ASLTimeExpressionInfo クラス


( COMのみで使用されます。重なり時間や進める方向など、処理に必要な情報を入れます。主にASLAssigner::AdvanceTime関数の引数として使います。
インスタンスの生成には、CASRootObject クラスのCreateTimeExpressionInfoメソッドを使ってください。C++のCreateInstance、VBのNew、C#のnew を使用して生成すると、ランタイムエラーが発生することがあります。詳しくはこちらをご覧ください。)

<ASLTimeExpressionInfo> インターフェイス

 

プロパティ一覧

タブ名プロパティ名データ型説明
 
TimeExpressionV9
<ASVTimeExpressionV9> データ型

 

重なり時間

 
PrevOperation
<ASBOperation> データ型

 

前作業

 
NextOperation
<ASBOperation> データ型

 

後作業

 
Direction
<TAssignmentDirection> データ型

 

日時を進める方向


<RO> : 読み取り専用
<Multi> : 配列型(1から始まります)

<入門> : 入門モードで表示されます
<標準> : 標準モードで表示されます

参照

ASBOperationEx, ASVTimeExpressionV9


HelpNo.:C10030

© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.