN
(Res_NumSpec4Min)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様4の最小値です。

 

数値仕様4MAX
(Res_NumSpec4Max)

<入門><標準>

実数

製造可能な数値仕様4の最大値です。

設定

表示色
(Res_Color)

<入門><標準>
Color
<LONG> データ型

整数

チャート等の表示色を資源で表示するときの色番号です。
-0~32で設定します。0の場合は自動で色を決めます。

 

表示順
(Res_DisplayOrder)

<入門><標準>
DisplayOrder
<double> データ型

実数

ガントチャート等に表示する順序です。

 

ネック指定
(Res_NeckFlag)

<標準>
NeckFlag
<TNeckFlag> データ型

列挙

ネック資源かどうかを設定します。計画パラメタの「作業一時固定」で「ネック資源」を使用した際にこの値が「ネック資源」になっている資源に割りついている作業を一時固定します。


名前説明
0通常この資源はネック資源ではありません。
1ネック資源この資源をネック資源とします。

 

資源無効
(Res_Disabled)

<標準>
Disabled
<VARIANT_BOOL> データ型

列挙

この資源を割付け対象外にするかどうかを設定します。


名前説明
0通常この資源は割付け対象です。
1無効この資源は割付け対象外です。

 

製造中断時間MAX
(Res_ProductionSuspendTimeMax)

<標準>
ProductionSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

作業を休憩などで中断できる時間を設定します。
0を設定すると任意の長さの中断も許されます。負の値を設定すると中断は全く許されません。

 

前段取り中断時間MAX
(Res_SetupSuspendTimeMax)

<標準>
SetupSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

前段取り時間を休憩などで中断できる時間を設定します。
0を設定すると任意の長さの中断も許されます。負の値を設定すると中断は全く許されません。また、負の値にした場合は前段取りタスクと製造タスクが離れないように割付けます。

 

後段取り中断時間MAX
(Res_TeardownSuspendTimeMax)

<標準>
TeardownSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

後段取り時間を休憩などで中断できる時間を設定します。
0を設定すると任意の長さの中断も許されます。負の値を設定すると中断は全く許されません。

 

前段取りと製造の間の中断時間MAX
(Res_ProdAndSetupSuspendTimeMax)

<標準>
ProdAndSetupSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

前段取りと製造タスクを離して割付けてもいい時間を設定します。
0、もしくは負の値を設定すると中断は全く許されません。

 

後段取りと製造の間の中断時間MAX
(Res_ProdAndTeardownSuspendTimeMax)

<標準>
ProdAndTeardownSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

後段取りと製造タスクを離して割付けてもいい時間を設定します。
0、もしくは負の値を設定すると中断は全く許されません。

 

分割作業中断時間MAX
(Res_SplitOperSuspendTimeMax)

<標準>
SplitOperSuspendTimeMax
<LONG> データ型

時間

同じ資源に割り付いた同一オーダの同一工程の分割作業同士の中断できる時間を設定します。
主資源上に段取り時間がある場合は段取り時間との中断時間を評価します。
主資源かつ動的分割(分割条件式、資源テーブルの資源ロットサイズMAX、製造BOMテーブルの作業ロットサイズMAXのいずれかによる作業分割)のときのみで有効です。
0、もしくは負の値を設定すると中断は全く許されません。

 

前資源タイムバッファ
(Res_ResBufferTimeV9Before)

<標準>
ResBufferTimeBefore
<ASVResBufferTime> データ型

資源バッファ時間

資源の使用開始前に設定するバッファ時間を設定します。例:5時間「5H」/ 前資源が「RES-2A」なら150分、前資源が「RES2-B」なら5時間「150$RES-2A;5H$RES-2B」。

 

前資源タイムバッファ式
(Res_ResBufferTimeBeforeExpr)

<Multi>
<標準>

資源の使用開始前に設定するバッファ時間を設定します。時間型、整数型、実数型、日時型、文字列型、資源バッファ時間型のいずれかが返るように記述します。整数型、実数型の場合は分とみなします。文字列型で指定する場合は資源バッファ時間型の書式にします。例:5時間「5h」/ 前資源が「RES-2A」なら150分、前資源が「RES2-B」なら5時間「'150$RES-2A;5H$RES-2B'」。

 

後資源タイムバッファ
(Res_ResBufferTimeV9After)

<標準>
ResBufferTimeAfter
<ASVResBufferTime> データ型

資源バッファ時間

資源の使用終了後に設定するバッファ時間を設定します。例:5時間「5H」/ 後資源が「RES-2A」なら150分、後資源が「RES2-B」なら5時間「150$RES-2A;5H$RES-2B」。

 

後資源タイムバッファ式
(Res_ResBufferTimeAfterExpr)

<Multi>
<標準>

資源の使用開始後に設定するバッファ時間を設定します。時間型、整数型、実数型、日時型、文字列型、資源バッファ時間型のいずれかが返るように記述します。整数型、実数型の場合は分とみなします。文字列型で指定する場合は資源バッファ時間型の書式にします。例:5時間「5h」/ 後資源が「RES-2A」なら150分、後資源が「RES2-B」なら5時間「'150$RES-2A;5H$RES-2B'」。

 

製造効率
(Res_ProductionFactor)

<標準>
ProductionFactor
<double> データ型

実数

資源の製造効率を設定します。
1が100%です。0の場合は1とみなします。


詳細
 

前段取り時間効率
(Res_SetupTimeFactor)

<標準>
SetupTimeFactor
<double> データ型

実数

前段取り時間に掛ける係数を設定します。
1が100%です。0の場合は1とみなします。

 

製造時間丸め単位
(Res_ProductionTimeRoundUnit)

<標準>
ProductionTimeRoundUnit
<ASVTimeExpressionV9> データ型

時間式

製造時間の丸め単位を分で設定します。


詳細
 

製造時刻丸め単位
(Res_StartEndTimeRoundUnit)

<標準>
StartEndTimeRoundUnit
<ASVTimeExpressionV9> データ型

時間式

製造時間帯の開始日時、終了日時の丸め単位を設定します。
フォワードのときは開始日時が丸められ、バックワードのときは終了日時が丸められます。


詳細
 

次資源
(Res_NextResource)

<Multi>
<標準>
NextResource
<ASBResource> データ型

オブジェクト

この資源に割りついている作業の後作業が割りつく資源について設定します。計画パラメタにて、「次資源制約を絶対化する」にチェックがついている場合は、このプロパティに設定されている資源にしか割りつきません。チェックがついていない場合は、計画パラメタの「次資源制約の重み」での評価に使用します。


詳細
 

次資源制約を絶対化する
(Res_NextResourceAbsolute)

<標準>
NextResourceAbsolute

列挙

次資源制約を絶対化するかどうかを設定します。
チェックをつけると次資源制約が絶対化されます。次資源制約を絶対化すると、次資源制約に設定した資源コードで割付きの候補資源が絞り込まれます。次資源制約を絶対化しないと、次資源制約は割付け時の評価項目の1つとして扱われるため、次資源制約に設定していない資源に割付く可能性があります。


名前説明
Noいいえ次資源制約設定を絶対化しません。
Yesはい次資源制約設定を絶対化します。

 

資源ロック時間
(Res_ResLockV9)

<標準>
ResLock
<ASVResLockV9> データ型

資源ロック時間

製造後の資源のロック時間を設定します。
資源ロックオプションを使用した場合に有効です。例:製造時間の40%+親作業が割り付いた資源の30個分の製造時間+500分間ロックする「40%M;30#P;500」


詳細
 

資源ロック-同一資源禁止
(Res_ResLockDisallowSameParentSameRes)

<標準>
ResLockDisallowSameParentSameRes

列挙

親作業に依存するような資源ロックが指定された場合、同一親作業に紐付けされている複数の作業に対して同じ資源での割付を禁止するかどうかの設定です。マスタ使用指図の資源ロック時間プロパティに設定がある場合は、資源クラスのこのプロパティは無視します。


名前説明
Noいいえ親作業に依存するような資源ロックが指定された場合、同一親作業に紐付けされている複数の作業に対して同じ資源での割付を禁止しません。マスタ使用指図の資源ロック時間プロパティに設定がある場合は、資源クラスのこのプロパティは無視します。
Yesはい親作業に依存するような資源ロックが指定された場合、同一親作業に紐付けされている複数の作業に対して同じ資源での割付を禁止します。マスタ使用指図の資源ロック時間プロパティに設定がある場合は、資源クラスのこのプロパティは無視します。

 

確定期間終了日時
(Res_DecisionTermEnd)

<標準>

相対日時

確定期間の終了日時を設定します。


詳細
 

割付有効条件式
(Res_ValidConditionExpr)

<標準>
ValidConditionExpr
<ASVExpression> データ型

作業のプロパティを使って割付け可能かどうかを評価する式を設定します。

 

炉まとめ追加条件式
(Res_FurnaceValidConditionExpr)

<Multi>
<標準>
FurnaceValidConditionExpr
<ASVExpression> データ型

作業のプロパティを使って炉資源で同時加工できるかどうかを判断する式を設定します。MEは作業です。

 

炉まとめ追加条件式(前段取)
(Res_FurnaceValidConditionExprSetup)

<Multi>
<標準>
FurnaceValidConditionExprSetup
<ASVExpression> データ型

作業のプロパティを使って炉資源で前段取が同時に処理できるかどうかを判断する式を設定します。MEは作業です。

 

炉まとめ追加条件式(後段取)
(Res_FurnaceValidConditionExprTeardown)

<Multi>
<標準>
FurnaceValidConditionExprTeardown
<ASVExpression> データ型

作業のプロパティを使って炉資源で後段取が同時に処理できるかどうかを判断する式を設定します。MEは作業です。

 

実績入力フラグ
(Res_ResultsEntryFlag)

<標準>
ResultsEntryFlag
<TResultsEntryFlag> データ型

列挙

実績入力が「必須」の場合、実績が入力されていない指示済み作業は計画開始時刻以降に割付きます。


名前説明
M必須実績情報が入っていない作業が常に計画開始日時以降に割付けられます。
N非必須指示済み作業が過去にになったら他の情報がない限り計画通りだったと見なされます。

 


(Res_Country)

<Multi>
<標準>

列挙

この資源の国を設定します。


名前説明
NotSpecified未指定未指定
isアイスランドアイスランド
irishアイルランドアイルランド
azアゼルバイジャンアゼルバイジャン
afアフガニスタンアフガニスタン
usaアメリカ合衆国アメリカ合衆国
aeアラブ首長国連邦アラブ首長国連邦
dzアルジェリアアルジェリア
arアルゼンチンアルゼンチン
awアルバアルバ
alアルバニアアルバニア
amアルメニアアルメニア
aoアンゴラアンゴラ
adアンドラアンドラ
yeイエメンイエメン
ukイギリスイギリス
jewishイスラエルイスラエル
italianイタリアイタリア
iqイラクイラク
irイラン イスラム共和国イラン イスラム共和国
indianインドインド
indonesianインドネシアインドネシア
ugウガンダウガンダ
ukrainianウクライナウクライナ
uzウズベキスタンウズベキスタン
uyウルグアイウルグアイ
ecエクアドルエクアドル
egエジプトエジプト
eeエストニアエストニア
etエチオピアエチオピア
erエリトリアエリトリア
svエルサルバドルエルサルバドル
omオマーンオマーン
dutchオランダオランダ
australianオーストラリアオーストラリア
austrianオーストリアオーストリア
kzカザフスタンカザフスタン
qaカタールカタール
canadianカナダカナダ
cmカメルーンカメルーン
khカンボジアカンボジア
cvカーボヴェルデカーボヴェルデ
gaガボンガボン
gmガンビアガンビア
ghガーナガーナ
ggガーンジーガーンジー
cyキプロスキプロス
cwキュラソー島キュラソー島
cuキューバキューバ
kgキルギスキルギス
gnギニアギニア
gwギニアビサウギニアビサウ
greekギリシャギリシャ
kwクウェートクウェート
croatianクロアチアクロアチア
gtグアテマラグアテマラ
guグアムグアム
glグリーンランドグリーンランド
geグルジアグルジア
gdグレナダグレナダ
kyケイマン諸島ケイマン諸島
keケニアケニア
crコスタリカコスタリカ
kmコモロコモロ
coコロンビアコロンビア
cgコンゴコンゴ
cdコンゴ民主共和国コンゴ民主共和国
ciコートジボワールコートジボワール
saudiarabianサウジアラビアサウジアラビア
stサントメ・プリンシペサントメ・プリンシペ
smサンマリノサンマリノ
zmザンビアザンビア
slシエラレオネシエラレオネ
syシリア アラブ共和国シリア アラブ共和国
singaporeシンガポールシンガポール
djジブチジブチ
giジブラルタルジブラルタル
jmジャマイカジャマイカ
zwジンバブエジンバブエ
chスイススイス
swedishスウェーデンスウェーデン
spainスペインスペイン
srスリナムスリナム
lkスリランカスリランカ
slovakスロバキアスロバキア
slovenianスロベニアスロベニア
szスワジランドスワジランド
sdスーダンスーダン
snセネガルセネガル
rsセルビアセルビア
shセントヘレナ、アセンションおよびトリスタン ダ クーニャセントヘレナ、アセンションおよびトリスタン ダ クーニャ
scセーシェルセーシェル
soソマリアソマリア
thタイタイ
tzタンザニアタンザニア
czechチェコ共和国チェコ共和国
tdチャドチャド
tnチュニジアチュニジア
clチリチリ
danishデンマークデンマーク
ttトリニダード トバゴトリニダード トバゴ
turkishトルコトルコ
tgトーゴトーゴ
germanドイツドイツ
doドミニカ共和国ドミニカ共和国
ngナイジェリアナイジェリア
naナミビアナミビア
niニカラグアニカラグア
neニジェールニジェール
new_zealandニュージーランドニュージーランド
npネパールネパール
norwegianノルウェーノルウェー
htハイチハイチ
hungarianハンガリーハンガリー
bsバハマバハマ
bmバミューダバミューダ
bbバルバドスバルバドス
bdバングラデシュバングラデシュ
bhバーレーンバーレーン
pkパキスタンパキスタン
paパナマパナマ
pyパラグアイパラグアイ
fjフィジーフィジー
philippinesフィリピンフィリピン
finnishフィンランドフィンランド
foフェロー諸島フェロー諸島
frenchフランスフランス
brazilianブラジルブラジル
bulgarianブルガリアブルガリア
bfブルキナファソブルキナファソ
biブルンジブルンジ
prプエルトリコプエルトリコ
vietnameseベトナムベトナム
bjベナンベナン
veベネズエラベネズエラ
byベラルーシベラルーシ
beベルギーベルギー
peペルーペルー
hnホンジュラスホンジュラス
baボスニア ヘルツェゴビナボスニア ヘルツェゴビナ
bwボツワナボツワナ
boボリビアボリビア
portugueseポルトガルポルトガル
polishポーランドポーランド
ytマイヨット島マイヨット島
moマカオマカオ
mkマケドニアマケドニア
mgマダガスカルマダガスカル
mwマラウイマラウイ
mlマリマリ
mtマルタマルタ
mqマルチニークマルチニーク
malaysiaマレーシアマレーシア
mmミャンマーミャンマー
mexicanメキシコメキシコ
mzモザンビークモザンビーク
mcモナコモナコ
mdモルドバモルドバ
maモロッコモロッコ
mnモンゴルモンゴル
meモンテネグロモンテネグロ
muモーリシャスモーリシャス
joヨルダンヨルダン
latvianラトビアラトビア
lithuanianリトアニアリトアニア
liリヒテンシュタインリヒテンシュタイン
lyリビアリビア
lrリベリアリベリア
luルクセンブルクルクセンブルク
rwルワンダルワンダ
romanianルーマニアルーマニア
lsレソトレソト
lbレバノンレバノン
reレユニオンレユニオン
russianロシア連邦ロシア連邦
china中国中国
cf中央アフリカ共和国中央アフリカ共和国
kp北朝鮮北朝鮮
sa南アフリカ南アフリカ
ss南スーダン南スーダン
taiwan台湾台湾
vaバチカン市国バチカン市国
japanese日本日本
vi米領バージン諸島米領バージン諸島
gq赤道ギニア赤道ギニア
south_korea韓国韓国
hong_kong香港香港

 

資源量に応じるタスクインデックス
(Res_AccordingToResQtyTaskIndex)

<Multi>
<標準>
AccordingToResQtyTaskIndex
<LONG> データ型

整数

資源量制約が資源量に応じてになっているときの伸縮するタスクのタスクマスタインデックスです(1:前段取り、2:製造、3:後段取り)。指定がない場合はデフォルトとして製造タスクのみが伸縮します。

 

製造タスクを後に割り付くタスクに近づける
(Res_PullProdTaskToLaterAssignedTask)

<標準>

列挙

 


名前説明
Yesはい製造タスクを後に割り付くタスクになるべく近づけます。
Noいいえ製造タスクを後に割り付くタスクに近づけません。

 

製造タスク開始可能時間帯
(Res_AllowedStartTimeProdTask)

<標準>
AllowedStartTimeProdTask
<ASVShiftExpression> データ型

シフト

製造タスクが開始できる時間帯をカレンダテーブルのシフトと同じ記述方法で設定します。例:8:00-12:00;13:00-15:00。

 

製造タスク開始可能日
(Res_AllowedStartDayProdTask)

<標準>
AllowedStartDayProdTask
<ASVDateExpression> データ型

日付

製造タスクが開始できる日を設定します。例:月-金、2005/1/15-2005/2/07。

 

他のタスクを跨って割付ける
(Res_AllowTaskOverlap)

<標準>
AllowTaskOverlap
<TAllowTaskOverlap> データ型

列挙

タスクが中断している間に他の作業のタスクを行ってもいいかどうかの設定です。


名前説明
Noいいえタスクが中断している間に他の作業のタスクを割付けません。
Yesはいタスクが中断している間に他の作業のタスクを割付けます。

 

作業の割付順を保つ
(Res_KeepLastAssigmentOrderOnEventObject)

<標準>

列挙

イベントオーダの作業を割付ける時に製造オーダの作業の順番をそのままに保つか、前後依存段取りをそのままに保つかを設定します。


名前説明
Noいいえ作業の入れ替えを行います。
Yesはい作業の入れ替えを行いません。段取り時間は計算し直します。イベントオーダの作業が挿入された場合、製造オーダとイベントオーダの作業の間で段取り時間が計算されます。
Sはい(段取り時間も保つ)作業の入れ替えを行いません。また、直前まで割付いていた時の前段取り時間と後段取り時間をそのまま使用します。これにより、イベントオーダの作業が挿入されても、隣り合う作業の前後依存前段取り、後段取りはそのまま割り付けられます。

 

適用可能シフト
(Res_ApplicableShift)

<Multi>
<標準>
ApplicableShift
<ASBShift> データ型

オブジェクト

このプロパティにシフトを登録すると資源ガントチャートの右クリックポップアップメニューで表示するシフトは、ここに登録されたシフトが登録された順番に表示されます。シフトが登録されていない場合はすべてのシフトが表示されます。このプロパティは資源ガントチャートの右クリックポップアップメニューの表示のみに使われます。適用可能シフトに登録されていないシフトをカレンダテーブルで設定することが可能です。

 

予測オーダ
(Order_CalendarRes_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

この資源を使って購買オーダの生成の仕方を決めている予測オーダのリストです。

分割

資源ロットサイズMIN
(Res_OperationQtyMin)

<標準>
OperationQtyMin
<double> データ型

実数

作業の主産物出力数の最小値を設定します。

 

資源ロットサイズMAX
(Res_OperationQtyMax)

<標準>
OperationQtyMax
<double> データ型

実数

作業の主産物出力数の最大値を設定します。作業の主産物出力数がこの値を上回っている場合は作業が分割されます。

 

資源ロットサイズUNIT
(Res_OperationQtyUnit)

<標準>
OperationQtyUnit
<double> データ型

実数

分割された作業の数量はこの値の倍数になります。

 

分割条件式
(Res_SplitConditionExpr)

<標準>
SplitConditionExpr
<ASVExpression> データ型

仮割付け中に分割する条件を記述します。何時間以上中断したら分割、などの指定が可能です。主資源の分割条件式のみ有効です。

タスク

前段取り
(Res_Task01CapacityExpr)

<標準>

前段取りタスクの能力値を式で設定します。製造BOMテーブルのマスタ使用指図に指定されている場合はそちらを優先します。

 

製造
(Res_Task02CapacityExpr)

<標準>

製造タスクの能力値を式で設定します。製造BOMテーブルのマスタ使用指図に指定されている場合はそちらを優先します。

 

後段取り
(Res_Task03CapacityExpr)

<標準>

後段取りタスクを式で設定します。製造BOMテーブルのマスタ使用指図に指定されている場合はそちらを優先します。

評価

割付き作業数(評価結果)
(Res_NumAssignedOperations)

<RO>
<標準>
NumAssignedOperations
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドよって評価された結果です。

 

品目切り替え回数(評価結果)
(Res_ItemSwitchingFrequency)

<RO>
<標準>
ItemSwitchingFrequency
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドが設定する、品目の切り替え回数です。

 

段取り時間合計(評価結果)
(Res_TotalSetupTime)

<RO>
<標準>
TotalSetupTime
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドが設定した段取り時間の合計値です。

 

時間制約違反作業数(評価結果)
(Res_NumTimeConstraintViolationOperations)

<RO>
<標準>
NumTimeConstraintViolationOperations
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドが設定した時間制約違反をしている作業の数です。

 

資源量制約違反作業数(評価結果)
(Res_NumResQtyViolationOperations)

<RO>
<標準>
NumResQtyViolationOperations
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドが設定した資源量制約違反作業数です。

 

入力品目不足作業数(評価結果)
(Res_NumInputInstNotFullPeggedOperations)

<RO>
<標準>
NumInputInstNotFullPeggedOperations
<LONG> データ型

整数

スケジュール評価コマンドが設定した入力品目不足作業数です。

 

待ち時間合計(評価結果)
(Res_WaitTime_Total)

<RO>
<標準>
WaitTimeTotal
<LONG> データ型

時間

スケジュール評価コマンドが設定した待ち時間の合計値です。

 

待ち時間平均(評価結果)
(Res_WaitTime_Average)

<RO>
<標準>
WaitTimeAverage
<LONG> データ型

時間

スケジュール評価コマンドが設定した待ち時間の平均値です。

 

待ち時間MIN(評価結果)
(Res_WaitTime_Min)

<RO>
<標準>
WaitTimeMin
<LONG> データ型

時間

スケジュール評価コマンドが設定した待ち時間の最小値です。

 

待ち時間MAX(評価結果)
(Res_WaitTime_Max)

<RO>
<標準>
WaitTimeMax
<LONG> データ型

時間

スケジュール評価コマンドが設定した待ち時間の最大値です。

 

負荷率平均(評価結果)
(Res_ResLoadPercentage_Average)

<RO>
<標準>
ResLoadPercentageAverage
<double> データ型

実数

スケジュール評価コマンドが設定した負荷率平の均値値です。

リンク

この資源を次資源に指定している資源
(Res_NextResource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を次資源に指定している資源です。

 

作業使用指図(割付済み)
(Res_AssignedUseInstructionsStartTimeSorted)

<RO> <Multi>
<標準>
AssignedUseInstructionsStartTimeSorted
<ASBUseInstruction> データ型

オブジェクト

この資源に割りついている作業使用指図です。開始日時の昇順でソートされています。

 

付箋
(Res_Label)

<RO> <Multi>
<標準>
Label
<ASBLabel> データ型

オブジェクト

資源に対して追加されている付箋です。

 

このテンプレート資源から生成された資源
(Res_EtoRes)

<RO> <Multi>
<入門><標準>

オブジェクト

このテンプレート資源から生成された資源です。

 

この資源を生成したテンプレート資源
(Res_EtoRes_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を生成したテンプレート資源です。

 

上書きカレンダー
(Res_OCalendar)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を登録している上書きカレンダーオブジェクトです。

 

品目段取り
(ChangeI_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ChangeItemList
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源を使用している品目段取りです。

 

仕様N段取り
(ChangeN_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ChangeSpecList
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源を使用している仕様段取りNです。

 

資源段取り
(ChangeR_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ChangeResourceList
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源を使用している資源段取りです。

 

資源段取り(前資源)
(ChangeR_PrevResource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ChangeResourceListUsingThisAsPrevResource
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源を前資源として使用している資源段取りです。

 

資源段取り(後資源)
(ChangeR_NextResource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ChangeResourceListUsingThisAsNextResource
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源を後資源として使用している資源段取りです。

 

予約作業
(Work_ReservedMainRes_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を主資源として割付け先に予約している作業です。

 

この資源を実績主資源に登録している作業
(Work_ResultMainRes_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を実績主資源に登録している作業です。

 

この資源を次資源に指定しているマスタ使用指図
(UseBomInst_NextResource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を次資源に指定しているマスタ使用指図です。

 

作業使用指図
(Res_UseInstructions)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を参照している作業使用指図です。「作業使用指図(割付済み)」とは異なり、割付いているかどうかは関係ありません。割付け解除されてもこのプロパティは変更されません。

 

受注予定オブジェクト(割付け資源)
(SalesPlan_AssignmentRes_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を割付け資源として設定している受注予定オブジェクトです。

 

受注予定オブジェクト(カレンダー参照資源)
(SalesPlan_CalendarRes_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源をカレンダー参照資源として設定している受注予定オブジェクトです。

 

資源評価オブジェクト
(ResEval_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を参照している資源評価オブジェクトです。

スキル

スキル1
(Res_Skill1)

<標準>
Skill
<LONG> データ型

実数

スキル1の値です。マスタ使用指図の資源有効条件式に使えます。

 

スキル2
(Res_Skill2)

<標準>
Skill
<LONG> データ型

実数

スキル2の値です。マスタ使用指図の資源有効条件式に使えます。

 

スキル3
(Res_Skill3)

<標準>
Skill
<LONG> データ型

実数

スキル3の値です。マスタ使用指図の資源有効条件式に使えます。

 

スキル4
(Res_Skill4)

<標準>
Skill
<LONG> データ型

実数

スキル4の値です。マスタ使用指図の資源有効条件式に使えます。

 

スキル合計値
(Res_SkillTotal)

<RO>
<標準>
SkillTotal
<LONG> データ型

実数

当該資源のすべてのスキルの合計値です。

 

コメント(スキル)
(Res_SkillComments)

<Multi>
<標準>
SkillComments
<BSTR> データ型

文字列

スキルについてのコメント。

権限

変更中ユーザ
(Object_UserDuringChange)

<RO> <Multi>
<標準>
UserDuringChange
<ASUser> データ型

オブジェクト

そのオブジェクトの変更しているユーザが表示されます。そのオブジェクトの変更権を取得しているか、変更権を取得した別のオブジェクトから継承されているかのどちらかです。

 

変更権取得済みユーザ
(Object_UserDuringCheckOut)

<RO> <Multi>
<標準>
UserDuringCheckOut
<ASUser> データ型

オブジェクト

そのオブジェクトの変更権を取得しているユーザです。

 

オーナ
(Object_OwnerUser)

<Multi>
<標準>
OwnerUser
<ASUser> データ型

オブジェクト

このオブジェクトのオーナです。複数のユーザを指定可能です。オーナに指定すると他のユーザはこのオブジェクトの変更権を取得することができません。設定するには計画管理者権限が必要です。

 

共有オブジェクト
(Object_SharedObject)

<標準>
SharedObject
<TSharedObject> データ型

列挙

複数ユーザで同時に変更権を取得できるかどうかを設定します。設定するには計画管理者権限が必要です。


名前説明
0いいえこのオブジェクトは共有オブジェクトではありません。
1はいこのオブジェクトは共有オブジェクトです。

 

変更権の継承
(Object_InheritRightToChange)

<標準>
InheritRightToChange

列挙

オブジェクトの変更権を取得すると、ここで選択したオブジェクトに変更権を継承することができます。継承元と継承先の組み合わせは以下です。資源→作業、オーダ→作業。設定するには計画管理者権限が必要です。


名前説明
0なし他のオブジェクトに変更権を継承しません。
1作業作業に変更権を継承します。
2オーダオーダに変更権を継承します。

共通

コード
(Code)

<入門><標準>

文字列

オブジェクトの内部の名称です。オーダなども含めてユニークである必要はありません。ただしその場合は、インポート/同期化時のマージ処理のために、DBIOのプライマリキーに他のプロパティを追加する必要があります。また、次オーダのようにオーダをコードで指定する場合は動作が不定です。

 

表示名
(DisplayString)

<標準>

文字列

Asprova内部で持っている表示名です。表示名に値が設定されていると、名前の替わりに表示名を表示します。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

別名
(DisplayAlias)

<標準>

文字列

オブジェクトに別名を設定します。別名に値が入っている場合は、名前、表示名の替わりに別名を表示します。
別名で表示させるには、ワークスペースの文字列表示設定でユーザ定義文字列を選択する必要があります(デフォルトでこの設定になっています)。Ver.4より、シングルクォテーション「'」のみ、使用禁止。

 

コメント(共通)
(Comment)

<Multi>
<標準>

文字列

コメントです。このコメントは各クラス共通のものであり、プロジェクトの「オーダから作業にコピーするプロパティ」などで使用可能です。

 

オブジェクトID
(ObjectID)

<RO>
<標準>

正整数

オブジェクトごとに設定されるID番号です。

 

親オブジェクト
(Parent)

<RO>
<標準>

オブジェクト

1つ上位のオブジェクトです。

 

子オブジェクト
(Child)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

1つ下位のオブジェクトです。

 

クラス定義
(Object_ClassDef)

<RO>
<標準>

オブジェクト

このオブジェクトのクラス情報を定義したオブジェクトです。

 

内部変更フラグ
(Object_StatusFlag)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova内で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは変更はありません。
A新規追加このレコードは追加されました。
M変更ありこのレコードは編集されました。
D削除済みこのレコードは削除されました。

 

変更フラグ
(Object_StatusFlagExt)

<RO>
<標準>

列挙

Asprova外で追加されたオブジェクトであるか、変更があったかどうかなどのステータスを表します。


名前説明
 なしこのレコードは外部での変更はありません。
A新規追加このレコードは外部で追加されました。
M編集このレコードは外部で編集されました。
D削除このレコードは外部で削除されました。

 

不正フラグ
(Object_InvalidFlag)

<RO>
<標準>

ブール

不正なオブジェクトかどうかを表します。

 

不正フラグがついた理由
(ReasonToBeInvalidated)

<RO> <Multi>
<標準>

列挙

不正フラグがついた理由です。


名前説明
Nオーダ展開のための有効なマスタがないオーダ展開時に有効なマスタが存在しない。
LBマスタループ(マスタ)ループが検知されたマスタオブジェクト
LNマスタループ(マスタ入力指図)ループが検知されたマスタ入力指図
LIマスタループ(品目)ループが検知された品目
Fオーダ展開失敗前回のオーダ展開でオーダ展開が失敗したオーダ
L製造BOMのループ製造BOMのループが検知された品目で、かつ、自動補充フラグが「いいえ」以外に設定されていた品目
Gグループ構築失敗グループの深さは上限20を超えています
GLグループにループありグループにループが発生しました
D  
R不要実績作業前回のオーダ展開で不要とされたが、実績が入っていたために削除していない作業

 

更新日時
(FlagDate)

<RO>
<標準>

日時

インポート/エクスポート/同期化が実行されたときに更新されます。GUIなどでデータを変更した日時ではありません。

内部

品目(割付資源(MRP用))
(Item_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

割付資源(MRP用)として当該資源を使う品目です。

 

日毎カレンダー
(Res_DailyCalendar)

<RO> <Multi>
<標準>
DailyCalendar
<BSTR> データ型

日毎カレンダー

この資源のシフトのリストです。

 

資源量最大値
(Res_MaxResQty)

<RO>
<標準>
MaxResQty
<double> データ型

実数

資源量時系列中の資源量の最大値です。

 

資源量最小値
(Res_MinResQty)

<RO>
<標準>

実数

資源量時系列中の資源量の0よりも大きい最小値です。

 

時間方向負荷平準化コマンドからの参照
(Command_TimeWiseLoadLeveling_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

時間方向負荷平準化コマンドからの参照です。

 

製造予定表
(ScheduleSummary_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

製造予定表オブジェクトです。

 

工場カレンダ資源オブジェクトへの逆参照(内部使用)
(Project_ProductionCalendarRes_Rev)

<RO>

オブジェクト

内部使用。

 

ディスパッチングルール(最適化オプション)
(OptDispatchingRule_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

内部使用プロパティです。

 

資源時系列
(ResTime_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

内部使用プロパティです。

KPI

前段取り時間
(Res_PeriodSetupTime)

<標準>

実数

指定期間中の前段取り時間です。

 

製造時間
(Res_PeriodProductionTime)

<標準>

実数

指定期間中の製造時間です。

 

後段取り時間
(Res_PeriodTeardownTime)

<標準>

実数

指定期間中の後段取り時間です。

 

稼動時間
(Res_PeriodActiveTime)

<標準>

実数

指定期間中の稼動時間です。

 

負荷(段取りを含む)
(Res_PeriodLoad)

<標準>

実数

指定期間中の負荷、段取りを含めて計算します。

 

負荷(段取りを含まない)
(Res_PeriodLoadWithoutSetups)

<標準>

実数

指定期間中の負荷、段取りを含まないで計算します。

 

請負費
(KPIEvalResult_OutsourcingCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の請負費用の合計です。

 

配送費
(KPIEvalResult_DeliveryCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の配送費の合計です。

 

労務費
(KPIEvalResult_HourlyCosts)

<標準>

実数

指定期間の資源の労務費の合計です。

全プロパティ

資源コード
(Res_Code)

<入門><標準>

WBSキー

資源のコードです。

 

資源グループコード
(Res_GroupCode)

<Multi>

WBS参照

この資源が属する資源グループコードです。

 

資源グループからの参照
(Res_Group_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ResourceListUsingThisAsGroup
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源グループを参照している資源です。

 

この資源がメンバになっているすべての資源グループ
(Res_GroupContents_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>
ResourceGroupListUsingThisAsGroupContent
<ASOObjectList> データ型

オブジェクト

この資源が属しているすべての資源グループです。「資源グループ」プロパティの設定にしたがってすべてのグループ資源をリストアップしています。

 

仕様1コード
(Res_Spec1Code)

<Multi>

WBS参照

資源で製造可能な仕様1コードです。

 

仕様2コード
(Res_Spec2Code)

<Multi>

WBS参照

資源で製造可能な仕様2コードです。

 

仕様3コード
(Res_Spec3Code)

<Multi>

WBS参照

資源で製造可能な仕様3コードです。

 

仕様4コード
(Res_Spec4Code)

<Multi>

WBS参照

資源で製造可能な仕様4コードです。

 

次資源コード
(Res_NextResourceCode)

<Multi>

WBS参照

この資源の次工程の資源を設定します。

 

適用可能シフトコード
(Res_ApplicableShiftCode)

<Multi>

WBS参照

この資源の適用可能シフトを設定します。

 

このテンプレート資源から生成された資源のコード
(Res_EtoResCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

「このテンプレート資源から生成された資源」プロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

この資源を参照しているカレンダー
(Cal_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を参照しているカレンダーです。

 

マスタ使用指図
(UseBomInst_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

この資源を使用しているマスタ使用指図です。

 

購買BOM使用指図
(PurchaseUseBomInst_Resource_Rev)

<RO> <Multi>
<標準>

オブジェクト

 

 

実績
(Result_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

この資源を使用している実績です。

 

プロジェクト(デフォルト受注資源の逆プロパティ)
(Project_DefaultSalesRes_Rev)

<RO>

オブジェクト

内部使用です。

 

プロジェクト(デフォルト購買資源の逆プロパティ)
(Project_DefaultPurchaseRes_Rev)

<RO>

オブジェクト

内部使用です。

 

プロジェクト(デフォルト在庫資源の逆プロパティ)
(Project_DefaultInventoryRes_Rev)

<RO>

オブジェクト

内部使用です。

 

内部使用
(Event_Resource_Rev)

<RO> <Multi>

オブジェクト

内部使用。

 

製造BOMオブジェクト
(IMaster_NextResource_Rev)

オブジェクト

内部使用プロパティです。

 

コード/表示名/別名
(Object_CodeDisplayNameOrAlias)

文字列

ワークスペースの文字列表示設定に応じて、オブジェクトのコード、表示名、または別名に該当します。

 

変更中ユーザコード
(Object_UserDuringChangeCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更中ユーザプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

変更権取得済みユーザコード
(Object_UserDuringCheckOutCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

変更権取得済みユーザコードをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 

オーナコード
(Object_OwnerUserCode)

<RO> <Multi>

WBS参照

オーナプロパティをインポート/エクスポートするときに一時的に使用されるプロパティです。DBIOのフィールドマッピングでマッピングします。

 
 
GroupCount
<LONG> データ型
<RO>

 

Groupプロパティの配列の要素数

 
GroupContentCount
<LONG> データ型
<RO>

 

GroupContentプロパティの配列の要素数

 
NextResourceCount
<LONG> データ型
<RO>

 

NextResourceプロパティの配列の要素数

 
FurnaceValidConditionExprCount
<LONG> データ型
<RO>

 

FurnaceValidConditionExprプロパティの配列の要素数

 
CommentCount
<LONG> データ型
<RO>

 

Commentプロパティの配列の要素数

 
ExtensionCount
<LONG> データ型
<RO>

 

Extensionプロパティの配列の要素数

 
DailyCalendarCount
<LONG> データ型
<RO>

 

DailyCalendarプロパティの配列の要素数

 
ChildAsResource
<ASBResource> データ型
<RO>

 

Indexで指定した子オブジェクトを取得します。
[in:LONG]Index:子オブジェクトの位置

 
AddChildAsResource
<ASBResource> データ型
<Method>

 

newCode名の子オブジェクトを追加します。
[in:BSTR]newCode:新規子オブジェクトの名前

 
GetSpec
<ASBSpec> データ型
<Method>

 

SpecIndex仕様のIndex番目の仕様を取得します。
[in:LONG]SpecIndex:SpecIndexの仕様
[in:LONG]Index:SpecIndex仕様のIndex番目の仕様

 
SetSpec
<VOID> データ型
<Method>

 

SpecIndex仕様のIndex番目に仕様を設定します。
[in:LONG]SpecIndex:SpecIndexの仕様
[in:LONG]Index:SpecIndex仕様のIndex番目の仕様。
[in:ASBSpec]Spec:設定される仕様

 
SpecCount
<LONG> データ型
<RO><Multi>

 

SpecIndex仕様の仕様の数を取得します。
[in:LONG]SpecIndex:SpecIndex番の仕様

 
NumSpecMax
<double> データ型
<Multi>

 

SpecIndex仕様のNumSpecMaxを取得します。
[in:LONG]SpecIndex:SpecIndex番の仕様

 
NumSpecMin
<double> データ型
<Multi>

 

SpecIndex仕様のNumSpecMinを取得します。
[in:LONG]SpecIndex:SpecIndex番の仕様

 
UseInstructionList
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

UseInstrucionListプロパティはこの資源に割りついている作業使用指図のリストを取得します。ソートはされていません。

 
GetUseInstructionListByStartTime
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

GetUseInstructionListByStartTimeはこの資源に割りついている作業使用指図のリストを開始日時順に取得し、リストを作成します。
[in:DATE]From:開始日時を指定。
[in:DATE]To:終了日時を指定。

 
GetUseInstructionListByEndTime
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

GetUseInstructionListByEndTimeはこの資源に割りついている作業使用指図のリストを終了日時順に取得し、リストを作成します。
[in:DATE]From:開始日時を指定。
[in:DATE]To:終了日時を指定。

 
GetUseInstructionListOverlappingPeriod
<ASOObjectList> データ型
<RO>

 

GetUseInstructionListOverlappingPeriodは時間帯を指定して、その時間帯にかかって割りついている作業使用指図のリストを取得し、リストを作成します。
[in:DATE]From:開始日時を指定。
[in:DATE]To:終了日時を指定。

 
UpdateDailyCalendar
<VOID> データ型
<Method>

 

強制的に資源ごとの日毎カレンダ、稼働時間の更新を行ないたいときに使用します。稼働時間の更新は、通常、ASBProject::BroadcastChangesを呼び出せば自動的に行なわれますが、ASBProject::BroadcastChangesの呼び出しを待たずに実行したい場合や、ASBProject::BroadcastChangesが行なわれないプラグインキーKeyHookAfterAssign、KeyHookBeforeAssign内にて稼働時間を更新したい場合に使用してください。
参照:ASBProject::UpdateDailyCalendar

 
GetWorkingTime
<LONG> データ型
<Method>

 

指定された資源のある時間帯の稼働時間の総和を秒単位で返します。
[in:DATE]From:時間帯の開始日時
[in:DATE]To:時間帯の終了日時

 
GetNearestUseInstOfDiffWork_Left
<ASOObjectList> データ型
<Method>

 

指定された資源の時系列上で、指定された日時から過去に見て最初に終了日時が見つかった使用指図のリストを返します。
[in:DATE]time:対象となる日時
[in:ASBOperation]Operation:除外する作業
[in:LONG]flag:全タスクを探索する場合は0、製造タスクのみを探索する場合は1

 
GetNearestUseInstOfDiffWork_Right
<ASOObjectList> データ型
<Method>

 

指定された資源の時系列上で、指定された日時から未来に見て最初に開始日時が見つかった使用指図のリストを返します。
[in:DATE]time:対象となる日時
[in:ASBOperation]Operation:除外する作業
[in:LONG]flag:全タスクを探索する場合は0、製造タスクのみを探索する場合は1

 
GetResourceQtyTime
<double> データ型
<Method>

 

資源の資源量時間を計算して返します。
[in:DATE]start:時間帯の開始日時
[in:DATE]end:時間帯の終了日時

 
GetWorkingDays
<LONG> データ型
<Method>

 

指定された資源のある時間帯の稼働日数を返します。
[in:DATE]start:時間帯の開始日時
[in:DATE]end:時間帯の終了日時
[in:LONG]timeSpan:一日とみなすために必要な最低限の稼動時間

 
ResourceLoad
<double> データ型
<Method>

 

資源から、開始日時から終了日時までの範囲で負荷率を計算して返します。
[in:DATE]start:時間帯の開始日時
[in:DATE]end:時間帯の終了日時

 
ResourceLoadByResourceQtyTime
<double> データ型
<Method>

 

資源から、指定した条件を満たす作業使用指図の資源量時間を計算して返します。
[in:DATE]start:時間帯の開始日時
[in:DATE]end:時間帯の終了日時
[in:ASVExpression]expr:絞り込む条件

 
ResourceLoadIF
<double> データ型
<Method>

 

資源から、開始日時から終了日時までの範囲で指定した条件を満たす作業使用指図の負荷率を計算して返します。
[in:DATE]start:時間帯の開始日時
[in:DATE]end:時間帯の終了日時
[in:ASVExpression]expr:絞り込む条件

 
GetUserDuringCheckOutCount
<LONG> データ型

 

UserDuringCheckOutプロパティの配列の要素数

 
GetUserDuringChangeCount
<LONG> データ型

 

UserDuringChangeプロパティの配列の要素数

 
GetOwnerUserCount
<LONG> データ型

 

OwnerUserプロパティの配列の要素数

 
NeedToCheckRightToChange
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトの変更権をチェックする必要があるかを返します

 
IsThereRightToChange
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトの変更権を持っているかを返します

 
IsOwnedByMe
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

自分がこのオブジェクトのオーナになっているかを返します

 
CanCheckOut
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトの変更権を取得できるかを返します

 
CheckOut
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトの変更権を取得します

 
CheckOutOnlyGroup
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトはグループオブジェクトの時、グループオブジェクトのみの変更権を取得し、グループメンバの変更権は取得しません

 
UndoCheckOut
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトの変更権を解除します

 
UndoCheckOutOtherUser
<VARIANT_BOOL> データ型
<Method>

 

このオブジェクトはグループオブジェクトの時、グループオブジェクトのみの変更権を解除し、グループメンバの変更権は解除しません

 
GetUserListDuringCheckOut
<ASOObjectList> データ型
<Method>

 

変更権取得済みユーザのリストを取得します

 
GetUserListDuringChange
<ASOObjectList> データ型
<Method>

 

変更中ユーザのリストを取得します

 
GetAsObject
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいオブジェクト型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsObject
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のオブジェクト型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsInteger
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい整数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsExpression
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい式型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTime
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい日時型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsTimeSpan
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい時間型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsDouble
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい実数型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsBool
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したいブール型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetAsEnum
<ASOObject> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティを取得します。
[in:TPropertyID]PropertyID:取得したい列挙型のプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsInteger
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の整数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsExpression
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の式型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTime
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の日時型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsTimeSpan
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の時間型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsDouble
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の実数型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsBool
<VOID> データ型
<Method>

 

任意のブール型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
SetAsEnum
<VOID> データ型
<Method>

 

任意の列挙型のプロパティをセットします。
[in:TPropertyID]PropertyID:セットするプロパティのIDを指定します。
[in:LONG]Index:プロパティのIndexを指定します。

 
GetCalendar
<ASBCalendar> データ型
<Method>

 

Dateで指定された日時のカレンダーを取得します。
[in:DATE]Date:カレンダーを取得したい日時。

 
AssignedUseInstructionsStartTimeSortedCount
<LONG> データ型
<RO>

 

AssignedUseInstructionStartTimeSortedプロパティの配列の要素数

 
SkillCommentsCount
<LONG> データ型
<RO>

 

SkillCommentsプロパティの配列の要素数

 
FurnaceValidConditionExprSetupCount
<LONG> データ型
<RO>

 

FurnaceValidConditionExprSetupプロパティの配列の要素数

 
FurnaceValidConditionExprTeardownCount
<LONG> データ型
<RO>

 

FurnaceValidConditionExprTeardownプロパティの配列の要素数

 
AccordingToResQtyTaskIndexCount
<LONG> データ型
<RO>

 

AccordingToResQtyTaskIndexプロパティの配列の要素数

 
ApplicableShiftCount
<LONG> データ型
<RO>

 

ApplicableShiftプロパティの配列の要素数

 
AddLabel
<ASBLabel> データ型
<Method>

 

呼び出し元資源をオーナとする付箋を新規作成して返す。行に対する付箋、位置は引数の日付で指定される。
[in:DATE]Day:日付


<RO> : 読み取り専用
<Multi> : 配列型(1から始まります)

<入門> : 入門モードで表示されます
<標準> : 標準モードで表示されます

参照

ASOObjectList, Calendar, Label, Resource, Spec


HelpNo.:C14

© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.