列挙値定義の詳細


列挙値名説明
Res_AllowTaskOverlap
<TAllowTaskOverlap>

説明
kAllowTaskOverlap_Noタスクが中断している間に他の作業のタスクを割付けません。 
kAllowTaskOverlap_Yesタスクが中断している間に他の作業のタスクを割付けます。 

ASGTimeChartProps_AllowTimeAdjustmentOfBars
<TAllowTimeAdjustmentOfBars>

説明
kAllowTimeAdjustmentOfBars_Noマウスによって使用時間を変更できません。 
kAllowTimeAdjustmentOfBars_Yesマウスによって使用時間を変更できます。 


<TAsprovaModuleType>

説明
kAsprovaModuleType_MS生産スケジューラー(従来のAsprova2003) 
kAsprovaModuleType_APS受注・製造・購買までを一気通貫でスケジュールするAPSシステム 
kAsprovaModuleType_LS長期スケジューラー 
kAsprovaModuleType_MRP所要量計算 
kAsprovaModuleType_MES計画モニター・実績入力端末 
kAsprovaModuleType_BOMマスタ入力端末 
kAsprovaModuleType_KPI役員向け情報端末 
kAsprovaModuleType_NLSネットワークライセンスサーバ 
kAsprovaModuleType_DSデータサーバ 
kAsprovaModuleType_MSL生産スケジューラー(簡易版) 
kAsprovaModuleType_MSLL生産スケジューラー(連携版) 
kAsprovaModuleType_SCP供給連鎖計画 
kAsprovaModuleType_VIEWMESと同等の機能 
kAsprovaModuleType_DHデータホスト 
kAsprovaModuleType_Editorエディタ 
kAsprovaModuleType_MRPL所要量計算(簡易版) 
kAsprovaModuleType_NotSpecified未指定 


<TAsprovaType>

説明
kAsprovaType_Normal正式版:年間保守なし(要プロテクタ) 
kAsprovaType_Demoデモ版(要プロテクタ) 
kAsprovaType_Trialトライアル版(要プロテクタ) 
kAsprovaType_Monitorモニター版(要プロテクタ) 
kAsprovaType_Experience体験版 
kAsprovaType_NotSpecified未指定 

Command_AssignmentDirection
<TAssignmentDirection>

説明
kCmdAssignmentDirectionNotSpecified指定されていません。 
kCmdAssignmentDirectionForward割付け対象のオーダの割付け方向をフォワードにします。 
kCmdAssignmentDirectionBackward割付け対象のオーダの割付け方向をバックワードにします。 
kCmdAssignmentDirectionNormal割付け対象のオーダの割付け方向をオーダの「優先度」と「割付け方向」プロパティから決めます。 
kCmdAssignmentDirectionForceForward紐付いた作業の実績(日時固定レベル)に関係なく、割付け方向を強制フォワードにします。 
kCmdAssignmentDirectionForceBackward紐付いた作業の実績(日時固定レベル)に関係なく、割付け方向を強制バックワードにします。 

Project_AssignmentMessageLevel
<TAssignmentMessageLevel>

説明
kAssignmentMessageLevel_ErrorOnly割付が失敗した場合のみメッセージを出力します。 
kAssignmentMessageLevel_Brief割付ける作業のコードを出し、割付が失敗した場合エラーメッセージを出力します。 
kAssignmentMessageLevel_Detailed割付け候補ごとの仮割付結果(評価値、割付いた日時、使用したマスタ使用指図など)を出力します。 

Command_AssignmentType
<TAssignmentType>

説明
kAssignmentTypeFinite有限能力で割付けます。 
kAssignmentTypeInfinite無限能力で割付けます。 

GroupType_AssignMethod
<TAssignMethod>

説明
kAssignMethodNoグループ化しません。 
kAssignMethodSimultaneousStartグループ化された作業を1つの資源上で製造が同時に開始するように割り付けます。 
kAssignMethodSimultaneousStartOnDifferentResourcesグループ化された作業を複数の別々の資源上で製造が同時に開始するように割り付けます。 

Res_AssignQtyFlag
<TAssignQtyFlag>

説明
kAssignQtyFlagNormal割付け資源量を使用指図の必要資源量にします。 
kAssignQtyFlagProportionateToProdQty割付け資源量を製造数量に比例させます。 

Command_AssignSplitOperTogether
<TAssignSplitOperationTogether>

説明
kAssignSplitOperationTogether_NotSpecified 
kAssignSplitOperationTogether_Yes日時固定された分割作業と同じ時間帯になるべく他の分割作業を割付けます。 
kAssignSplitOperationTogether_No日時固定された分割作業と同じ時間帯になるべく他の分割作業を割付けません。 

Command_GenerateScheduleSummary_PurchaseQtyCalcType
<TASSummaryCalculationMethod>

説明
kASSummaryCalculationMethod_NotSpecified 
kASSummaryCalculationMethod_Start開始日時で数量を計上します。 
kASSummaryCalculationMethod_End終了日時で数量を計上します。 
kASSummaryCalculationMethod_Proportional案分して数量を計上します。 

Command_GenerateScheduleSummary_PurchasePeriodEnum
<TASSummaryPeriod>

説明
kASSummaryPeriod_NotSpecified 
kASSummaryPeriod_1Month1ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_2Month2ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_3Month3ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_4Month4ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_5Month5ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_6Month6ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_7Month7ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_8Month8ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_9Month9ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_10Month10ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_11Month11ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_12Month12ヶ月です。 
kASSummaryPeriod_Expression期間式で期間を設定します。 


<TAuthType>

説明
kAuthenticationType_AsprovaNLSAsprova NLS/DS 
kAuthenticationType_ActiveDirectoryActive Directory 
kAuthenticationType_ActiveDirectory_WindowsLoginUserActive Directory (Single Sign On) 

Project_AutoCalcTheoreticalInventory
<TAutoCalcTheoreticalInventory>

説明
kAutoCalcTheoreticalInventoryNoリスケジュール後に理論在庫量の自動更新をしません。 
kAutoCalcTheoreticalInventoryYesリスケジュール後に理論在庫量の自動更新をします。 

Item_AutoGenerateFlag
<TAutoGenerateFlag>

説明
kAutoGenerateFlagNo補充オーダで補いません。 
kAutoGenerateFlagYes補充オーダで補います。 
kAutoGenerateFlagYesForOneToOne1対1の補充オーダで補います(在庫とは紐付けません)。(Ver.3制限機能) 
kAutoGenerateFlagYesForInventoryAndOneToOne在庫で紐付けたあと、1対1の補充オーダで補います。(Ver.3制限機能) 
kAutoGenerateFlagYesForAdjustingOneToOne在庫や余ったオーダを優先して引き当てたあとに必要な補充オーダを1対1で生成するだけでなく、実績数量やオーダ数量の変化によって生じた不足分を補う補充オーダを生成して紐付けます。詳しくはヘルプ「1対1生産」(HelpNo.:776050)をご覧ください。(Ver.4制限機能) 

Command_GenerateMasterInstructions
<TAutoGenerateMasterInstruction>

説明
kAutoGenerateMasterInstruction_NotSpecified 
kAutoGenerateMasterInstruction_Inputマスタ入力指図のみを生成します。 
kAutoGenerateMasterInstruction_InputOutputマスタ入力指図と中間品のマスタ出力指図を生成します。 

PropertyDef_BackColorMethod
<TBackColorMethod>

説明
kBackColorMethod_Internal背景色を内部で決めます。 
kBackColorMethod_External背景色を背景色式によって決めます。 

ASGTimeChartProps_BarColorAfterJump
<TBarColorAfterJump>

説明
kBarColorAfterJump_Emphasizeジャンプするときに選択されていたオブジェクトを強調表示します。選択されていたオブジェクトが複数の場合はオブジェクトIDがもっとも小さいオブジェクトのみが強調表示されます。(Ver.13制限機能) 
kBarColorAfterJump_StyleBarColorスタイルの「バー表示色」の設定に従います。 


<TBarColorMethod>

説明
kBarColorMethod_Order使用指図のセルの表示色をオーダの表示色にします。 
kBarColorMethod_Item使用指図のセルの表示色を品目の表示色にします。 
kBarColorMethod_Resource使用指図のセルの表示色を資源の表示色にします。 
kBarColorMethod_Spec1バーの表示色を仕様1の表示色にします。 
kBarColorMethod_Spec2バーの表示色を仕様2の表示色にします。 
kBarColorMethod_Spec3バーの表示色を仕様3の表示色にします。 
kBarColorMethod_Spec4バーの表示色を仕様4の表示色にします。 
kBarColorMethod_Bom未使用 
kBarColorMethod_Customer使用指図のセルの表示色を顧客の表示色にします。 
kBarColorMethod_Emphasized未使用 
kBarColorMethod_Expression未使用 
kBarColorMethod_FinalItemバーの表示色をオーダの品目の表示色にします。 

Project_BomLoop
<TBomLoop>

説明
kBomLoop_DontDoPeggingローレベルコードを計算するときに製造BOMのループを検知したら、ローレベルコードは付与せず、その品目の紐付けと自動補充は行ないません。 
kBomLoop_DoPegging_NoWarningsローレベルコードを計算するときに製造BOMのループを検知しても、警告メッセージを出さずにローレベルコードを強制的に算出し、その品目の紐付けと自動補充を行ないます。ただし、出力指図と入力指図を紐付けるときに作業がループするかどうかはチェックし、ループするような場合は紐付けません。ローレベルコードを強制的に算出した場合、自動補充フラグが設定されていても自動補充は行なわれません。そもそも自動補充生産機能を使用しない場合や紐付けに関しては自己管理したい場合はこの設定にしてください。 
kBomLoop_DoPegging_ShowWarningsローレベルコードを計算するときに製造BOMのループを検知しても、警告メッセージを出しながらローレベルコードは強制的に算出し、その品目の紐付けと自動補充を行ないます。ただし、出力指図と入力指図を紐付けるときに作業がループするかどうかはチェックし、ループするような場合は紐付けません。ローレベルコードを強制的に算出した場合、自動補充フラグが設定されていても自動補充は行なわれません。このような事態になる恐れがあり、警告を受け取りたい場合はこの設定にしてください。 

Command_Broadcast
<TBroadcast>

説明
kBroadcast_No何もしません。 
kBroadcast_YesBroadcastを強制的に実行します。 

Project_Calc1to1PeggedOrderQty
<TCalc1to1PeggedOrderQty>

説明
kCalc1to1PeggedOrderQty_No数量計算するとき、自分のオーダの中からだけ、数量固定レベルが最大のオブジェクトを見つけて、それを基準に数量を計算します。 
kCalc1to1PeggedOrderQty_Yes数量計算するとき、自動補充フラグが「はい(1対1生産)」または「はい(在庫+1対1生産)」で補充された子オーダの作業や指図などからも数量固定レベルが最大のオブジェクトを見つけて、それを基準に数量を計算します。また、登録オーダだけでなく「はい(需給調整1対1生産)」の自動補充オーダにおいても、自動補充フラグが「はい(1対1生産)」または「はい(在庫+1対1生産)」の小オーダの作業もチェックするようになります。 

Project_CalendarEditMethod
<TCalendarEditMethod>

説明
kCalendarEditMethod_Newer常に最新の編集が優先されるように、カレンダーテーブル内で最大になる並び順が自動的にセットされます。 
kCalendarEditMethod_Range計画設定のカレンダータブにある「カレンダーのデフォルト並び順(全日)」~「カレンダーのデフォルト並び順(資源)」のプロパティを使って、並び順を決めます。選択した範囲によって並び順が変わり、デフォルトの設定では選択した範囲が期間が短いか、資源が少ないほど高い並び順が設定されるようになっています。Ver.13.1.0.0未満の仕様です。 

Project_ChangeRSelection
<TChangeRSelection>

説明
kChangeRSelection_OrderOfAppearanc使用指図の兄弟番号の若い順に見ていって、最初に見つかった資源段取り時間オブジェクトが採用されます。旧仕様。 
kChangeRSelection_SortOrder資源段取り時間オブジェクトの「並び順」が大きい方が採用されます。新仕様。 


<TCharSet>

説明
kCharSet_ANSI_CHARSET欧文 
kCharSet_DEFAULT_CHARSETデフォルト 
kCharSet_SYMBOL_CHARSETシンボル 
kCharSet_MAC_CHARSETMacintosh 
kCharSet_SHIFTJIS_CHARSET日本語 
kCharSet_HANGUL_CHARSETハングル 
kCharSet_JOHAB_CHARSETハングル(Johab) 
kCharSet_GB2312_CHARSETCHINESE_GB2312 
kCharSet_CHINESEBIG5_CHARSETCHINESE_BIG5 
kCharSet_GREEK_CHARSETギリシャ語 
kCharSet_TURKISH_CHARSETトルコ語 
kCharSet_VIETNAMESE_CHARSETベトナム語 
kCharSet_HEBREW_CHARSETヘブライ語 
kCharSet_ARABIC_CHARSETアラビア語 
kCharSet_BALTIC_CHARSETバルト言語 
kCharSet_RUSSIAN_CHARSETギリル言語 
kCharSet_THAI_CHARSETタイ語 
kCharSet_EASTEUROPE_CHARSET中央ヨーロッパ言語 
kCharSet_OEM_CHARSET 


<TChartFileFormat>

説明
kChartFileFormat_Spreadsheetスプレッドシート形式 
kChartFileFormat_RDBRDB形式 


<TClassID>

使用可能なクラスの列挙値です。
ClearTableBeforeSave
<TClearTableBeforeSave>

説明
kClearTableBeforeSave_NoShowConfirmationテーブルをエクスポートする前に、外部テーブルをクリアしません。「エクスポートする」が「はい(すべて)」の時に、確認ダイアログが出ます。 
kClearTableBeforeSave_YesShowConfirmationテーブルをエクスポートする前に、外部テーブルをクリアします。「エクスポートする」が「はい(差分)」の時に、確認ダイアログが出ます。 
kClearTableBeforeSave_Noテーブルをエクスポートする前に、外部テーブルをクリアしません。 
kClearTableBeforeSave_Yesテーブルをエクスポートする前に、外部テーブルをクリアします。 


<TCLoadGraphRDBOutputFormat>

説明
kCLoadGraphRDBOutputFormat_NotSpecified未指定 
kCLoadGraphRDBOutputFormat_Ratio負荷率を出力します。 
kCLoadGraphRDBOutputFormat_LoadTimeAndTotalTime負荷時間と稼働時間を24時間で割った値で出力します。 


<TCmdClassID>

使用可能なコマンドクラスの列挙値です。
ASGTableViewProps_ColResizeMethod
<TColResizeMethod>

説明
kColResizeMethodIndividual列の幅の変更を列ごとに行います。 
kColResizeMethodAll列の幅の変更を一括で行います。 


<TConnectionLine>

説明
kConnectionLine_ShowLinesForNoObjectsなし 
kConnectionLine_ShowLinesForCurrentlyPointedObjectマウスで指しているオブジェクト 
kConnectionLine_ShowLinesForLastSelectedObject最後選択したオブジェクト 
kConnectionLine_ShowLinesForSelectedObjects複数選択したオブジェクト 
kConnectionLine_ShowLinesForAllObjects全てのオブジェクト 

ASGTimeChartProps_ConnectionLineStyle
<TConnectionLineStyle>

説明
kConnectionLineStyle_DiagonalReversed接続線を斜めな線で描画します。色を反転させることによって描画するため描画は高速ですが、時間制約違反などの状態を線の見かけから判定できません。 
kConnectionLine_Style3D接続線を立体感のある横と縦の線で描画します。線の色分けで時間制約違反などの状態を表します。 


<TCountry>

説明
kASCountry_NotSpecified初期値 
kASCountry_isアイスランド 
kASCountry_irishアイルランド 
kASCountry_azアゼルバイジャン 
kASCountry_afアフガニスタン 
kASCountry_usaアメリカ合衆国 
kASCountry_aeアラブ首長国連邦 
kASCountry_dzアルジェリア 
kASCountry_arアルゼンチン 
kASCountry_awアルバ 
kASCountry_alアルバニア 
kASCountry_amアルメニア 
kASCountry_aoアンゴラ 
kASCountry_adアンドラ 
kASCountry_yeイエメン 
kASCountry_ukイギリス 
kASCountry_jewishイスラエル 
kASCountry_italianイタリア 
kASCountry_iqイラク 
kASCountry_irイラン イスラム共和国 
kASCountry_indianインド 
kASCountry_indonesianインドネシア 
kASCountry_ugウガンダ 
kASCountry_ukrainianウクライナ 
kASCountry_uzウズベキスタン 
kASCountry_uyウルグアイ 
kASCountry_ecエクアドル 
kASCountry_egエジプト 
kASCountry_eeエストニア 
kASCountry_etエチオピア 
kASCountry_erエリトリア 
kASCountry_svエルサルバドル 
kASCountry_omオマーン 
kASCountry_dutchオランダ 
kASCountry_australianオーストラリア 
kASCountry_austrianオーストリア 
kASCountry_kzカザフスタン 
kASCountry_qaカタール 
kASCountry_canadianカナダ 
kASCountry_cmカメルーン 
kASCountry_khカンボジア 
kASCountry_cvカーボヴェルデ 
kASCountry_gaガボン 
kASCountry_gmガンビア 
kASCountry_ghガーナ 
kASCountry_ggガーンジー 
kASCountry_cyキプロス 
kASCountry_cwキュラソー島 
kASCountry_cuキューバ 
kASCountry_kgキルギス 
kASCountry_gnギニア 
kASCountry_gwギニアビサウ 
kASCountry_greekギリシャ 
kASCountry_kwクウェート 
kASCountry_croatianクロアチア 
kASCountry_gtグアテマラ 
kASCountry_guグアム 
kASCountry_glグリーンランド 
kASCountry_geグルジア 
kASCountry_gdグレナダ 
kASCountry_kyケイマン諸島 
kASCountry_keケニア 
kASCountry_crコスタリカ 
kASCountry_kmコモロ 
kASCountry_coコロンビア 
kASCountry_cgコンゴ 
kASCountry_cdコンゴ民主共和国 
kASCountry_ciコートジボワール 
kASCountry_saudiarabianサウジアラビア 
kASCountry_stサントメ・プリンシペ 
kASCountry_smサンマリノ 
kASCountry_zmザンビア 
kASCountry_slシエラレオネ 
kASCountry_syシリア アラブ共和国 
kASCountry_singaporeシンガポール 
kASCountry_djジブチ 
kASCountry_giジブラルタル 
kASCountry_jmジャマイカ 
kASCountry_zwジンバブエ 
kASCountry_chスイス 
kASCountry_swedishスウェーデン 
kASCountry_spainスペイン 
kASCountry_srスリナム 
kASCountry_lkスリランカ 
kASCountry_slovakスロバキア 
kASCountry_slovenianスロベニア 
kASCountry_szスワジランド 
kASCountry_sdスーダン 
kASCountry_snセネガル 
kASCountry_rsセルビア 
kASCountry_shセントヘレナ、アセンションおよびトリスタン ダ クーニャ 
kASCountry_scセーシェル 
kASCountry_soソマリア 
kASCountry_thタイ 
kASCountry_tzタンザニア 
kASCountry_czechチェコ共和国 
kASCountry_tdチャド 
kASCountry_tnチュニジア 
kASCountry_clチリ 
kASCountry_danishデンマーク 
kASCountry_ttトリニダード トバゴ 
kASCountry_turkishトルコ 
kASCountry_tgトーゴ 
kASCountry_germanドイツ 
kASCountry_doドミニカ共和国 
kASCountry_ngナイジェリア 
kASCountry_naナミビア 
kASCountry_niニカラグア 
kASCountry_neニジェール 
kASCountry_new_zealandニュージーランド 
kASCountry_npネパール 
kASCountry_norwegianノルウェー 
kASCountry_htハイチ 
kASCountry_hungarianハンガリー 
kASCountry_bsバハマ 
kASCountry_bmバミューダ 
kASCountry_bbバルバドス 
kASCountry_bdバングラデシュ 
kASCountry_bhバーレーン 
kASCountry_pkパキスタン 
kASCountry_paパナマ 
kASCountry_pyパラグアイ 
kASCountry_fjフィジー 
kASCountry_philippinesフィリピン 
kASCountry_finnishフィンランド 
kASCountry_foフェロー諸島 
kASCountry_frenchフランス 
kASCountry_brazilianブラジル 
kASCountry_bulgarianブルガリア 
kASCountry_bfブルキナファソ 
kASCountry_biブルンジ 
kASCountry_prプエルトリコ 
kASCountry_vietnameseベトナム 
kASCountry_bjベナン 
kASCountry_veベネズエラ 
kASCountry_byベラルーシ 
kASCountry_beベルギー 
kASCountry_peペルー 
kASCountry_hnホンジュラス 
kASCountry_baボスニア ヘルツェゴビナ 
kASCountry_bwボツワナ 
kASCountry_boボリビア 
kASCountry_portugueseポルトガル 
kASCountry_polishポーランド 
kASCountry_ytマイヨット島 
kASCountry_moマカオ 
kASCountry_mkマケドニア 
kASCountry_mgマダガスカル 
kASCountry_mwマラウイ 
kASCountry_mlマリ 
kASCountry_mtマルタ 
kASCountry_mqマルチニーク 
kASCountry_malaysiaマレーシア 
kASCountry_mmミャンマー 
kASCountry_mexicanメキシコ 
kASCountry_mzモザンビーク 
kASCountry_mcモナコ 
kASCountry_mdモルドバ 
kASCountry_maモロッコ 
kASCountry_mnモンゴル 
kASCountry_meモンテネグロ 
kASCountry_muモーリシャス 
kASCountry_joヨルダン 
kASCountry_latvianラトビア 
kASCountry_lithuanianリトアニア 
kASCountry_liリヒテンシュタイン 
kASCountry_lyリビア 
kASCountry_lrリベリア 
kASCountry_luルクセンブルク 
kASCountry_rwルワンダ 
kASCountry_romanianルーマニア 
kASCountry_lsレソト 
kASCountry_lbレバノン 
kASCountry_reレユニオン 
kASCountry_russianロシア連邦 
kASCountry_china中国 
kASCountry_cf中央アフリカ共和国 
kASCountry_kp北朝鮮 
kASCountry_sa南アフリカ 
kASCountry_ss南スーダン 
kASCountry_taiwan台湾 
kASCountry_vaバチカン市国 
kASCountry_japanese日本 
kASCountry_vi米領バージン諸島 
kASCountry_gq赤道ギニア 
kASCountry_south_korea韓国 
kASCountry_hong_kong香港 

SalesPlan_Disabled
<TDailySalesPlanDisabled>

説明
kDailySalesPlanDisabledNo有効です。 
kDailySalesPlanDisabledYes無効です。 

SalesPlan_Type
<TDailySalesPlanType>

説明
kDailySalesPlanTypeForecast予測です。受注予定レベルは 10 です。 
kDailySalesPlanTypeSalesPlan販売計画です。受注予定レベルは 20 です。 
kDailySalesPlanTypeUnofficial内示です。受注予定レベルは 30 です。 
kDailySalesPlanTypeFirm確定です。受注予定レベルは 40 です。 
kDailySalesPlanTypeResult実績です。受注オーダの作業に実績が設定されます。受注予定レベルは 50 です。 
kDailySalesPlanTypeProduct1日の製造数量を表示します。 
kDailySalesPlanTypeBacklog引き当て残です。前日までの残 - 受注予定数量(予測/販売計画/内示/確定/実績のうち、値が指定されているもっとも受注予定レベルの高い値オブジェクトの数量) + 製造 

DataSource
<TDataSource>

説明
kDataSourceTextFile外部データソースをテキストファイルにします。 
kDataSourceOLEDB外部データソースをOLE DBにします。 
kDataSourceTextFileUnicode外部データソースをユニコード形式のテキストファイルにします。 


<TDateExprDateType>

説明
kDENone未指定 
kDEDate一日指定 
kDEDates日時間指定 
kDEDayOfWeek曜日指定 
kDEDaysOfWeek曜日間指定 
kDEEveryDay全日時指定 


<TDateExprDayOfWeek>

説明
kDESun日曜 
kDEMon月曜 
kDETue火曜 
kDEWed水曜 
kDEThu木曜 
kDEFri金曜 
kDESat土曜 

DateFormat
<TDateFormat>

説明
kDateFormatYMDテキストファイルの日付フォーマットを年月日にします。 
kDateFormatMDYテキストファイルの日付フォーマットを月日年にします。 
kDateFormatDMYテキストファイルの日付フォーマットを日月年にします。 

Project_DayDemarcationTimeIsAppliedInInternalFunctions
<TDayDemarcationTimeIsAppliedInInternalFunctions>

説明
kDayDemarcationTimeIsAppliedInInternalFunctions_No内部関数は一日の区切り時刻を考慮せず、日時を計算します。該当する内部関数はStartOfNextDay, StartOfNextWeek, StartOfNextMonth, EndOfNextDay, EndOfNextWeek, EndOfNextMonthです。例えば、一日の区切り時刻が「20:00:00」の場合は、StartOfNextDay(#2011/08/13 18:00:00#,0)から返される日時は#2011/08/13 20:00:00#になります。旧仕様。 
kDayDemarcationTimeIsAppliedInInternalFunctions_Yes内部関数は一日の区切り時刻に基づいて計算します。該当する内部関数はStartOfNextDay, StartOfNextWeek, StartOfNextMonth, EndOfNextDay, EndOfNextWeek, EndOfNextMonthです。例えば、一日の区切り時刻が「20:00:00」の場合は、StartOfNextDay(#2011/08/13 18:00:00#,0)から返される日時は#2011/08/12 20:00:00#になります。新仕様。 

DBIO_ExportDeletedObjects
<TDBIOExportDeletedObjects>

説明
kDBIOExportDeletedObjects_No削除したオブジェクトをレコードとしてエクスポートしません。 
kDBIOExportDeletedObjects_YesPrimaryKey[テキストファイル]削除したオブジェクトを変更フラグ「削除」としてエクスポートします。プライマリキーとオブジェクトIDと更新日時以外は空です。[OLE DB]プライマリキーによりレコードを検索し、変更フラグを「削除」にします。 
kDBIOExportDeletedObjects_YesPrimaryKey_DeleteRecords[OLE DB 専用]プライマリキーによりマッチするレコードを検索し、テーブルから削除します。 
kDBIOExportDeletedObjects_Yes_ObjectID[テキストファイル・OLE DB]削除されたオブジェクトのオブジェクトIDと変更フラグ「削除」をエクスポートします。 

DBIO_Synchronize
<TDBIOSynchroize>

説明
kDBIOSynchroize_No外部データソースと同期を取りません。 
kDBIOSynchroize_Yes外部データソースと同期を取ります。 

Command_DeleteObject_TableID
<TDeleteObjectTableID>

説明
kDeleteObjectTableID_Shift 
kDeleteObjectTableID_Customer 
kDeleteObjectTableID_Process 
kDeleteObjectTableID_Spec1 
kDeleteObjectTableID_Spec2 
kDeleteObjectTableID_Spec3 
kDeleteObjectTableID_Spec4 
kDeleteObjectTableID_Item 
kDeleteObjectTableID_Resource 
kDeleteObjectTableID_Calendar 
kDeleteObjectTableID_ChangeN1 
kDeleteObjectTableID_ChangeN2 
kDeleteObjectTableID_ChangeN3 
kDeleteObjectTableID_ChangeN4 
kDeleteObjectTableID_ChangeI 
kDeleteObjectTableID_ChangeR 
kDeleteObjectTableID_ItemTime 
kDeleteObjectTableID_Order 
kDeleteObjectTableID_ResTime 
kDeleteObjectTableID_Work 
kDeleteObjectTableID_InputInstructionMaster 
kDeleteObjectTableID_OututInstructionMaster 
kDeleteObjectTableID_UseInstructionMaster 
kDeleteObjectTableID_Message 
kDeleteObjectTableID_InputWorkInstruction 
kDeleteObjectTableID_OutputWorkInstruction 
kDeleteObjectTableID_Peg 
kDeleteObjectTableID_SchedEvalResult 
kDeleteObjectTableID_EventCounter 
kDeleteObjectTableID_PurchaseScheduleSummary 
kDeleteObjectTableID_ManufacturingScheduleSummary 
kDeleteObjectTableID_KPIEvalResult 
kDeleteObjectTableID_AggregateSalesPlan 
kDeleteObjectTableID_DailySalesPlan 
kDeleteObjectTableID_Event 
kDeleteObjectTableID_Holiday 
kDeleteObjectTableID_Label 
kDeleteObjectTableID_OCalendar 

Command_DispatchRuleAbsolute
<TDispatchRuleAbsolute>

説明
kDispatchRuleAbsoluteNo作業をその最早開始日時から割付けます。 
kDispatchRuleAbsoluteYes各資源上の割付位置を絶対的にディスパッチングルール通りにします。 

ASGWorkspace_DisplayLanguage
<TDisplayLanguage>

説明
kDisplayLanguage_cht 
kDisplayLanguage_ces 
kDisplayLanguage_deu 
kDisplayLanguage_enu 
kDisplayLanguage_esp 
kDisplayLanguage_fin 
kDisplayLanguage_fra 
kDisplayLanguage_hun 
kDisplayLanguage_jpn 
kDisplayLanguage_kor 
kDisplayLanguage_pol 
kDisplayLanguage_rus 
kDisplayLanguage_tha 
kDisplayLanguage_tur 
kDisplayLanguage_chs 
kDisplayLanguage_ptg 

Command_DisplayToComboBox
<TDisplayToComboBox>

説明
kDisplayToComboBoxNo計画パラメタコンボボックスに表示しません。 
kDisplayToComboBoxYes計画パラメタコンボボックスに表示します。 

Command_DoOperationSplit
<TDoOperationSplit>

説明
kDoOperationSplit_Yes作業分割処理を行います。 
kDoOperationSplit_StaticOnlyオーダ展開時の分割処理だけを行います。 
kDoOperationSplit_No作業分割処理を行いません。また、割付け解除のときに動的分割によって分割された分割作業をそのままにして割付け解除します。 
kDoOperationSplit_NotSpecified 

PropertyDef_DoSerialize
<TDoSerialize>

説明
kDoSerialize_Noシリアライズしません。 
kDoSerialize_Yesシリアライズします。 


<TDownloadMethod>

説明
kDownloadMethod_LockDS上でロックする 
kDownloadMethod_DoNotLockDS上でロックしない 
kDownloadMethod_Offlineオフラインで使用する 

ASGWorkspace_DownloadNationalHoliday
<TDownloadNationalHoliday>

説明
kDownloadNationalHoliday_Noダウンロードしません。 
kDownloadNationalHoliday_Yesダウンロードします。 

Project_DummyResSetLocalStringToDisplayString
<TDummyResSetLocalStringToDisplayString>

説明
kDummyResSetLocalStringToDisplayString_No「コード」ローカル言語の名前がセットされ、「表示名」は空です。Ver.12.0.2.80以前のAsprovaの仕様に相当します。 
kDummyResSetLocalStringToDisplayString_Yes「コード」に「Dummy Resource」がセットされ、「表示名」にローカル言語の名前がセットされます。Ver.12.0.2.81以降の仕様が「はい」に相当します。 

UseBomInst_Unit
<TDurationUnit>

説明
kDurationUnitUnspecified指定されていません。 
kDurationUnitH製造数量に関係なく時間がかかります。単位は時間です。 
kDurationUnitM製造数量に関係なく時間がかかります。単位は分です。 
kDurationUnitS製造数量に関係なく時間がかかります。単位は秒です。 
kDurationUnitPH1時間当たりに製造できる個数です。 
kDurationUnitPM1分当たりに製造できる個数です。 
kDurationUnitPS1秒当たりに製造できる個数です。 
kDurationUnitHP1個当たりの製造時間です。単位は時間です。 
kDurationUnitMP1個当たりの製造時間です。単位は分です。 
kDurationUnitSP1個当たりの製造時間です。単位は秒です。 

ASGTimeChartProps_EliminateBarTextOverlap
<TEliminateBarTextOverlap>

説明
kEliminateBarTextOverlap_No使用指図バーの文字列の重なりを許します。 
kEliminateBarTextOverlap_Yes使用指図バーの文字列が重ならないようにし、すべての資源行の高さを同じにします。 
kEliminateBarTextOverlap_OptimizeRowHeights使用指図バーの文字列が重ならないようにし、資源行ごとに高さを調整します。 

ASGTimeChartProps_EnableEditPeg
<TEnableEditPeg>

説明
kEnableEditPeg_No紐付けオブジェクトを編集できません。 
kEnableEditPeg_Yes種別が「品目(オーダ間)」または「重なり時間」の紐付けオブジェクトの追加、変更、削除ができます。 

Bom_EnableSameResOnDiffUseBomInstCode
<TEnableSameResOnDiffUseBomInstCode>

説明
kEnableSameResOnDiffUseBomInstCode_Yes違う指図コード同じの資源の使用を可能にする。 
kEnableSameResOnDiffUseBomInstCode_No違う指図コード同じの資源の使用を不可にする。 

Command_ErrGroupAssign
<TErrGroupAssign>

説明
kErrGroupAssign_Pileグループ化された作業をすべて期間外に強制割付けます。 
kErrGroupAssign_Ignore最初に割付けようとした作業を単独でグループ割付け制約を無視して割付けます。 
kErrGroupAssign_DummyResource 

Command_ErrPassedAssignEnd
<TErrPassedAssignEnd>

説明
kErrPassedAssignEndPile無限能力で割付けます。 
kErrPassedAssignEndIgnore時間制約を無視します。 
kErrPassedAssignEndUnassign 

Command_ErrPassedAssignStart
<TErrPassedAssignStart>

説明
kErrPassedAssignStartPile無限能力で割付けます。 
kErrPassedAssignStartIgnore時間制約を無視します。 
kErrPassedAssignStartSwitchDirection方向を切り替えて再度割付けてみます。 
kErrPassedAssignStartUnassign割付け解除します。 

Command_ErrPassedEST
<TErrPassedEST>

説明
kErrPassedESTPile無限能力で割付けます。 
kErrPassedESTIgnore時間制約を無視します。 
kErrPassedESTSwitchDirection方向を切り替えて再度割付けてみます。 

Command_ErrPassedLET
<TErrPassedLET>

説明
kErrPassedLETPile無限能力で割付けます。 
kErrPassedLETIgnore時間制約を無視します。 

Command_ErrResLock
<TErrResourceLock>

説明
kErrResourceLock_NotSpecified 
kErrResourceLock_Pile資源ロック制約で結ばれている作業をすべて期間外に強制割付けます。 
kErrResourceLock_Ignore最初に割付けようとした作業を単独で資源ロック制約を無視して割付けます。 
kErrResourceLock_DummyResource制約されている作業をすべてダミー資源に割付けます。 

Command_ErrTimeConstraintMax
<TErrTimeConstraintMax>

説明
kErrTimeConstraintMax_NotSpecified 
kErrTimeConstraintMax_Pile重なりMAX制約で結ばれている作業をすべて期間外に強制割付けます。 
kErrTimeConstraintMax_Ignore最初に割付けようとした作業を単独で重なりMAX制約を無視して割付けます。 
kErrTimeConstraintMax_DummyResource制約されている作業をすべてダミー資源に割付けます。 

Project_EvaluateOperIncludingOutOfSchedulingPeriod
<TEvaluateOperIncludingOutOfSchedulingPeriod>

説明
kEvaluateOperIncludingOutOfSchedulingPeriod_No割付け期間外に割付いた作業よりも割付け期間内に割付いた割付け候補が優先されます。すべての割付け候補が割付け期間外に割付いた場合は、割付け評価値を計算し、それらの間でもっとも評価値が高い候補が実割り付けされます。旧仕様。 
kEvaluateOperIncludingOutOfSchedulingPeriod_Yes仮割付けで割付け期間外に割付いた場合でも資源評価オブジェクトを用いて評価値し、割付け期間内に割付いた割付け候補と対等に比較します。新仕様。 

Event_SetupOrderType
<TEventAssignmentPosition>

説明
kEventAssignmentPosition_NotSpecified未設定の場合は、作業の後に発生させます。 
kEventAssignmentPosition_AfterCurrOp条件が満たされた作業の後ろにイベントオーダを発生させます。 
kTEventAssignmentPosition_BeforeCurrOp条件が満たされた作業の前作業の後ろにイベントオーダを発生させます。 
kEventAssignmentPosition_AfterLeftOp条件が満たされた作業の前にイベントオーダを発生させます。 

Project_ExpansionRateSpecifiedWorkExists
<TExpansionRateSpecifiedWorkExists>

説明
kExpansionRateSpecifiedWorkExists_No内部使用プロパティです。 
kExpansionRateSpecifiedWorkExists_Yes内部使用プロパティです。 

InputBomInst_ExplodeStopFlag
<TExplodeStopFlag>

説明
kExplodeStopFlagNoこの工程より前工程もオーダ展開します。 
kExplodeStopFlagYesこの工程より前工程をオーダ展開しません。 

Project_ExportDateFormatType
<TExportDateFormatType>

説明
kExportDateFormatType_Workspaceテキストファイル、またはOLE DBでテキスト型のフィールドにエクスポートするときの日付フォーマットはワークスペースを参照します。 
kExportDateFormatType_DBIOテキストファイル、またはOLE DBでテキスト型のフィールドにエクスポートするときの日付フォーマットはデータ入出力を参照します。 

DBIO_ExportDuplicationCheck
<TExportDuplicationCheck>

説明
kExportDuplicationCheckNo重複チェックをしません。 
kExportDuplicationCheckMessage重複チェックを行い、重複が見つかった場合はメッセージを出力します。 
kExportDuplicationCheckRollBack重複チェックを行い、重複が見つかった場合はロールバックします。 

PropertyDef_ExportOnlyFlag
<TExportOnlyFlag>

説明
kExportOnlyFlagNoインポートします。 
kExportOnlyFlagYesインポートしません。 

FieldAndDecimalDelimiters
<TFieldAndDecimalDelimiters>

説明
kFieldAndDecimalDelimitersCommaAndDotテキストのフィールド区切りをカンマ、小数点区切りをドットにします。 
kFieldAndDecimalDelimitersTabAndDotテキストのフィールド区切りをタブ、小数点区切りをドットにします。 
kFieldAndDecimalDelimitersTabAndCommaテキストのフィールド区切りをタブ、小数点区切りをカンマにします。 

FieldDef_ExportDefaultValue
<TFieldDefExportDefaultValue>

説明
kFieldDefExportDefaultValue_Noデフォルト値をエクスポートしません。 
kFieldDefExportDefaultValue_Yesデフォルト値をエクスポートします。 

FirstRowIsFieldInfo
<TFirstRowIsFieldInfo>

説明
kFirstRowIsFieldInfoNoテキストファイルの1行目はデータです。 
kFirstRowIsFieldInfoCode1行目はプロパティコードです。例:Order_Code。 
kFirstRowIsFieldInfoFriendlyName1行目はプロパティの別名もしくは表示名です。例:オーダコード。エクスポート専用です。 
kFirstRowIsFieldInfoCodeAndFieldInfo1行目はフィールド情報です。形式は、プロパティコード;プロパティID;プライマリキーかどうか。例:Order_Code;1181;*。ヘッダ情報によりインポートしたい場合は「はい(コード)」ではなく、こちらをお使い下さい。 
kFirstRowIsFieldInfoFriendlyNameAndFieldInfo1行目はフィールド情報です。形式は、プロパティの別名もしくは表示名;プロパティID;プライマリキーかどうか。例:オーダコード;1181;*。ヘッダ情報によりインポートしたい場合は「はい(別名、表示名)」ではなく、こちらをお使い下さい。 

ASGTimeChartProps_FloatingDisplayForUseInstructionBars
<TFloatingDisplayForUseInstructionBars>

説明
kFloatingDisplayForUseInstructionBars_No使用指図バーの高さを文字列に合わせません。バーの高さは「山積み作業表示方法」の設定に依存します。 
kFloatingDisplayForUseInstructionBars_Yes使用指図バーの高さを文字列に合わせます。(「文字が重ならないようにする」が「いいえ」以外のときに有効) 

Item_Fluctuation
<TFluctuation>

説明
kFluctuation_Instantaneous_Instantaneous在庫増減方法を製造を一括、消費を一括にします。 
kFluctuation_Instantaneous_Linear在庫増減方法を製造を一括、消費を線形にします。 
kFluctuation_Linear_Instantaneous在庫増減方法を製造を線形、消費を一括にします。 
kFluctuation_Linear_Linear在庫増減方法を製造を線形、消費を線形にします。 


<TFontStyle>

説明
kFontRegularRegularフォント 
kFontItalicItalicフォント 
kFontBoldBoldフォント 
kFontItalicBoldItalic・Boldフォント 

Order_PeriodEnum
<TForecastOrderPeriod>

説明
kForecastOrderPeriodNotSpecified 
kForecastOrderPeriodMonth011ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth022ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth033ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth044ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth055ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth066ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth077ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth088ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth099ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth1010ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth1111ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodMonth1212ヶ月です。 
kForecastOrderPeriodExpr期間式で期間を設定します。 
kForecastOrderPeriodWeek011週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek022週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek033週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek044週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek055週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek066週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek077週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek088週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek099週間です。 
kForecastOrderPeriodWeek1010週間です。 


<TGatherMethodOfTopRows>

説明
kGatherMethodOfTopRows_NotSpecified指定なし 
kGatherMethodOfTopRows_FromSelf最上位のオブジェクト自体を表示対象とする 
kGatherMethodOfTopRows_FromChildren最上位のオブジェクトの子供を表示対象とする 
kGatherMethodOfTopRows_FromSpecifiedDescendant最上位のオブジェクトの指定されたクラスのオブジェクトを表示対象とする 

Command_ExpressionExecutor_ExecOrder
<TGenerateGenerateExpressionExecutorExecOrder>

説明
kGenerateGenerateExpressionExecutorExecOrder_ByObject1つのオブジェクトに対してすべての編集式を実行した後、次のオブジェクトに対して編集式を実行します。 
kGenerateGenerateExpressionExecutorExecOrder_ByExpression1つの編集式をすべてのオブジェクトに対して実行した後、次の編集式を実行します。 

Command_GenerateResourceTimeSeries_V9Compatible
<TGenerateResourceTimeSeriesV9Compatible>

説明
kGenerateResourceTimeSeriesV9Compatible_Noすべての使用指図の資源時系列を生成します。 
kGenerateResourceTimeSeriesV9Compatible_Yes前段取り副資源、製造主資源、製造副資源のみの資源時系列を生成します。 

User_GetRightToChangeOnLogIn
<TGetRightToChangeOnLogIn>

説明
kGetRightToChangeOnLogInNo何もしません。 
kGetRightToChangeOnLogInAllIfProjectWritableプロジェクトの変更権を取得したときのみ、自分が取得可能なすべてのオブジェクトの変更権を取得しようとします。変更権を取得できない場合はメッセージが出力されます。 
kGetRightToChangeOnLogInAll自分が取得可能なすべてのオブジェクトの変更権を取得しようとします。変更権を取得できない場合はメッセージが出力されます。 
kGetRightToChangeOnLogInOwnerIfProjectWritableプロジェクトの変更権を取得した時のみ、自分がオーナであるオブジェクトの変更権を取得しようとします。変更権を取得できない場合はメッセージが出力されます。 
kGetRightToChangeOnLogInOwner自分がオーナであるオブジェクトの変更権を取得しようとします。変更権を取得できない場合はメッセージが出力されます。 


<TGraphExportFormat>

説明
kGraphExportFormat_Spreadsheetスプレッド形式でエクスポートします 
kGraphExportFormat_RDBRDB形式でエクスポートします 

ASGTimeChartProps_GroupedOperationMoveMethod
<TGroupedOperationMoveMethod>

説明
kGroupedOperationMoveMethod_Individually選択された作業ごとにグループ種別の設定を無視して移動します。ただし、作業グループの割付けは更新されます。作業グループの移動はできなくなります。また、作業グループと作業グループメンバをすべて選択して移動しても、グループ種別の設定は無視されます。 
kGroupedOperationMoveMethod_Grouped作業グループメンバも一緒にグループ種別の設定に従って移動します。また、左クリックした時に他の作業グループメンバも選択されるようになります。 

ASGGroupingContentDisplay_CanAcceptInput
<TGroupingContentDisplayCanAcceptInput>

説明
kGroupingContentDisplayCanAcceptInput_No 
kGroupingContentDisplayCanAcceptInput_Yes 

ASGGroupingContentDisplay_ShowZeroValues
<TGroupingContentDisplayShowZeroValues>

説明
kGroupingContentDisplayShowZeroValues_Noゼロ値を表示しません。 
kGroupingContentDisplayShowZeroValues_Yesゼロ値を表示します。 


<TGroupingExprGroupType>

説明
kTGroupingExprGroupType_Each未使用 


<TGroupingExprSummaryPosition>

説明
kTGroupingExprSummaryPosition_Noneなし 
kTGroupingExprSummaryPosition_Belowデータの下 
kTGroupingExprSummaryPosition_Aboveデータの上 


<TGroupingExprSummaryType>

説明
kTGroupingExprSummaryType_Sum合計 
kTGroupingExprSummaryType_Average平均値 
kTGroupingExprSummaryType_Count項目数 
kTGroupingExprSummaryType_Lowest最小値 
kTGroupingExprSummaryType_Highest最大値 
kTGroupingExprSummaryType_Range最小値と最大値 

ASGGroupingSettings_ShowEmptyData
<TGroupingSettingShowEmptyData>

説明
kGroupingSettingShowEmptyData_No空データを表示しません。 
kGroupingSettingShowEmptyData_Yes空データを表示します。 

ASGGroupingSettings_SummaryPosition
<TGroupingSettingSummaryPosition>

説明
kGroupingSettingSummaryPosition_Before集計をデータの前に表示します。 
kGroupingSettingSummaryPosition_After集計をデータの後に表示します。 

GroupType_AssignToResGroup
<TGroupTypeAssignToResGroup>

説明
kGroupTypeAssignToResGroup_No作業グループを資源グループに割付けません。 
kGroupTypeAssignToResGroup_Yes作業グループを資源グループに割付けます。 


<THalfwayProcType>

説明
kHPHalfwayProcNoneNone 
kHPHalfWayProcMaterialMATERIAL 

ASGTimeChartProps_HierarchyBarSelectAndMoveMethod
<THierarchyBarSelectAndMoveMethod>

説明
kHierarchyBarSelectAndMoveMethod_No選択したバー内の子オブジェクトは選択されません。例えば、オーダバーを選択しても作業は選択されません。分割ルート作業バーを選択しても分割子作業は選択されません。個別で作業を選択しても移動または使用時間を変更できません。 
kHierarchyBarSelectAndMoveMethod_Operation選択したバー内の子オブジェクトは選択されません。例えば、オーダバーを選択しても作業は選択されません。分割ルート作業バーを選択しても分割子作業は選択されません。個別で作業を選択すると移動または使用時間を変更できます。 
kHierarchyBarSelectAndMoveMethod_All選択したバー内の子オブジェクトはすべて選択されます。例えば、オーダバーを選択すると全ての作業が選択されます。分割ルート作業バーを選択するとすべての分割子作業が選択されます。そして選択された全作業を移動できます。 

Holiday_Disabled
<THolidayDisabled>

説明
kHolidayDisabled_Noこの休日は無視されます。2回目のダウンロードを実行してもこのプロパティは維持されます。 
kHolidayDisabled_Yesこの休日は利用されます。2回目のダウンロードを実行してもこのプロパティは維持されます。 

Command_IgnoreUnassignedPeggedOperations
<TIgnoreUnassignedPeggedOperations>

説明
kIgnoreUnassignedPeggedOperationsNo割付ける際に紐付いた前後工程が割付けられるのを待ちます。割付け方向がフォワードの場合は前工程を、バックワードの場合は後工程を待ちます。 
kIgnoreUnassignedPeggedOperationsYes割付ける際に紐付いた前後工程が割付けられるのを待ちません。割付け方向がフォワードの場合は前工程を、バックワードの場合は後工程を無視します。 


<TimeConstraintTaskType>

説明
kTimeConstraintTaskTypeSetupTask 
kTimeConstraintTaskTypeProductionTask 
kTimeConstraintTaskTypeTeardownTask 

PropertyDef_IncludeInStyle
<TIncludeInStyle>

説明
kIncludeInStyle_Noスタイルの登録や反映を行なう時にこのプロパティをコピーしません。 
kIncludeInStyle_Yesスタイルの登録や反映を行なう時にこのプロパティをコピーします。 

Project_IncludeNextLotV9InLeftAndRightOrders
<TIncludeNextLotV9InLeftAndRightOrders>

説明
kIncludeNextLotV9InLeftAndRightOrders_Noオーダテーブルの「次オーダ」によって構築されたオーダ間の紐付けを同じくオーダテーブルの「親オーダ(Order_RightOrder)」「子オーダ(Order_LeftOrder)」「末端親オーダ(Order_RightmostOrder)」「末端子オーダ(Order_LeftmostOrder)」に含めません。 
kIncludeNextLotV9InLeftAndRightOrders_Yesオーダテーブルの「次オーダ」によって構築されたオーダ間の紐付けを同じくオーダテーブルの「親オーダ(Order_RightOrder)」「子オーダ(Order_LeftOrder)」「末端親オーダ(Order_RightmostOrder)」「末端子オーダ(Order_LeftmostOrder)」に含めます。 

Object_InheritRightToChange
<TInheritRightToChange>

説明
kInheritRightToChangeNo他のオブジェクトに変更権を継承しません。 
kInheritRightToChangeOperation作業に変更権を継承します。 
kInheritRightToChangeOrderオーダに変更権を継承します。 

Item_InventoryRestrictionFlag
<TInventoryConstraintFlag>

説明
kInventoryConstraintFlagNoこの品目は在庫制約をしません。 
kInventoryConstraintFlagYesこの品目は在庫制約をします。 

ASGTimeChartProps_InventoryGraphIncludeDummyResourceOperations
<TInventoryGraphIncludeDummyResourceOperations>

説明
kInventoryGraphIncludeDummyResourceOperations_Excludeダミー資源に割りついた作業の生産量や消費量を在庫計算に含みません。 
kInventoryGraphIncludeDummyResourceOperations_Includeダミー資源に割りついた作業の生産量や消費量も在庫計算に含みます。 

Res_InventoryInTransit
<TInventoryInTransit>

説明
kInventoryInTransit_No在庫グラフに積載在庫を描画しません。Asprova SCPで使用します。 
kInventoryInTransit_Yes在庫グラフに積載在庫を描画します。資源種別が「配送」であることが必要です。Asprova SCPで使用します。 

Command_InventoryMinOrderDirection
<TInventoryMinOrderDirection>

説明
kInventoryMinOrderDirectionForward在庫MINのための補充オーダの割付け方向をフォワードにします。 
kInventoryMinOrderDirectionBackward在庫MINのための補充オーダの割付け方向をバックワードにします。 


<TInvGraphSummaryMethod>

説明
kInvGraphSummaryMethod_Noneなし 
kInvGraphSummaryMethod_Start開始値 
kInvGraphSummaryMethod_End終了値 
kInvGraphSummaryMethod_Min最小値 
kInvGraphSummaryMethod_Max最大値 
kInvGraphSummaryMethod_Average平均値 
kInvGraphSummaryMethod_Difference増減値 

Order_IsAbsoluteInventoryFromAutoCalc
<TIsAbsoluteInventoryFromAutoCalc>

説明
kIsAbsoluteInventoryFromAutoCalcNo 
kIsAbsoluteInventoryFromAutoCalcYes 

Order_IsAllOperationsAssigned
<TIsAllOperationsAssigned>

説明
kIsAllOperationsAssigned_Unassigned未割付け状態です。 
kIsAllOperationsAssigned_Assignedすべての作業が割付済みか強制割付け済みになっています。 
kIsAllOperationsAssigned_AssignedOnDummyResすべての作業が割付済みか強制割付け済みかダミー資源に割付いています。 

Work_IsAssigned
<TIsAssigned>

説明
kIsAssignedUnassigned未割付け状態です。 
kIsAssignedAssigned通常の資源(非ダミー資源)に割付いています。 
kIsAssignedAssignedToDummyResourceダミー資源に割付いています。 
kIsAssignedForciblyAssigned通常の資源(非ダミー資源)に強制的に割付いています。 

Item_IsAutoGeneratedIntermediateItem
<TIsAutoGeneratedIntermediateItem>

説明
kIsAutoGeneratedIntermediateItemNoこの品目はAsprova内部が自動生成したものではありません。 
kIsAutoGeneratedIntermediateItemYesこの品目はAsprova内部が自動生成したものです。 

IsLoadTable
<TIsLoadTable>

説明
kIsLoadTableNoデータのインポートを行ないません。 
kIsLoadTableYesデータのインポートを行ないます。 
kIsLoadTableYes_SafeRefreshデータの洗い替えを行ないます。作業から参照されている品目、マスタ入力指図、マスタ出力指図、マスタ使用指図は削除されません。 
kIsLoadTableYes_ForceRefreshデータの洗い替えを行ないます。自分が参照している品目、マスタ入力指図、マスタ出力指図、マスタ使用指図が削除された作業は、強制的に割付け解除されます。 

Order_QuickShootFlag
<TIsQuickShoot>

説明
kIsQuickShoot_NotSpecified 
kIsQuickShoot_Noこのオーダは通常(非クイックシュート用)のオーダです。 
kIsQuickShoot_Yesこのオーダはクイックシュート用のオーダです。 

Order_IsReplenishmentOrderOneToOne
<TIsReplenishmentOrderOneToOne>

説明
kIsReplenishmentOrderOneToOne_Noこのオーダは1対1紐付けの補充オーダではありません。 
kIsReplenishmentOrderOneToOne_Yesこのオーダは1対1の補充オーダです。 

IsSaveTable
<TIsSaveTable>

説明
kIsSaveTableNoデータのエクスポートを行ないません。 
kIsSaveTableYesデータを差分でエクスポートを行ないます。
テキストファイル:すべての対象オブジェクトの変更フラグが「なし」の場合はエクスポートしません。
OLE DB:変更フラグが「なし」以外のものをエクスポートします。 

Item_DynamicSplitPeggingOrder
<TItemDynamicSplitPeggingOrder>

説明
kDynamicSplitPeggingOrder_OperationCode分割作業同士を作業コード順で紐付けます。 
kDynamicSplitPeggingOrder_Time現在、この選択肢に設定することは推奨されていません。詳しくはヘルプHelpNo.:785300ページを御覧ください。 

Item_IsPhantom
<TItemIsPhantom>

説明
kItemIsPhantom_Noファントム品目ではありません。 
kItemIsPhantom_Yesファントム品目です。この品目を別のマスタ入力指図の品目として登録すると、この品目の製造BOMのマスタ入力指図に置き換わります。 

Item_IsTemplate
<TItemIsTemplate>

説明
kItemIsTemplate_No何もしません。 
kItemIsTemplate_Yesオーダ展開時にこの品目からETO品目が生成されます。 

Item_KanbanFlag
<TItemKanbanFlag>

説明
kItemKanbanFlag_Noこの品目のかんばん枚数は計算しません。 
kItemKanbanFlag_Yesこの品目のかんばん枚数を計算します。 

Item_LotSizingCycle
<TItemLotSizingCycle>

説明
kItemLotSizingCycleNoまとめサイクルを指定しません。 
kItemLotSizingCycleDayまとめサイクルを1日にします。 
kItemLotSizingCycleWeekまとめサイクルを1週間にします。 
kItemLotSizingCycleTenDaysまとめサイクルを旬(10日間)にします。 
kItemLotSizingCycleMonthまとめサイクルを1月にします。 
kItemLotSizingCycleRefleshStart初回はプロパティ「まとめ開始日」を基準として、まとめ開始日を算出した後、次のまとめ開始日までの間に製造ロットサイズ(または購買ロットサイズ)により、まとめが発生した時点で、そこが次のまとめ開始日となります。 

Item_LotSizingRoundQtyPeggingType
<TItemLotSizingRoundQtyPeggingType>

説明
kItemLotSizingRoundQtyPeggingTypeNo紐付けで余った数量を次の期間のオーダと紐付けません。 
kItemLotSizingRoundQtyPeggingTypePeg紐付けで余った数量を次の期間のオーダと紐付けます。 

Item_MaterialSwitchType
<TItemMaterialSwitchType>

説明
kItemMaterialSwitchType_Mixed原料切替のタイミングで端数が生じたとき、1つの作業の中で、新旧の原料品目の入力指図が混在します。 
kItemMaterialSwitchType_Notmixed原料切替のタイミングで端数が生じて、1つの作業の中で、新旧の原料品目の入力指図が混在しそうな場合、古い原料品目の入力指図が混在しないようにします。 

Item_PegWithLaterPeriodOutputInstruction
<TItemPegWithLaterPeriodOutputInstruction>

説明
kItemPegWithLaterPeriodOutputInstruction_NotPegその入力指図と出力指図を紐付けた場合に時間制約違反になる場合は紐付けません。自動補充フラグが設定されているなら、その入力指図からは自動補充オーダが生成されます。 
kItemPegWithLaterPeriodOutputInstruction_Pegその入力指図と出力指図を紐付けた場合に時間制約違反になるかどうかに関係なく紐付けます。自動補充フラグが設定されているなら、全期間の在庫、固定されいてるオーダなどとはすべて紐付けた上で自動補充オーダが生成されます。 


<TItemRowContent>

説明
kItemRowContent_ItemInventory品目行の内容を在庫グラフにします。 
kItemRowContent_ItemProduction品目行の内容を生産グラフにします。 
kItemRowContent_ItemConsumption品目行の内容を消費グラフにします。 
kItemRowContent_ItemShipping品目行の内容を出荷グラフにします。 
kItemRowContent_ItemReceiving品目行の内容を入荷グラフにします。 
kItemRowContent_ItemMfgOrderLETAchievement品目行の内容を製造オーダの納期遵守率グラフにします。 
kItemRowContent_ItemSalesOrderLETAchievement品目行の内容を受注オーダの納期遵守率グラフにします。 
kItemRowContent_ItemProductionLeadTime品目行の内容を製造リードタイムグラフにします。 

Item_SplitRecursiveOneToOneForward
<TItemSplitRecursiveOneToOneForward>

説明
kItemSplitRecursiveOneToOneForwardNo一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入っても、後工程の分割は分割の設定どおりに行ないます。 
kItemSplitRecursiveOneToOneForwardYes一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入った場合、後工程の分割は前工程の分割作業の製造数量の比率で分割し、紐付けが1対1になるようにします。 

Item_SplitReduceExcessQty
<TItemSplitReduceExcessQty>

説明
kItemSplitReduceExcessQty_No分割ルート作業の製造数量と分割子作業の製造数量の総和が違っていても調整しません。 
kItemSplitReduceExcessQty_Yes分割ルート作業の製造数量と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、調整します。 
kItemSplitReduceExcessQty_YesCalcResult分割ルート作業の製造数量と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、他の分割作業の実績数量を加味して調整します。 

ItemTime_QtyChangeType
<TItemTimeQtyChangeType>

説明
kIncreaseByProduce作業からの出力を表します。 
kDecreaseByProduce作業への入力を表します。 
kIncreaseByArrival購買オーダ/在庫オーダからの出力を表します。 
kDecreaseByShipping受注オーダ/在庫オーダへの入力を表します。 
kAbsolute在庫オーダ(絶対量)による棚卸しです。 

ItemTime_StartAndEndType
<TItemTimeStartAndEndType>

説明
kItemTimeStart製造の開始を表します。 
kItemTimeEnd製造の終了を表します。 
kItemTimeResume製造の再開を表します。 
kItemTimeSuspend製造の中断を表します。 
kItemTimeWorkingTimeMiddle「資源量制約」プロパティに「資源量に応じて」が設定してある資源にて、資源量(能力値)が変化した日時を表します(ただし、資源量がゼロの日時は除く)。 

Item_Type
<TItemType>

説明
kItemTypeRawMaterialこの品目は原材料です。 
kItemTypePurchasedItemこの品目は購買品です。 
kItemTypeBulkProducedItemこの品目は半製品です。 
kItemTypeIntermediateItemこの品目は中間品です。 
kItemTypeFinishedItemこの品目は製品です。 

Label_DisplayContent
<TLabelDisplayContent>

説明
kDisplayContentSpecified付箋オブジェクトの「付箋文字列」プロパティに設定された文字列を表示します。 
kDisplayContentComment使用指図 → 作業の「コメント(共通)」プロパティ、作業、オーダ → それぞれの「コメント(共通)」プロパティの文字列を表示します。編集もできます。 
kDisplayContentDataTip表示設定のデータチップ文字式に従って表示します。この場合、編集は不可能です。 

Label_Shape
<TLabelShape>

説明
kShapeNon 
kShapeBubble吹き出し形状の付箋です。 
kShapeArrow両矢印形状の付箋です。 

Label_TextHorizontalAlignment
<TLabelTextHorizontalAlignment>

説明
kTextHorAlignLeft付箋文字列の横方向表示位置を左に揃えて表示します。 
kTextHorAlignCenter付箋文字列の横方向表示位置を中央に揃えて表示します。 
kTextHorAlignRight付箋文字列の横方向表示位置を右に揃えて表示します。 

Label_TextVerticalAlignment
<TLabelTextVerticalAlignment>

説明
kTextVertAlignTop付箋文字列の縦方向表示位置を上に揃えて表示します。 
kTextVertAlignCenter付箋文字列の縦方向表示位置を中央に揃えて表示します。 
kTextVertAlignBottom付箋文字列の縦方向表示位置を下に揃えて表示します。 


<TLeadTimeGraphSummaryMethod>

説明
kLeadTimeGraphSummaryMethod_Min最小値 
kLeadTimeGraphSummaryMethod_Max最大値 
kLeadTimeGraphSummaryMethod_Average平均値 

ASGTableViewProps_LeftPartContent
<TLeftPartContent>

説明
kLeftPartContent_RowNumbersAndName 
kLeftPartContent_ResizableName 
kLeftPartContent_NonResizableName 
kLeftPartContent_Empty 


<TLicenseAcquisitionType>

説明
kTLicenseAcquisitionType_LocalProtectorローカルPCのライセンスを取得します。 
kTLicenseAcquisitionType_NetworkDialogネットワークライセンス(ダイアログ)を取得します。 
kTLicenseAcquisitionType_NetworkAutoネットワークライセンス(自動)を取得します。 
kTLicenseAcquisitionType_NoWhereライセンスを取得しない。 


<TLoadGraphIncludeSetup>

説明
kLoadGraphIncludeSetup_ExcludeSetup前段取り、後段取り、組み合わせ段取り、資源ロックタスクを負荷に含みません。 
kLoadGraphIncludeSetup_IncludeSetup前段取り、後段取り、組み合わせ段取り、資源ロックタスクも負荷に含みます。 

ASGTimeChartProps_LoadGraphResGroupLoad
<TLoadGraphResGroupLoad>

説明
kLoadGraphResGroupLoad_SumOfMemberLoad負荷グラフに資源グループメンバ全体の負荷を表示します。 
kLoadGraphResGroupLoad_ResourceGroupLoad負荷グラフに資源グループ自身の負荷を表示します。 


<TLoadGraphSummaryMethod>

説明
kLoadGraphSummaryMethod_Noneなし 
kLoadGraphSummaryMethod_Average平均値 

ASGWorkspace_LocaleDateFormat
<TLocaleDateFormat>

説明
kLocaleDateFormat_YMD日付フォーマットを年月日にします。 
kLocaleDateFormat_MDY日付フォーマットを月日年にします。 
kLocaleDateFormat_DMY日付フォーマットを日月年にします。 

ASGWorkspace_LocaleNumberFormat
<TLocaleNumberFormat>

説明
kLocaleNumberFormat_Dot小数点区切り文字をドットで表示します。 
kLocaleNumberFormat_Comma小数点区切り文字をカンマで表示します。 

Item_LotSizingCycle
<TLotSizingCycle>

説明
kLotSizingCycle_NotSpecifiedまとめサイクルを指定しません。 
kLotSizingCycle_Dayまとめサイクルを1日にします。 
kLotSizingCycle_Weekまとめサイクルを1週間にします。 
kLotSizingCycle_ThirdOfMonthまとめサイクルを旬(10日間)にします。 
kLotSizingCycle_Monthまとめサイクルを1月にします。 

Item_ManufacturingOrderQtyCalcType
<TManufacturingOrderQtyCalcType>

説明
kManufacturingOrderQtyCalcTypeNormalFIFOで算出していきます。 
kManufacturingOrderQtyCalcTypeLeveling平準化されたロットサイズを算出し、サイズが極端に小さいロットが生成されることを避けます。 

Item_ManufacturingOrderQtyLeftoverLast
<TManufacturingOrderQtyLeftoverLast>

説明
kManufacturingOrderQtyLeftoverLastNoサイズ計算によって生じた余りを含むロットを最初に紐付けします。 
kManufacturingOrderQtyLeftoverLastYesサイズ計算によって生じた余りを含むロットを最後に紐付けします。 

Project_MasterType
<TMasterFormat>

説明
kMasterFormatNormalノーマルモードです。 
kMasterFormatV9旧ASPROVAモードです。旧ASPROVA互換のap2ファイルから作成したプロジェクトです。 

IMaster_InstructionType
<TMasterInstructionType>

説明
kMasterInstructionType_Input 
kMasterInstructionType_Output 
kMasterInstructionType_Use 

IMaster_ResLockDisallowSameParentSameRes
<TMasterResLockDisallowSameParentSameRes>

説明
kMasterResLockDisallowSameParentSameRes_No 
kMasterResLockDisallowSameParentSameRes_Yes 

Bom_Type
<TMasterType>

説明
kTypeProcessSelectorこのマスタは工程セレクタです。工程セレクタ有効条件をセットすることが可能です。 
kTypeMasterOperationこのマスタは作業です。 
kTypeInstructionSelectorこのマスタは指図セレクタです。指図セレクタ有効条件をセットすることが可能です。 
kTypeResLockTask未使用。このマスタは資源ロックタスクです。 

Project_MaterialRestriction
<TMaterialRestriction>

説明
kMaterialRestriction_No 
kMaterialRestriction_Yes 
kMaterialRestriction_Yes_Recursive 

ASGWorkspace_MenuManagement
<TMenuManagement>

説明
kMenuManagement_EachUser各ユーザがカスタムメニューを使用するかどうかを決め、カスタムメニューを編集することができます。 
kMenuManagement_ProjectManager各ユーザのカスタムメニューはプロジェクト管理者が作成し、割り当てます。一般ユーザはメニューを変更することができません。 

Command_Menu_ModuleType
<TMenuModuleType>

説明
kMenuModuleType_MSこのメニューはモジュールタイプがMSの場合に使用できます 
kMenuModuleType_APSこのメニューはモジュールタイプがAPSの場合に使用できます 
kMenuModuleType_MRPこのメニューはモジュールタイプがMRPの場合に使用できます 
kMenuModuleType_MESこのメニューはモジュールタイプがMESの場合に使用できます。モジュールタイプVIEW のライセンスをお持ちの場合は、この選択肢を設定してください。 
kMenuModuleType_BOMこのメニューはモジュールタイプがBOMの場合に使用できます 
kMenuModuleType_MSLこのメニューはモジュールタイプがMS Lightの場合に使用できます 
kMenuModuleType_SCPこのメニューはモジュールタイプがSCPの場合に使用できます 
kMenuModuleType_SEDこのメニューはモジュールタイプがSEDの場合に使用できます 

Project_MessageForm
<TMessageForm>

説明
kMessageForm_Flat計画パラメタの構造に依存せずにフラットな構造で出力します。Ver.13未満での方式。 
kMessageForm_SameAsSchedulingParameter計画パラメタと同じ階層構造で、エラー件数、警告件数を集計してメッセージを出力します。Ver.13以降での方式。 


<TMessageType>

説明
kSystemErrorシステムエラー 
kLogicErrorロジックエラー 
kIOErrorIOエラー 
kGUIErrorGUIエラー 
kSystemWarningシステム警告 
kLogicWarningロジック警告 
kIOWarningIO警告 
kGUIWarningGUI警告 
kSystemInfoシステム知らせ 
kLogicInfoロジック知らせ 
kIOInfoIO知らせ 
kGUIInfoGUI知らせ 

ASGWindowProps_ModuleTypeDisplayStyleInMenu
<TModuleTypeDisplayStyleInMenu>

説明
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_MSこのスタイルはモジュールタイプがMSのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_APSこのスタイルはモジュールタイプがAPSのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_MRPこのスタイルはモジュールタイプがMRPのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_MESこのスタイルはモジュールタイプMESのとき表示されます。モジュールタイプVIEW のライセンスをお持ちの場合は、この選択肢を設定してください。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_BOMこのスタイルはモジュールタイプがBOMのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenu_MSLこのスタイルはモジュールタイプがMS Lightのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenue_SCPこのスタイルはモジュールタイプがSCPのとき表示されます。 
kModuleTypeDisplayStyleInMenue_SEDこのスタイルはモジュールタイプがSEDのとき表示されます。 


<TMoveMethodForKeyboard>

説明
kMoveMethodForKeyboard_Finite有限能力 


<TMoveMethodForMouse>

説明
kMoveMethodForMouse_Infinite無限能力 
kMoveMethodForMouse_Finite有限能力 
kMoveMethodForMouse_InsertPushRight挿入(右押し出し) 
kMoveMethodForMouse_InsertPushLeft挿入(左押し出し) 

Message_Area
<TMsgArea>

説明
kTMsgArea_Unidentified 
kTMsgArea_System 
kTMsgArea_Logic 
kTMsgArea_IO 
kTMsgArea_GUI 

Message_Severity
<TMsgSeverity>

説明
kTMsgSeverity_Unidentified内部使用。 
kTMsgSeverity_Info単なるメッセージです。 
kTMsgSeverity_Warning無視してもリスケジュールは可能ですが、万全を期す場合は問題となっているデータを確認してください。 
kTMsgSeverity_Error問題となっているデータを確認して、修正して下さい。 

Project_MultiPropAssignExpr
<TMultiPropAssignExpr>

説明
kMultiPropAssignExpr_DependOnValueType_OldBehaviourVer.15.2未満の仕様です。ME.Prop[0]=xのようにインデックスに0を指定したときは、オブジェクト型に文字列を代入するときは最後の要素をxに変更し、それ以外のときはxを追加します。
ME.Prop=xのようにインデックスが未指定のときは、オブジェクト型に文字列を代入するときは既存のプロパティはすべて削除した後、xを追加します。
それ以外のときは既存のプロパティをすべてxに変更し、既存のプロパティがなければ追加します。 
kMultiPropAssignExpr_IndependentOfValueTypeME.Prop[0]=xのようにインデックスに0を指定したときは、どの型でも最後の要素をxに変更します。
ME.Prop=xのようにインデックスが未指定のときは、どの型でも既存のプロパティはすべて削除した後、xを追加します。 

Project_MultiSite
<TMultiSite>

説明
kMultiSite_APSAsprova APS用のプロジェクトです。 
kMultiSite_SCPAsprova SCP用のプロジェクトです。 

Res_NeckFlag
<TNeckFlag>

説明
kNeckFlagNoこの資源はネック資源ではありません。 
kNeckFlagYesこの資源をネック資源とします。 

NeedClear
<TNeedClear>

説明
kNeedClear_No旧ASPROVA互換データを読み込んだ時に、Asprovaのデータ構造にした後で旧ASPROVA互換データを残します。 
kNeedClear_Yes旧ASPROVA互換データを読み込んだ時に、Asprovaのデータ構造にした後で旧ASPROVA互換データをクリアします。 

ChangeI_NeverFlag
<TNeverFlag>

説明
kNeverFlag_Allowedこの組み合わせは可能です。 
kNeverFlag_NotAllowedこの組み合わせは不可能です。 

Res_NextResourceAbsolute
<TNextResourceAbsolute>

説明
kNextResourceAbsoluteNo次資源制約設定を絶対化しません。 
kNextResourceAbsoluteYes次資源制約設定を絶対化します。 

ASGTimeChartProps_NoRightToChangeBarDisplayMethod
<TNoRightToChangeBarDisplayMethod>

説明
kNoRightToChangeBarDisplayMethod_Normal変更権がある場合と同じ色にします。 
kNoRightToChangeBarDisplayMethod_Palette背景色をパレットの「変更権がないオブジェクト」の色にします。 

ASGTableViewProps_NoRightToChangeDisplayMethod
<TNoRightToChangeDisplayMethod>

説明
kNoRightToChangeDisplayMethod_Normal変更権がある場合と同じ色にします。 
kNoRightToChangeDisplayMethod_Palette背景色をパレットの「変更権がないオブジェクト」の色にします。 

Project_NotCalcChangeNIfSpecIsEmpty
<TNotCalcChangeNIfSpecIsEmpty>

説明
kNotCalcChangeNIfSpecIsEmpty_No仕様Nが空の場合でも仕様N段取りテーブルから仕様段取り時間を計算します。例えば、仕様Nが空から有りに変わった場合、前仕様が * である仕様段取りオブジェクトがあれば、それが仕様段取り時間の候補になります。 
kNotCalcChangeNIfSpecIsEmpty_Yes前作業の仕様Nまたは後作業の仕様Nが空の場合は、仕様N段取りテーブルから仕様段取り時間を計算しません。 

PropertyDef_NotDelimitBySemicolon
<TNotDelimitBySemicolon>

説明
kNotDelimitBySemicolon_Noセミコロンで区切って1つのプロパティにします。 
kNotDelimitBySemicolon_Yesセミコロンで区切らずに、全体を1つのプロパティにします。 

Project_ObjectExclusiveControl
<TObjectExclusiveControl>

説明
kObjectExclusiveControlNo排他制御しません。Ver.13未満のAsprovaと同じ機能です。 
kObjectExclusiveControlYes排他制御します。ユーザはオブジェクトを変更する際に各ユーザは変更権を取得する必要があります。 

Item_ObtainMethod
<TObtainMethod>

説明
kObtainMethodNever紐付けを行ないません。 
kObtainMethodManufacture製造オーダのみと紐付けます。自動補充する場合は製造オーダを生成します。 
kObtainMethodPurchase購買オーダのみと紐付けます。自動補充する場合は購買オーダを生成します。 
kObtainMethodPrioritizeManufacture既存の製造オーダおよび購買オーダと紐付けし、自動補充する場合は製造オーダを生成します。 
kObtainMethodPrioritizePurchase既存の製造オーダおよび購買オーダと紐付けし、自動補充する場合は購買オーダを生成します。 

OCal_Disabled
<TOCalDisabled>

説明
kOCalDisabled_Noこの上書きカレンダーは有効です。 
kOCalDisabled_Yesこの上書きカレンダーは無効です。 

ASGWorkspace_OperationMode
<TOperationMode>

説明
kOperationMode_Basic「入門モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。 
kOperationMode_Standard「標準モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。 
kOperationMode_Custom「カスタムモード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。 
kOperationMode_Developer「開発者モード表示」フラグが設定されているプロパティを表示します。 

ASGTimeChartProps_OperationMoveAssignRestriction
<TOperationMoveAssignRestriction>

説明
kOperationMoveAssignRestriction_Normal仕様や次資源制約など、資源の制約を適応します。 
kOperationMoveAssignRestriction_IgnoreSpecAndNextRes仕様や次資源制約など、資源制約を無視します。 

ASGTimeChartProps_OperationRowContent
<TOperationRowContent>

説明
kOperationRowContent_OperationGantt作業行の内容を作業ガントチャートにします。 
kOperationRowContent_ResGantt作業行の内容を資源ガントチャートにします。 


<TOperationTimeConstraintMethod>

説明
kOperationTimeConstraintMethodES 
kOperationTimeConstraintMethodSS 

OptDispatchingKey_SubKey
<TOptDispatchingKeySubKey>

説明
kOptDispatchingKeySubKeyBigger式の結果が大きいほうを優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeySmaller式の結果が小さいほうを優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeyTrue式の条件がTRUEの場合優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeyFalse式の条件がFALSEの場合優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeyAscending割付結果が昇順になるような候補を優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeyDescending割付結果が降順になるような候補を優先します。 
kOptDispatchingKeySubKeyAscendingDescending割付結果が昇降順になるような候補を優先します。 

Order_AssignmentDirection
<TOrderAssignmentDirection>

説明
kOrderAssignmentDirectionNone「優先度に応じる」と同じです。 
kOrderAssignmentDirectionForwardこのオーダをフォワードに割り付けます。 
kOrderAssignmentDirectionBackwardこのオーダをバックワードに割り付けます。 
kOrderAssignmentDirectionPriorityこのオーダを優先度の割付け方向で割付けます。 

Order_Disabled
<TOrderDisabled>

説明
kOrderDisabled_Noこのオーダは割付け対象です。 
kOrderDisabled_Yesこのオーダは割付け対象外です。 


<TOrderResultStatus>

説明
kORNoneNone 
kORNotStartedNotStarted 
kORStartedRecursivelyStartedRecursively 
kORStartedNotRecursivelyStartedNotRecursively 
kORCompletedRecursivelyCompletedRecursively 
kORCompletedNotRecursivelyCompletedNotRecursively 
kORFirstProcFirstProc 
kORPriorityResPriorityRes 
kORDesignatedResDesignatedRes 


<TOrderRowContent>

説明
kOrderRowContent_OrderGanttオーダ行の内容をオーダガントチャートにします。 

Order_Type
<TOrderType>

説明
kOrderTypeSalesOrderこのオーダは受注オーダです。 
kOrderTypeManufacturingOrderこのオーダは製造オーダです。 
kOrderTypePurchaseOrderこのオーダは購買オーダです。 
kOrderTypeInventoryOrderAbsoluteその日時の在庫の数量を設定します。日時は計画基準日時より過去にしてください(計画基準日時は駄目です)。 
kOrderTypeUnofficialOrderこのオーダは内示オーダです。 
kOrderTypeInventoryOrderFluct数量が正の場合、在庫が増加します(入力指図がつきます)。負の場合は、在庫が減少します(出力指図がつきます)。 
kOrderTypeForecastOrderAsprova SCP 用プロパティ。期間と数量を指定して購買オーダを発生させます。 
kOrderTypeInventoryOrderPlanAsprova SCP 用プロパティ。安全在庫として、日時と数量または在庫日数を指定します。このオーダの数量は、在庫グラフには反映されません。 

DBIO_EnumString
<TOutputDBIOEnumString>

説明
kOutputDBIOEnumString_Standard列挙子を短い文字列でエクスポートします。 
kOutputDBIOEnumString_Detailed列挙子をわかりやすい文字列でエクスポートします(一部のプロパティのみ、対応)。 

Command_Message_ItemSwitchingFrequency
<TOutputItemSwitchingFrequency>

説明
kOutputItemSwitchingFrequency_Noメッセージを出力しません。 
kOutputItemSwitchingFrequency_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_ManufacturingOrderLeadTime_Average
<TOutputManufacturingOrderLeadTimeAverage>

説明
kOutputManufacturingOrderLeadTimeAverage_Noメッセージを出力しません。 
kOutputManufacturingOrderLeadTimeAverage_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_ManufacturingOrderLeadTime_Max
<TOutputManufacturingOrderLeadTimeMax>

説明
kOutputManufacturingOrderLeadTimeMax_Noメッセージを出力しません。 
kOutputManufacturingOrderLeadTimeMax_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_ManufacturingOrderLeadTime_Min
<TOutputManufacturingOrderLeadTimeMin>

説明
kOutputManufacturingOrderLeadTimeMin_Noメッセージを出力しません。 
kOutputManufacturingOrderLeadTimeMin_Yesメッセージを出力します。 

IMaster_NextResourceAbsolute
<TOutputMasterNextResourceAbsolute>

説明
kOutputMasterNextResourceAbsolute_No 
kOutputMasterNextResourceAbsolute_Yes 

Command_Message_NumAbsoluteInventories
<TOutputNumAbsoluteInventories>

説明
kOutputNumAbsoluteInventories_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumAbsoluteInventories_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumDummyResAssignedOperations
<TOutputNumDummyResAssignedOperations>

説明
kOutputNumDummyResAssignedOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumDummyResAssignedOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumESTViolationManufacturingOrders
<TOutputNumESTViolationManufacturingOrders>

説明
kOutputNumESTViolationManufacturingOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumESTViolationManufacturingOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumEventOrders
<TOutputNumEventOrders>

説明
kOutputNumEventOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumEventOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumForciblyAssignedOperations
<TOutputNumForciblyAssignedOperations>

説明
kOutputNumForciblyAssignedOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumForciblyAssignedOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumInputInstNotFullPeggedOperations
<TOutputNumInputInstNotFullPeggedOperations>

説明
kOutputNumInputInstNotFullPeggedOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumInputInstNotFullPeggedOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumManufacturingOrders
<TOutputNumManufacturingOrders>

説明
kOutputNumManufacturingOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumManufacturingOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumOperations
<TOutputNumOperations>

説明
kOutputNumOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumPurchaseOrders
<TOutputNumPurchaseOrders>

説明
kOutputNumPurchaseOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumPurchaseOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumRelativeInventories
<TOutputNumRelativeInventories>

説明
kOutputNumRelativeInventories_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumRelativeInventories_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumResQtyViolationOperations
<TOutputNumResQtyViolationOperations>

説明
kOutputNumResQtyViolationOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumResQtyViolationOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumSalesOrders
<TOutputNumSalesOrders>

説明
kOutputNumSalesOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumSalesOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumTardyManufacturingOrders
<TOutputNumTardyManufacturingOrders>

説明
kOutputNumTardyManufacturingOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumTardyManufacturingOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumTardySalesOrders
<TOutputNumTardySalesOrders>

説明
kOutputNumTardySalesOrders_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumTardySalesOrders_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumTimeConstraintViolationOperations
<TOutputNumTimeConstraintViolationOperations>

説明
kOutputNumTimeConstraintViolationOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumTimeConstraintViolationOperations_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_NumUnassignedOperations
<TOutputNumUnassignedOperations>

説明
kOutputNumUnassignedOperations_Noメッセージを出力しません。 
kOutputNumUnassignedOperations_Yesメッセージを出力します。 

Res_KeepLastAssigmentOrderOnEventObject
<TOutputResKeepLastAssigmentOrderOnEventObject>

説明
kOutputResKeepLastAssigmentOrderOnEventObject_Yes_PreserveSetupTimes作業の入れ替えを行います。 
kOutputResKeepLastAssigmentOrderOnEventObject_Yes作業の入れ替えを行いません。段取り時間は計算し直します。イベントオーダの作業が挿入された場合、製造オーダとイベントオーダの作業の間で段取り時間が計算されます。  

Command_Message_ResLoadPercentage_Average
<TOutputResLoadPercentageAverage>

説明
kOutputResLoadPercentageAverage_Noメッセージを出力しません。 
kOutputResLoadPercentageAverage_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_ResLoadPercentage_Max
<TOutputResLoadPercentageMax>

説明
kOutputResLoadPercentageMax_Noメッセージを出力しません。 
kOutputResLoadPercentageMax_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_ResLoadPercentage_Min
<TOutputResLoadPercentageMin>

説明
kOutputResLoadPercentageMin_Noメッセージを出力しません。 
kOutputResLoadPercentageMin_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_SetupTimePercentage
<TOutputSetupTimePercentage>

説明
kOutputSetupTimePercentage_Noメッセージを出力しません。 
kOutputSetupTimePercentage_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_TotalSetupTime
<TOutputTotalSetupTime>

説明
kOutputTotalSetupTime_Noメッセージを出力しません。 
kOutputTotalSetupTime_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_TrueWaitTime_Average
<TOutputTrueWaitTimeAverage>

説明
kOutputTrueWaitTimeAverage_Noメッセージを出力しません。 
kOutputTrueWaitTimeAverage_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_TrueWaitTime_Max
<TOutputTrueWaitTimeMax>

説明
kOutputTrueWaitTimeMax_Noメッセージを出力しません。 
kOutputTrueWaitTimeMax_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_TrueWaitTime_Min
<TOutputTrueWaitTimeMin>

説明
kOutputTrueWaitTimeMin_Noメッセージを出力しません。 
kOutputTrueWaitTimeMin_Yesメッセージを出力します。 

UseInst_QtyNotConsumedDuringSuspend
<TOutputUseInstQtyNotConsumedDuringSuspend>

説明
kOutputUseInstQtyNotConsumedDuringSuspend_No中断中に資源量を消費します。 
kOutputUseInstQtyNotConsumedDuringSuspend_Yes中断中に資源量を消費しません。 

Command_Message_WaitTime_Average
<TOutputWaitTimeAverage>

説明
kOutputWaitTimeAverage_Noメッセージを出力しません。 
kOutputWaitTimeAverage_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_WaitTime_Max
<TOutputWaitTimeMax>

説明
kOutputWaitTimeMax_Noメッセージを出力しません。 
kOutputWaitTimeMax_Yesメッセージを出力します。 

Command_Message_WaitTime_Min
<TOutputWaitTimeMin>

説明
kOutputWaitTimeMin_Noメッセージを出力しません。 
kOutputWaitTimeMin_Yesメッセージを出力します。 

ASGWindowProps_WindowTabType
<TOutputWindowTabType>

説明
kOutputWindowTabType_NoTabsウィンドウにスタイルのタブを表示しません 
kOutputWindowTabType_StyleTabsウィンドウにスタイルのタブを表示します 


<TPaletteColorIndex>

説明
kPaletteColor_Record1レコード表示色1 
kPaletteColor_Record2レコード表示色2 
kPaletteColor_Record3レコード表示色3 
kPaletteColor_Record4レコード表示色4 
kPaletteColor_Record5レコード表示色5 
kPaletteColor_Record6レコード表示色6 
kPaletteColor_Record7レコード表示色7 
kPaletteColor_Record8レコード表示色8 
kPaletteColor_Record9レコード表示色9 
kPaletteColor_Record10レコード表示色10 
kPaletteColor_Record11レコード表示色11 
kPaletteColor_Record12レコード表示色12 
kPaletteColor_Record13レコード表示色13 
kPaletteColor_Record14レコード表示色14 
kPaletteColor_Record15レコード表示色15 
kPaletteColor_Record16レコード表示色16 
kPaletteColor_Record17レコード表示色17 
kPaletteColor_Record18レコード表示色18 
kPaletteColor_Record19レコード表示色19 
kPaletteColor_Record20レコード表示色20 
kPaletteColor_Record21レコード表示色21 
kPaletteColor_Record22レコード表示色22 
kPaletteColor_Record23レコード表示色23 
kPaletteColor_Record24レコード表示色24 
kPaletteColor_Record25レコード表示色25 
kPaletteColor_Record26レコード表示色26 
kPaletteColor_Record27レコード表示色27 
kPaletteColor_Record28レコード表示色28 
kPaletteColor_Record29レコード表示色29 
kPaletteColor_Record30レコード表示色30 
kPaletteColor_Record31レコード表示色31 
kPaletteColor_Record32レコード表示色32 
kPaletteColor_AvailableTimeチャート - 稼働時間 
kPaletteColor_ChartPastBGチャート - 過去領域背景色 
kPaletteColor_ChartFrozenBGチャート - 確定領域背景色 
kPaletteColor_ChartDetailedBGチャート - 未来領域背景色 
kPaletteColor_BasisTimeLineチャート - 計画基準日時 
kPaletteColor_SchedulingStartTimeLineチャート - 計画開始日時 
kPaletteColor_TaskSetupチャート - 前段取り 
kPaletteColor_TaskTeardownチャート - 後段取り 
kPaletteColor_LoadGraphUsed負荷グラフ - 使用時間 
kPaletteColor_LoadGraphAvailable負荷グラフ - 稼働時間 
kPaletteColor_StockGraphRest在庫グラフ - 残量 
kPaletteColor_StockGraphProduce在庫グラフ - 製造 
kPaletteColor_StockGraphConsume在庫グラフ - 消費 
kPaletteColor_StockGraphIn在庫グラフ - 入荷 
kPaletteColor_StockGraphOut在庫グラフ - 出荷 
kPaletteColor_StockGraphMin在庫グラフ - 在庫MIN 
kPaletteColor_StockGraphMax在庫グラフ - 在庫MAX 
kPaletteColor_StockGraphTargetMin在庫グラフ - 目標在庫MIN 
kPaletteColor_ChartTopチャート上部 
kPaletteColor_ChartTopSunチャート上部(日曜日) 
kPaletteColor_ChartTopMonチャート上部(月曜日) 
kPaletteColor_ChartTopTueチャート上部(火曜日) 
kPaletteColor_ChartTopWedチャート上部(水曜日) 
kPaletteColor_ChartTopThuチャート上部(木曜日) 
kPaletteColor_ChartTopFriチャート上部(金曜日) 
kPaletteColor_ChartTopSatチャート上部(土曜日) 
kPaletteColor_ChartTopTextチャート上部文字 
kPaletteColor_ChartTopTextSunチャート上部文字(日曜日) 
kPaletteColor_ChartTopTextSatチャート上部文字(土曜日) 
kPaletteColor_TableOddRowテーブル - 奇数行 
kPaletteColor_TableEvenRowテーブル - 偶数行 
kPaletteColor_TableColHeaderテーブル - 上部 
kPaletteColor_TableRowHeaderテーブル - 左部 
kPaletteColor_TableColHeaderTextテーブル - 上部文字 
kPaletteColor_TableRowHeaderTextテーブル - 左部文字 
kPaletteColor_GridViewDefaultValueTextテーブル - デフォルト値 
kPaletteColor_NavigationViewColHeaderオブジェクトウィンドウ - 上部 
kPaletteColor_NavigationViewBodyオブジェクトウィンドウ - 本体 
kPaletteColor_PropertyViewColHeaderプロパティウィンドウ - 上部 
kPaletteColor_MessageViewColHeaderメッセージウィンドウ - 上部 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueNone受注予定表の日数量 - なし 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueNegative受注予定表の日数量 - ゼロより少ない 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueOriginal受注予定表の日数量 - 無比較 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueSame受注予定表の日数量 - 変化なし 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueIncreased受注予定表の日数量 - 増量 
kPaletteColor_SalesPlanDailyValueDecreased受注予定表の日数量 - 減少 
kPaletteColor_SalesPlanRemainingNegative受注予定表の残 - ゼロより少ない 
kPaletteColor_SalesPlanRemainingLessThanMin受注予定表の残 - 在庫MINより少ない 
kPaletteColor_SalesPlanRemainingLessThanTargetMin受注予定表の残 - 目標在庫MINより少ない 
kPaletteColor_SalesPlanRemainingWithinLimits受注予定表の残 - 計画範囲内 
kPaletteColor_SalesPlanRemainingMoreThanMax受注予定表の残 - 在庫MAXより多い 
kPaletteColor_EmphasisDisplayOff強調表示 - 強調でない色 
kPaletteColor_EmphasisDisplayOn強調表示 - 強調色 
kPaletteColor_QuickshootOrderUnderlineクイックシュートオーダ下線 
kPaletteColor_SummaryRowBG集計行 
kPaletteColor_SchedulingEndTimeLineチャート - 計画終了日時 
kPaletteColor_LoadGraphUseInstructionFilterUsed負荷グラフ - 使用時間(使用指図フィルタ式) 

Command_PegAndUpdateReplenishmentOrder
<TPegAndUpdateReplenishmentOrder>

説明
kPegAndUpdateReplenishmentOrder_NotSpecified 
kPegAndUpdateReplenishmentOrder_Noオーダ展開コマンドで紐付け、自動補充オーダの生成、削除、数量の割り当てなおしをしません。 
kPegAndUpdateReplenishmentOrder_Yesオーダ展開コマンドで紐付け、自動補充オーダの生成、削除、数量の割り当てなおしをします。 

Command_Peg_ConsiderInventoryMin
<TPegConsiderInventoryMin>

説明
kPegConsiderInventoryMinNo品目クラス在庫MINを無視して紐付けます。 
kPegConsiderInventoryMinYes品目クラスの在庫MINに設定された在庫量が確保できるまで出庫しないように紐付けます。 

Command_PeggingMethod
<TPeggingMethod>

説明
kPeggingMethodDefaultオーダの納期を使用して、FIFOで紐付けを行ないます。 
kPeggingMethod_LastAssignmentTime前回割付いた日時を使用して、FIFOで紐付けを行ないます。 

Peg_Type
<TPegType>

説明
kPegTypeInternal同一オーダ内の作業間の品目と数量の紐付けオブジェクトです。削除することはできません。青色で表示されます。重なり時間は製造BOMで定義します。 
kPegTypeExternal異なるオーダの作業間の品目と数量の紐付けオブジェクトです。ピンク色で表示されます。重なり時間は製造BOMで定義します。 
kPegTypeNextOrderConstraint作業間の重なり時間を定義する紐付けオブジェクトです。品目と数量の概念がありません。水色で表示されます。オーダの「次オーダ」プロパティまたはガントチャート上の紐付け編集機能で作成できます。 


<TPiledOperationDisplayMethod>

説明
kPiledOperationDisplayMethod_AccurateResQty資源量に忠実 
kPiledOperationDisplayMethod_All全作業表示 

ASGPrintProps_Orientation
<TPrintOrientation>

説明
kPrintOrientation_Portrait 
kPrintOrientation_Landscape用紙を縦向きに印刷します。 


<TPrintZoomMethod>

説明
kPrintZoomMethod_ZoomPercentズーム率をパーセントで設定します 
kPrintZoomMethod_RowsColsPerPageズーム率をページあたりの行・列数で設定します。 

Proc_Disabled
<TProcDisabled>

説明
kProcDisabled_Enabled作業を生成します。 
kProcDisabled_Disabled無効化された工程の作業は生成されません。 

DBIO_ProcessDeleteRecordType
<TProcessDeleteRecordType>

説明
kProcessDeleteRecordType_Update未使用です。外部データソースのレコードに削除フラグを立てます。 
kProcessDeleteRecordType_Delete未使用です。外部データソースのレコードを削除します。 

Command_ProductionTimeCalculation
<TProductionTimeCalculation>

説明
kProductionTimeCalculationMainRes主資源の能力値に基づきます。 
kProductionTimeCalculationLongestRes主資源とすべての副資源の能力値のうち、もっとも製造時間が長くなる(能力値の最も低い)能力値に基づきます。 
kProductionTimeCalculationLongestSubResすべての副資源の能力値のうちでもっとも製造時間が長くなる(能力値の最も低い)能力値に基づきます。 


<TPropDispOrder>

説明
kDisplayedProps各クラスにおけるプロパティの表示順を表示順設定で設定した順番に表示します。表示順設定に設定されていないプロパティは辞書順に表示されます。 
kAlphabetical各クラスのプロパティを辞書順に表示します。 

PropertyDef_IsSortedByID
<TPropertyDefIsSortedByID>

説明
kPropertyDefIsSortedByID_NoプロパティはオブジェクトIDでソートされていません。 
kPropertyDefIsSortedByID_Yesこのプロパティがオブジェクト型であれば、常にオブジェクトIDでソートされた状態になっています。 


<TPropertyID>

使用可能なプロパティの列挙値です。
PropMergeRule
<TPropMergeRule>

説明
kPropMergeRuleAlwaysInternalAsprova内部データを適用します。 
kPropMergeRulePrioritizeInternalAsprova内部データが空でないなら、内部データを適用します。空の場合は外部データソースのデータを適用します。 
kPropMergeRuleAlwaysExternal外部データソースのデータを適用します。 
kPropMergeRulePrioritizeExternal外部データソースのデータが空でないなら、外部データソースのデータを適用します。空の場合はAsprova内部データを適用します。 


<TPropShowType>

説明
kUsableプロパティウィンドウに使用可能なプロパティを表示します。 
kCurrSetプロパティウィンドウに値の設定されているプロパティを表示します。 
kUsableAndCurrSetプロパティウィンドウに全てのプロパティを表示します。 
kDisplayedPropertiesプロパティウィンドウに表示順が設定されているプロパティのみを表示します。 

Item_PurchaseOrderQtyCalcType
<TPurchaseOrderQtyCalcType>

説明
kPurchaseOrderQtyCalcTypeNormalFIFOで算出していきます。 
kPurchaseOrderQtyCalcTypeLeveling平準化されたロットサイズを算出し、サイズが極端に小さいロットが生成されることを避けます。 

Item_PurchaseOrderQtyLeftoverLast
<TPurchaseOrderQtyLeftoverLast>

説明
kPurchaseOrderQtyLeftoverLastNoサイズ計算によって生じた余りを含むロットを最初に紐付けします。 
kPurchaseOrderQtyLeftoverLastYesサイズ計算によって生じた余りを含むロットを最後に紐付けします。 

PurchaseUseBomInst_TimeConstraintMethod
<TPurchaseTimeConstraintMethod>

説明
kPurchaseTimeConstraintMethodES(End-Start) 前工程の終了日時と自工程の開始日時を関連付けます。 
kPurchaseTimeConstraintMethodSS(Start-Start) 前工程の開始日時と自工程の開始日時を関連付けます。前工程と自工程をオーバーラップさせる時に使用します。 
kPurchaseTimeConstraintMethodSSEE(Start-Start、End-End) 前工程の開始日時と自工程の開始日時および前工程の終了日時と自工程の終了日時を関連付けます。前工程と自工程をオーバーラップさせますが、自工程の製造時間が短く、開始日時で関係付けると前工程よりはやく自工程が終了してしまう時に使用します。 

Project_QtyCalcMethodIfQtyFixedLevelSame
<TQtyCalcMethodIfQtyFixedLevelSame>

説明
kQtyCalcMethodIfQtyFixedLevelSame_FromOrder常にオーダの数量を使って、最終工程から初工程に向かって計算します。 
kQtyCalcMethodIfQtyFixedLevelSame_FromLevel0OrderOtherwiseOperation最大の数量固定レベルが 0 ならオーダ数量から、そうでなければ作業の製造数量から計算します。例えば作業のステータスを「着手済み」にしたときに、その作業の製造数量から最終工程に向かって計算されるようになります。 

ReasonToBeInvalidated
<TReasonToBeInvalidated>

説明
kTReasonToBeInvalidated_NoValidMasterForOrderExplosionオーダ展開時に有効なマスタが存在しない。 
kTReasonToBeInvalidated_MasterLoop_MasterObjectループが検知されたマスタオブジェクト 
kTReasonToBeInvalidated_MasterLoop_InputInstループが検知されたマスタ入力指図 
kTReasonToBeInvalidated_MasterLoop_Itemループが検知された品目 
kTReasonToBeInvalidated_OrderExplosionFailure前回のオーダ展開でオーダ展開が失敗したオーダ 
kTReasonToBeInvalidated_MasterDuplication 
kTReasonToBeInvalidated_MasterLoop_IntegratedMaster製造BOMのループが検知された品目で、かつ、自動補充フラグが「いいえ」以外に設定されていた品目 
kTReasonToBeInvalidated_FailedToBuildGroupsグループの深さは上限20を超えています 
kTReasonToBeInvalidated_FoundLoopInsideGroupグループにループが発生しました 
kTReasonToBeInvalidated_UnneededResultOperation前回のオーダ展開で不要とされたが、実績が入っていたために削除していない作業 

AggregateSalesPlan_RelationToForecastOrder
<TRelationToForecastOrder>

説明
kRelationToForecastOrder_NoRelation 
kRelationToForecastOrder_HasRelation 

DailySalesPlan_RelationToAggregateSalesPlan
<TRelationToSalesPlan>

説明
kRelationToSalesPlanNoRelation大日程との関連はありません。 
kRelationToSalesPlanHasRelation大日程が削除されたら、自らも削除されます。 

Command_Import_RemoveAllObjectsBeforeExecute
<TRemoveAllObjectsBeforeImport>

説明
kRemoveAllObjectsBeforeImport_No何もしません。 
kRemoveAllObjectsBeforeImport_Yesインポート実行前に、プロジェクトの下のオブジェクト(品目やオーダなど)を削除します。 

Res_ResClass
<TResClass>

説明
kResClassSimpleResource単純資源です。 
kResClassMultipleResource多重資源です。 
kResClassFurnaceResource1資源の種別を炉資源(仕様1まとめ)にします。 
kResClassFurnaceResource2資源の種別を炉資源(仕様2まとめ)にします。 
kResClassFurnaceResource3資源の種別を炉資源(仕様3まとめ)にします。 
kResClassFurnaceResource4資源の種別を炉資源(仕様4まとめ)にします。 
kResClassFurnaceResourceAny資源の種別を炉資源にします。 

Res_Disabled
<TResDisabled>

説明
kResDisabled_Enabledこの資源は割付け対象です。 
kResDisabled_Disabledこの資源は割付け対象外です。 

Work_ResFixedFlag
<TResFixedFlag>

説明
kResFixedFlag_Unfixedこの作業は資源非固定です。 
kResFixedFlag_Fixedこの作業は資源固定です。 


<TResGanttDisplayMode>

説明
kResGanttDisplayMode_Operations作業を表示します。 
kResGanttDisplayMode_WorkingPattern稼働パタンを表示します。 

Res_IsTemplate
<TResIsTemplate>

説明
kResIsTemplate_No何もしません。 
kResIsTemplate_Yesオーダ展開時にETO資源を生成します。資源グループである場合は、「テンプレート資源」が「はい」の資源グループメンバも自動的に生成します。 

Res_ResLockDisallowSameParentSameRes
<TResLockDisallowSameParentSameRes>

説明
kResLockDisallowSameParentSameResNo親作業に依存するような資源ロックが指定された場合、同一親作業に紐付けされている複数の作業に対して同じ資源での割付を禁止しません。マスタ使用指図の資源ロック時間プロパティに設定がある場合は、資源クラスのこのプロパティは無視します。 
kResLockDisallowSameParentSameRes_Yes親作業に依存するような資源ロックが指定された場合、同一親作業に紐付けされている複数の作業に対して同じ資源での割付を禁止します。マスタ使用指図の資源ロック時間プロパティに設定がある場合は、資源クラスの同名プロパティに設定があっても無視します。 

Res_PriceType
<TResourcePriceType>

説明
kResourcePriceType_None資源の費用を計算しません。 
kResourcePriceType_Outsource資源の費用を製造数量と請負単価で計算します。 
kResourcePriceType_Hourly 


<TResourceRowContent>

説明
kResourceRowContent_ResGantt資源行の内容をガントチャートにします。 
kResourceRowContent_ResLoadRatio資源行の内容を負荷率のグラフにします。 
kResourceRowContent_ResLoadAbsolute資源行の内容を負荷量のグラフにします。 

Res_Type
<TResourceType>

説明
kResourceTypeMainResource資源の種別を主資源にします。 
kResourceTypeSubResource資源の種別を副資源にします。 
kResourceTypeOutsource資源の種別を外注資源にします。 
kResourceTypeDummyマスタを使って割付けられなかった資源を割付ける資源です。 
kResourceTypeCustomer受注オーダ/購買オーダを割付ける資源です。 
kResourceTypeInventory在庫オーダを割付ける資源です。 
kResourceTypeDefaultSales受注オーダを割付けるデフォルトの資源です。 
kResourceTypeDefaultPurchase購買オーダを割付けるデフォルトの資源です。 
kResourceTypeDefaultInventory在庫オーダを割付けるデフォルトの資源です。 
kResourceTypeSupplierAsprova SCPで使用します。末端の原料品目のサプライヤです。この拠点の品目を登録しなくても、購買オーダが割付くようになります。 
kResourceTypeFactory製造オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。 
kResourceTypeShipping購買オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。 
kResourceTypeDistributionCenter購買オーダを割り付ける資源です。Asprova SCPで使用します。 

Res_PullProdTaskToLaterAssignedTask
<TResPullProdTaskToLaterAssignedTask>

説明
kResPullProdTaskToLaterAssignedTask_Yes製造タスクを後に割り付くタスクになるべく近づけます。 
kResPullProdTaskToLaterAssignedTask_No製造タスクを後に割り付くタスクに近づけません。 

Res_ConstrainResQty
<TResQtyConstraintMethod>

説明
kResQtyConstraintMethodConstrain資源量制約をありにします。 
kResQtyConstraintMethodNoConstraint資源量制約をなしにします。 
kResQtyConstraintMethodAccordingToResQty資源量制約を資源量に応じてにします。 

Command_ResSelectionType
<TResSelectionType>

説明
kResSelectionTypeOptimalResource評価値の一番大きい資源に割付けます。 
kResSelectionTypePriorityResource資源優先度が一番高い資源にのみ割付けてみます。 
kResSelectionTypeCurrentResource現在割付いている資源に割付けます。初めて割付く分割子作業は、分割前に割付いていた資源を現資源とします。非分割作業の場合は「出現順」が選択されたときと同じになります。 
kResSelectionTypeFirstResource最初に見つかった資源に割付けます。 

ResTime_Type1
<TResTimeType1>

説明
kResTimeType1WorkingTime稼働時間の資源時系列です。 
kResTimeType1MainRes主資源の製造時間の資源時系列です。 
kResTimeType1SubRes副資源の製造時間の資源時系列です。 
kResTimeType1IntSetupRes主資源の前段取りの資源時系列です。 

ResTime_Type2
<TResTimeType2>

説明
kResTimeType2Start開始の資源時系列です。 
kResTimeType2End終了の資源時系列です。 
kResTimeType2Suspend中断の資源時系列です。 
kResTimeType2Resume再開の資源時系列です。 
kResTimeType2WorkingTimeMiddleカレンダに複数のシフトコードを登録することにより発生する、資源量が非ゼロ値から非ゼロ値の異なる値へ変化する日時の資源時系列です。 

Project_ResultHandlingTypeV9
<TResultHandlingType>

説明
kResultHandlingTypeOperationTable作業の実績フィールドで実績を管理します。 
kResultHandlingTypeResultTable実績テーブルで実績を管理します。 

Result_OverwriteFlag
<TResultOverwriteFlag>

説明
kResultOverwriteFlag_Noすでに作業に設定されている実績よりも以前の状態の実績の場合、この実績は破棄されます。 
kResultOverwriteFlag_Yesすでに作業に設定されている実績よりも以前の状態の実績の場合、上書きして実績を戻すことができます。 

Result_ResultRecursiveFlag
<TResultRecursiveFlag>

説明
kResultRecursiveFlag_No 
kResultRecursiveFlag_Yes 

Res_ResultsEntryFlag
<TResultsEntryFlag>

説明
kResultsEntryFlag_NotSpecified 
kResultsEntryFlag_Mandatory実績情報が入っていない作業が常に計画開始日時以降に割付けられます。 
kResultsEntryFlag_NotMandatory指示済み作業が過去にになったら他の情報がない限り計画通りだったと見なされます。 


<TRowExpansionState>

説明
kRowChildrenShown行は展開されています。 
kRowChildrenHidden行は展開されていません。 
kRowNoChildren行は展開できません。 

ASGTableViewProps_RowResizeMethod
<TRowResizeMethod>

説明
kRowResizeMethodIndividual行の高さの変更を列ごとに行います。 
kRowResizeMethodAll行の高さの変更を一括で行います。 

SalesPlan_PeriodEnum
<TSalesPlanPeriod{>

説明
kSalesPlanPeriodMonth011ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth022ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth033ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth044ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth055ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth066ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth077ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth088ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth099ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth1010ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth1111ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodMonth1212ヶ月です。 
kSalesPlanPeriodExpr期間式で期間を設定します。 
kSalesPlanPeriodWeek011週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek022週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek033週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek044週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek055週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek066週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek077週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek088週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek099週間です。 
kSalesPlanPeriodWeek1010週間です。 

SalesPlan_RecalcDailyQty
<TSalesPlanRecalcDailyQty>

説明
kSalesPlanRecalcDailyQtyOnce初回のみ、日割り数量を算出します。 
kSalesPlanRecalcDailyQtyEveryTime毎回日割り数量を算出します。 
kSalesPlanRecalcDailyQtyNothing無効です。 

Command_ScheduleEvaluator_SaveData
<TScheduleEvaluatorSaveData>

説明
kScheduleEvaluatorSaveDataNoSaveセーブしません。 
kScheduleEvaluatorSaveDataSave上書き保存します。 
kScheduleEvaluatorSaveDataSaveAs名前をつけてバックアップを作成します。Ar4ファイル名(Command_ScheduleEvaluator_FileName)に名前を指定します。 

Project_SetupTimeCalculation
<TSetupTimeCalculation>

説明
kSetupTimeCalculationMax静的段取り、動的段取りの中の最大値を前段取り時間にします。ただし、動的段取りは、最初に動的段取りが見つかった資源上で隣り合う作業同士しか計算しません。 
kSetupTimeCalculationSum静的段取り、動的段取りの中の合計値を前段取り時間にします。ただし、動的段取りは、最初に動的段取りが見つかった資源上で隣り合う作業同士しか計算しません。 

Object_SharedObject
<TSharedObject>

説明
kSharedObjectNoこのオブジェクトは共有オブジェクトではありません。 
kSharedObjectYesこのオブジェクトは共有オブジェクトです。 

ASGGraphicalBOMViewProps_ShowActionButtons
<TShowActionButtons>

説明
kShowActionButtons_No操作ボタンを表示しません。 
kShowActionButtons_Yes操作ボタンを表示します。 

ASGDispatchingViewProps_ShowAllTimePeriods
<TShowAllTimePeriods>

説明
kShowAllTimePeriods_No作業が割りついていない時間帯も行として表示しません 
kShowAllTimePeriods_Yes作業が割りついていない時間帯も行として表示します 

ASGTimeChartProps_ShowDialogAfterTimeAdjustment
<TShowDialogAfterTimeAdjustment>

説明
kShowDialogAfterTimeAdjustment_DontShowダイアログを表示しません。 
kShowDialogAfterTimeAdjustment_ShowDialogダイアログを表示します。 
kShowDialogAfterTimeAdjustment_ShowDialogOnlyIfCtrlKeyIsPressedCtrlキーを押した時にダイアログを表示します。 

Command_ShowWindow_ShowEmptyWindow
<TShowEmptyWindow>

説明
kShowEmptyWindowNoオブジェクトが無ければ起動しません 
kShowEmptyWindowYesオブジェクトが無くても起動します 

ASGWindowProps_ShowInPropertyWindow
<TShowInPropertyWindow>

説明
kShowInPropertyWindow_Noプロパティウィンドウにタブを表示しません。 
kShowInPropertyWindow_Yesプロパティウィンドウにタブを表示します。 

ASGTimeChartProps_ShowLabel
<TShowLabel>

説明
kShowLabel_No付箋が表示されません。 
kShowLabel_Yes付箋が表示されます。 

Command_ShowWindow_WindowType
<TShowWindowType>

説明
kShowWindowTypeDBIO 
kShowWindowTypeIntegratedMaster 
kShowWindowTypeMenu 
kShowWindowTypeTableWindowStyle 
kShowWindowTypeChartWindowStyle 
kShowWindowTypeIntegratedMasterWindowStyle 
kShowWindowTypeWorkInstructionsWindowStyle 
kShowWindowTypeAggregateSalesPlan 
kShowWindowTypeSalesPlan 
kShowWindowTypePurchaseScheduleSummary 
kShowWindowTypeManufacturingScheduleSummary 
kShowWindowTypeKPIEvalResult 
kShowWindowTypeToolbar 
kShowWindowTypePeggedOrderGantt 
kShowWindowTypePurchaseMaster 
kShowWindowTypeDispatchingView 
kShowWindowTypeOrderGantt 
kShowWindowTypeResGantt 
kShowWindowTypeInvGraph 
kShowWindowTypeLoadGraph 
kShowWindowTypeLeadGraph 
kShowWindowTypeLETGraph 
kShowWindowTypeHtmlGraph 
kShowWindowTypeOperationGantt 
kShowWindowTypeGraphicalIntegratedMaster 
kShowWindowTypeOrder 
kShowWindowTypeResource 
kShowWindowTypeItem 
kShowWindowTypeCalendar 
kShowWindowTypeShift 
kShowWindowTypeProcess 
kShowWindowTypeCustomer 
kShowWindowTypeChangeN1 
kShowWindowTypeChangeN2 
kShowWindowTypeChangeN3 
kShowWindowTypeChangeN4 
kShowWindowTypeChangeR 
kShowWindowTypeChangeI 
kShowWindowTypeSpec1 
kShowWindowTypeSpec2 
kShowWindowTypeSpec3 
kShowWindowTypeSpec4 
kShowWindowTypeResTime 
kShowWindowTypeOperation 
kShowWindowTypePeg 
kShowWindowTypeInputInstructionMaster 
kShowWindowTypeOutputInstructionMaster 
kShowWindowTypeUseInstructionMaster 
kShowWindowTypeTaskMaster 
kShowWindowTypeItemTime 
kShowWindowTypeInputWorkInstruction 
kShowWindowTypeOutputWorkInstruction 
kShowWindowTypeUseInstruction 
kShowWindowTypeSchedEvalResult 
kShowWindowTypeMessage 
kShowWindowTypeSchedulingParameter 
kShowWindowTypeExpressionRepository 
kShowWindowTypeClassDef 
kShowWindowTypePropertyDef 
kShowWindowTypeInCodeFunction 
kShowWindowTypeResEval 
kShowWindowTypeEvent 
kShowWindowTypeEventCounter 
kShowWindowTypeHoliday 
kShowWindowTypeSupplyDemand 

ASGTimeChartProps_ShowWorkingTimeAboveUseInstructionBars
<TShowWorkingTimeAboveUseInstructionBars>

説明
kShowWorkingTimeAboveUseInstructionBars_No使用指図バーの上にも稼働時間を表示しません。 
kShowWorkingTimeAboveUseInstructionBars_Yes使用指図バーの上にも稼働時間を表示します。 

ASGTimeChartProps_SimpleRenderMode
<TSimpleRenderMode>

説明
kSimpleRenderMode_No資源ガントチャートをスクロールしながら常に作業バーを全て表示します。 
kSimpleRenderMode_Yes資源ガントチャートをスクロールしながら作業バーの製造部分だけを表示し、スクロールがよりスムーズに表示されます。 

Project_SkipCalcLLC
<TSkipCalcLLC>

説明
kSkipCalcLLC_No次回リスケジュール時の冒頭でローレベルコードを計算をスキップしません。 
kSkipCalcLLC_Yes次回リスケジュール時の冒頭でローレベルコードの計算をスキップします。 


<TSortExprSortType>

説明
kSESortAscending昇順 
kSESortDescending降順 

Work_SplitRecursiveOneToOneForward
<TSplitRecursiveOneToOneForward>

説明
kSplitRecursiveOneToOneForwardNo一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入っても、後工程の分割は分割の設定どおりに行ないます。 
kSplitRecursiveOneToOneForwardYes一部の分割作業に計画数量と異なる実績数量が入った場合、後工程の分割は前工程の分割作業の製造数量の比率で分割し、紐付けが1対1になるようにします。 

Work_SplitReduceExcessQty
<TSplitReduceExcessQty>

説明
kSplitReduceExcessQty_NotSpecified 
kSplitReduceExcessQty_No分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っていても調整しません。 
kSplitReduceExcessQty_Yes分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、調整します。 
kSplitReduceExcessQty_YesCalcResult分割ルート作業の製造数量(元の数量)と分割子作業の製造数量の総和が違っている場合、他の分割作業の実績数量を加味して調整します。 

SqlCommandType
<TSqlCommandType>

説明
kCommandFullText更新するレコードごとにSQL構文を送信し、またサーバにてコンパイルして、データを更新します。 
kCommanddParameterSQL構文送信及びコンパイルは一回だけ行い、あとはデータだけをパラメータとして渡しますので、その分早くなります。SQL ServerのStored Procedure を利用するのと同じ位置付けです。 

ASGTimeChartProps_StartDayOfMonth
<TStartDayOfMonth>

説明
kStartDayOfMonth_Day01表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは1日です。 
kStartDayOfMonth_Day02表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは2日です。 
kStartDayOfMonth_Day03表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは3日です。 
kStartDayOfMonth_Day04表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは4日です。 
kStartDayOfMonth_Day05表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは5日です。 
kStartDayOfMonth_Day06表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは6日です。 
kStartDayOfMonth_Day07表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは7日です。 
kStartDayOfMonth_Day08表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは8日です。 
kStartDayOfMonth_Day09表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは9日です。 
kStartDayOfMonth_Day010表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは10日です。 
kStartDayOfMonth_Day011表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは11日です。 
kStartDayOfMonth_Day012表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは12日です。 
kStartDayOfMonth_Day013表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは13日です。 
kStartDayOfMonth_Day014表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは14日です。 
kStartDayOfMonth_Day015表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは15日です。 
kStartDayOfMonth_Day016表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは16日です。 
kStartDayOfMonth_Day017表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは17日です。 
kStartDayOfMonth_Day018表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは18日です。 
kStartDayOfMonth_Day019表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは19日です。 
kStartDayOfMonth_Day020表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは20日です。 
kStartDayOfMonth_Day021表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは21日です。 
kStartDayOfMonth_Day022表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは22日です。 
kStartDayOfMonth_Day023表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは23日です。 
kStartDayOfMonth_Day024表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは24日です。 
kStartDayOfMonth_Day025表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは25日です。 
kStartDayOfMonth_Day026表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは26日です。 
kStartDayOfMonth_Day027表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは27日です。 
kStartDayOfMonth_Day028表示設定の単位期間が1か月の時の期間の区切りは28日です。 
kStartDayOfMonth_Day029 
kStartDayOfMonth_Day030 
kStartDayOfMonth_Day031 

ASGTimeChartProps_StartDayOfWeek
<TStartDayOfWeek>

説明
kStartDayOfWeek_MON表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは月曜日です。 
kStartDayOfWeek_TSU表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは火曜日です。 
kStartDayOfWeek_WED表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは水曜日です。 
kStartDayOfWeek_THU表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは木曜日です。 
kStartDayOfWeek_FRI表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは金曜日です。 
kStartDayOfWeek SAT表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは土曜日です。 
kStartDayOfWeek_SUM表示設定の単位期間が1週間、2週間、3週間、4週間のいずれかの時の期間の区切りは日曜日です。 

Object_StatusFlag
<TStatusFlag>

説明
kNoneこのレコードは変更はありません。 
kAddedこのレコードは追加されました。 
kModifiedこのレコードは編集されました。 
kDeletedこのレコードは削除されました。 

Object_StatusFlagExt
<TStatusFlagExt>

説明
kNoneExtこのレコードは外部での変更はありません。 
kAddedExtこのレコードは外部で追加されました。 
kModifiedExtこのレコードは外部で編集されました。 
kDeletedExtこのレコードは外部で削除されました。 

ASGWorkspace_StringDisplayMethod
<TStringDisplayMethod>

説明
kSDM_InternalValuesオブジェクト、プロパティを内部値で表示します。 
kSDM_StandardLocalizedStringsオブジェクト、プロパティを標準文字列で表示します。 
kSDM_LocalizedStringsWithUserAliasesオブジェクト、プロパティをユーザ定義文字列で表示します。 

ASGWorkspace_StyleManagement
<TStyleManagement>

説明
kStyleManagement_EachUser各ユーザがスタイルを独自に管理します。MESなどの非スケジューラモジュールの場合はスタイルを各マシン上のXMLファイルを保存して管理します。 
kStyleManagement_ProjectManager各ユーザのスタイルはプロジェクト管理者が作成し、割り当てます。一般ユーザはスタイルを変更することはできません。各マシン上にスタイルXMLファイルがあってもインポートしません。 

ASGTimeChartProps_SuspendTimeDisplayMethod
<TSuspendTimeDisplayMethod>

説明
kSuspendTimeDisplayMethod_Bottom中断時間のバーが行の下に細く表示されます。 
kSuspendTimeDisplayMethod_Thin中断時間のバーが行の中央に細く表示されます。 
kSuspendTimeDisplayMethod_Thick中断時間のバーが行の中央に太く表示されます。 
kSuspendTimeDisplayMethod_Full中断時間と使用時間のバーの表示を区別しません。 

PropertyDef_TabID
<TTabID>

説明
kTabIDBasicユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDTermユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDSpecユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDSettingsユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDInventoryユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDLotユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDWorkDivisionユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDCodeGenerationユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDFixedLevelユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDTaskユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDAssignInfoユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDResultユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDFilterユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDCalendarユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDEvaluationユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDCommonユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDInternalユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDTableViewユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDTimeAxisユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDBarユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDChartContentユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDResGanttユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDOrderGanttユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDInventoryGraphユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDLoadGraphユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 
kTabIDAllPropertiesユーザ指定所属タブに値が設定されていない場合、プロパティウィンドウでこのタブ上に表示されます。 

ASGWorkspace_TableInstanceType
<TTableInstanceType>

説明
kTableInstanceType_No同じ種類のウィンドウがあっても常に新規のウィンドウを開きます 
kTableInstanceType_Yes同じ種類のウィンドウがあったら、それを再利用します 

Command_TargetInventoryMinOrderDirection
<TTargetInventoryMinOrderDirection>

説明
kTargetInventoryMinOrderDirectionForward目標在庫MINのための補充オーダの割付け方向をフォワードにします。 
kTargetInventoryMinOrderDirectionBackward目標在庫MINのための補充オーダの割付け方向をバックワードにします。 

TaskMaster_Type
<TTaskMasterType>

説明
kTaskMasterTypeSetupTask 
kTaskMasterTypeProductionTask 
kTaskMasterTypeTeardownTask 
kTaskMasterTypeResLockTask 

TCExprArg_Dir
<TTCExprArgDir>

説明
kTCExprArgDir_Forward 
kTCExprArgDir_Backward次工程作業をフォワードで割り付けていることを示します。 

Command_TemporaryOperationFix
<TTemporaryOperationFix>

説明
kTemporaryOperationFixTerminalOperationsフォワードのオーダに関しては第一工程の作業を、バックワードのオーダに関しては最終工程の作業を一時固定します。フォワードの場合、在庫オーダのみに紐付けされている先頭工程の作業は末端作業とします。 
kTemporaryOperationFixAssignedOperations現在すでに割付いている作業を一時固定します。 
kTemporaryOperationFixNeckOperationsネック資源フラグがついている資源に既に割付いている作業を一時固定します。 
kTemporaryOperationFixNone一時固定しません。 

InputBomInst_TimeConstraintMethod
<TTimeConstraintMethod>

説明
kTimeConstraintMethodES(End-Start) 前工程の終了日時と自工程の開始日時を関連付けます。 
kTimeConstraintMethodSS(Start-Start) 前工程の開始日時と自工程の開始日時を関連付けます。前工程と自工程をオーバーラップさせる時に使用します。 
kTimeConstraintMethodSSEE(Start-Start、End-End) 前工程の開始日時と自工程の開始日時および前工程の終了日時と自工程の終了日時を関連付けます。前工程と自工程をオーバーラップさせますが、自工程の製造時間が短く、開始日時で関係付けると前工程よりはやく自工程が終了してしまう時に使用します。 
kTimeConstraintMethodESE(End-Start-Each) 前工程の製造終了日時と自工程の任意の日時を関連付けます。前工程の作業が分割されている場合に、分割した作業それぞれの製造数量に合わせて自工程の任意の日時と関係付けをします。分割されていない場合はESと同じように割付きます。 
kTimeConstraintMethodEES(End-Each-Start) 前工程の任意の日時と自工程の製造開始日時を関連付けます。自工程の作業が分割されている場合に、分割した作業それぞれの製造数量に合わせて前工程の任意の日時と関係付けをします。分割されていない場合はESと同じように割付きます。 
kTimeConstraintMethodSSEEE(Start-Start、End-End-Each) 前工程の作業が分割されている場合に、分割したそれぞれの作業の製造開始日時と製造終了日時を分割した作業の製造数量に合わせて自工程の作業の日時と関連付けをします。SSEEとESEが融合したイメージです。分割されていない場合はSSEEと同じように割付きます。重なり時間の“;C”には対応していません。 
kTimeConstraintMethodESSEE(Each-Start-Start、End-End) 自工程の作業が分割されている場合に、分割したそれぞれの作業の製造開始日時と製造終了日時を分割した作業の製造数量に合わせて前工程の作業の日時と関連付けをします。SSEEとEESが融合したイメージです。分割されていない場合はSSEEと同じように割付きます。重なり時間の“;C”には対応していません。 

TimeSpanUnit
<TTimeSpanUnit>

説明
kTimeSpanUnitSecondsデータは秒単位です。時間型のプロパティのときのみ有効。 
kTimeSpanUnitMinutesデータは分単位です。時間型のプロパティのときのみ有効。 
kTimeSpanUnitHoursデータは時間単位です。時間型のプロパティのときのみ有効。 
kTimeSpanUnitDaysデータは日単位です。時間型のプロパティのときのみ有効。 

Transaction
<TTransaction>

説明
kTransactionNoトランザクション処理を行いません。
エクスポート中にエラーが発生した場合、それまでの処理をそのまま反映します。 
kTransactionYesトランザクション処理を行います。
エクスポート中にエラーが発生した場合、そのテーブルをロールバックします。それまでにエクスポートが完了していた「トランザクション」プロパティが「はい」のDBIOオブジェクトのテーブルもロールバックします(ただし、同一エクスポートコマンド内でのエクスポートに限ります)。 

Project_UnassignOperationOnMasterDeleted
<TUnassignOperationOnMasterDeleted>

説明
kUnassignOperationOnMasterDeleted_No割付け解除しません。 
kUnassignOperationOnMasterDeleted_Yes割付け解除します。 

ASGTimeChartProps_UnitTermAfterJump
<TUnitTermAfterJump>

説明
kUnitTermAfterJump_Autoジャンプ後のセル幅が20ピクセル未満の場合、最適な単位期間に自動調整します。最小の単位期間は1日です。行数が多く画面内に表示しきれない場合、行の高さが低くなりすぎないように、行の高さを自動調整します。(Ver.12制限機能) 
kUnitTermAfterJump_StyleUnitTermスタイルの「単位期間」の設定に従います。 


<TUnitTermType>

説明
kUnitTermType_None指定されていません 
kUnitTermType_SeparationTime区切り時刻 
kUnitTermType_TimeAxisUnitTerm集計単位期間がこれに設定されている場合は、時間軸の単位期間を集計単位期間として使う 
kUnitTermType_1Hourチャートの列の幅の単位を1時間にします。 
kUnitTermType_2Hoursチャートの列の幅の単位を2時間にします。 
kUnitTermType_3Hoursチャートの列の幅の単位を3時間にします。 
kUnitTermType_4Hoursまとめ期間の単位を4時間にします。 
kUnitTermType_6Hoursチャートの列の幅の単位を6時間にします。 
kUnitTermType_8Hoursチャートの列の幅の単位を8時間にします。 
kUnitTermType_12Hoursチャートの列の幅の単位を12時間にします。 
kUnitTermType_1Dayチャートの列の幅の単位を1日にします。 
kUnitTermType_1Weekチャートの列の幅の単位を1週間にします。 
kUnitTermType_2Weeksチャートの列の幅の単位を2週間にします。 
kUnitTermType_3Weeksチャートの列の幅の単位を3週間にします。 
kUnitTermType_4Weeksチャートの列の幅の単位を4週間にします。 
kUnitTermType_1Monthまとめ期間の単位を1ヶ月にします。 

Command_UseCombinationSetup
<TUseCombinationSetup>

説明
kUseCombinationSetup_Yes前後依存段取りの設定を適応します。 
kUseCombinationSetup_No前後依存段取りの設定を適応しません。 
kUseCombinationSetup_NotSpecified 

UseInstMaster_Type
<TUseInstMasterType>

説明
kUseInstMasterTypeMainResource資源の種別を主資源にします。 
kUseInstMasterTypeSubResource資源の種別を副資源にします。 
kUseInstMasterTypeSetupSubResource資源の種別を内段取り資源にします。旧ASPROVAモードのときのみ使用。 

ASGDispatchingViewProps_UseInstructionCellColorMethod
<TUseInstructionCellColorMethod>

説明
kUseInstructionCellColorMethod_Orderバーの表示色をオーダの表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Itemバーの表示色を品目の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Resourceバーの表示色を資源の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Spec1バーの表示色を仕様1の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Spec2バーの表示色を仕様2の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Spec3バーの表示色を仕様3の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Spec4バーの表示色を仕様4の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Processバーの表示色を工程の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Customerバーの表示色を顧客の表示色にします。 
kUseInstructionCellColorMethod_Expressionバーの表示色をバー表示色式によって決めます。 
kUseInstructionCellColorMethod_FinalItemバーの表示色をオーダの品目の表示色にします。 

ASGDispatchingViewProps_UseInstructionMoveAssignRestriction
<TUseInstructionMoveAssignRestriction>

説明
kUseInstructionMoveAssignRestriction_Normal仕様や次資源制約など、資源の制約を適応します。 
kUseInstructionMoveAssignRestriction_IgnoreSpecAndNextRes仕様や次資源制約など、資源制約を無視します。 

User_LogInStatus
<TUserLogInStatus>

説明
kUserLogInStatus_Logoutこのユーザはログアウトしています。 
kUserLogInStatus_Loginこのユーザはログインしています。 

User_OriginalFlag
<TUserOriginalFlag>

説明
kUserOriginalFlagNoこのユーザはNLS/DSのユーザテーブルに登録したユーザで、二番目以降ログインしたユーザです。 
kUserOriginalFlagYesこのユーザはNLS/DSのユーザテーブルに登録したユーザです。 

User_ProjectCheckOut
<TUserProjectCheckOut>

説明
kUserProjectCheckOutNoこのユーザはプロジェクトをロックしていません。 
kUserProjectCheckOutYesこのユーザはプロジェクトをロックしています。 

User_UserType
<TUserType>

説明
kUserType_No一般ユーザの権限が付与されています。 
kUserType_Yes一般ユーザに比べて権限が付与されています。 

PropertyDef_ValueType
<TValueType>

説明
kValueTypeVoid何も値を返さないデータ型です。 
kValueTypeInt4整数値です。

-2、-1、0、1、2・・・などの数字です。 
kValueTypeTime日時の値です。

2003/06/01 12:00:00。 
kValueTypeTimeSpan時間を秒に直した整数値です。

1分なら60になります。 
kValueTypeEnum定まった数の選択項目の中で一つ選択します。

ワークスペース/文字列表示設定では列挙値として内部値、標準文字列、ユーザ定義文字列の三つの選択項目があり、
その中で一つ選択できます。 
kValueTypeEnumDef列挙値に関する定義内容が設定されています。 
kValueTypeFloat8実数値です。

1.5、3.141592等です。 
kValueTypeSymbol文字列です。
ダブルクォーテーション()で囲む、半角英、数、カナ、全角漢字が使用可能。
文字列の途中のブランクは使用可。一部のフィールドでは文字列の前後のブランク(半角)は無視されます。
特殊文字の使用可能な文字は以下の通りで、2文字以降からのみ使用できます。
!$%'()=~<>/[]{}@+#
コードの中に*と?を使用することはできません。 
kValueTypeDateExpr日付表現です。曜日、日、日又は曜日の範囲を指定します。

曜日:月、火、水、木、金、土で指定します。英語でmon、tue、wed、fri、sat、sunでも可能です
日:2003/06/01、
日又は曜日の範囲:月-金、2003/06/03-2003/06/08。 
kValueTypeQtyExpr所要量を指定する式です。
◇テキスト形式で記述します
 
kValueTypeDurationExpr所要時間(製造時間)です。
◇テキスト形式で記述します
 
kValueTypeTimeExpr時間表現です。旧ASPROVA互換

30/ s1; 2H+30@ 充填; H1D
意味
前(自)工程の開始日時からその副資源1に沿って30分、そこから資源充填1に沿って2時間半、さらにその次の日のはじめ 
kValueTypeResLockV9資源ロック時間表現です。旧ASPROVA互換

40%M;30#P;500
意味
自分の作業の製造時間の40%+親作業が割り付いた資源の30個分の製造時間+500分間ロックしたい。 
kValueTypeResBufferTime資源バッファ時間表現です。 旧ASPROVA互換

2D+3H$充填;30$充填1;%50、
意味
前(自)工程の開始日時からその副資源1に沿って30分、そこから資源充填1に沿って2時間半、さらにその次の日のはじめ 
kValueTypeOrderRel次ロットを指定します。旧ASPROVA互換

LOT1,PR1;LOT2,PR1
意味
このロットが終了した後、LOT1の工程PR1とLOT2の工程PR1が開始できる。 
kValueTypeHalfwayProcess途中工程の製造数量等を指定します。旧ASPROVA互換

I=I1,EST=2003/6/01 12:00;PROC=PR2,Q=30
意味
I1を出力品目とする工程の最早開始日時を2003/6/01 12:00に、工程PR2の数量を30に指定する。 
kValueTypeOrderResultV9現在進行中の工程、ステータス、完了数量、割付け主資源を指定します。

PR01,S,50,RES1
意味
工程PR01が着手済みで50こまで完了している。製造している主資源はRES1である。 
kValueTypeShiftExpr日ごとに稼動する時間帯と資源量を示します。
◇テキスト形式で記述します。
 
kValueTypeConditionalExpr注目しているオブジェクトに対して論理演算を行い、真か偽かを返します。
書き方は以下のとおりです。Qty<=100 && ( Spec1 == A || Spec1 == B )
意味
Qtyが100より大きいか同じで且つSpec1がA又はBの場合は真である。
オブジェクトの例は以下の通りである。
 
kValueTypeFilterExprフィルタ式です。

 
kValueTypeSortExpressionソート式です。

 
kValueTypeGroupingExpressionグループ化式です。

 
kValueTypeEnumSpec 
kValueTypeConditionedValue条件式と値の配列です。

Qty<=100. 2002/1/5 12:00:00; , 2002/1/8 12:00:00 
kValueTypeTimedValue時間とともに変化する日時の値を定義します。 
kValueTypeFunctionTabley = f(x)の形の関数を指定します。
補間方法の指定により以下のような関数となります。
◇テキスト形式
 
kValueTypeWBSKeyオブジェクトのキーとなる名前を文字列で表示します。 
kValueTypeWBSRefオブジェクトへの参照を文字列で表示します。 
kValueTypeWBSRefAutoGenerateオブジェクトへの参照の文字列が自動生成されます。 
kValueTypeObjectオブジェクト型のデータでオブジェクトを設定します。 
kValueTypeUint40~4294967295の間の値。 
kValueTypeTimeSeries日時の値です。

2002/1/1 12:00:00 
kValueTypeDailyCalendar一日毎のシフトの情報をもっているデータ型です。

2003/06/01のシフトは8:00-12:00;13-18:00である。 
kValueTypeDailyOvertimeList残業時間の情報をもっているシフトデータ型です

8:00-17:00,1,0; 18:00-19:00,1,1; 19:00-20:00,1,2
   8時から17時までは資源量1で残業レベル0
   18時から19時までは資源量1で残業レベル1
   19時から20時までは資源量1で残業レベル2 である。 
kValueTypeSpareTimeList余裕時間の情報をもっているデータ型です。 
kValueTypeSpareTimeInt4List整数型空き時間リストの情報をもっているデータ型です。 
kValueTypeSpareTimeFloat8List実数型空き時間リストの情報をもっているデータ型です。 
kValueTypeChartRowInfoListチャート行情報リストをもっているデータ型です。 
kValueTypeBool真か偽がを表すデータ型です。 
kValueTypeExpression式を記述できるデータ型です。 
kValueTypeFontフォントの情報が入っているデータです。
数多い書式記号により設定が煩雑であるフォーマット文字列の編集を簡単に行うことができるユーザーインターフェースを通して値を設定します。 
kValueTypeTimeExprTime基準となる日時とオフセット期間を設定します。相対日時を使うと、「計画基準日時の2日後日の始め」のように指定することが出来ます。

計画基準日時が98/7/4 15:32:10で1日の区切り時刻が9:00:00ならば、97/7/6 9:00:00を表します。計画基準日時が変われば、相対日時で表される日時も変わります。 
kValueTypeTimeOfDay時刻型データです。

2002/1/8 12:00:00 
kValueTypeRestorablePointersオブジェクトのIDを表示するデータ型です。 
kValueTypeControlBarInfoウィンドウのドック位置などを表す内部使用データ型です。 

WorkInst_VirtualFlag
<TVirtualFlag>

説明
kVirtualFlag_No 
kVirtualFlag_Yes 

ASGWorkspace_DefaultWindowTabType
<TWindowTabType>

説明
kTWindowTabType_NotSpecified 
kTWindowTabType_NoTabsウィンドウにタブを表示しません 
kTWindowTabType_StyleTabsウィンドウの下にスタイルのタブを表示します 


<TWindowType>

説明
kWindowTypeNotSpecifiedウィンドウのタイプが指定されていません 
kTableWindowテーブルウィンドウ 
kTimeChartWindowチャート・グラフウィンドウ 
kObjectWindowオブジェクトウィンドウ 
kMessageWindowメッセージウィンドウ 
kPropertyWindowプロパティウィンドウ 

Work_AssignmentDirection
<TWorkAssignmentDirection>

説明
kWorkAssignmentDirectionNone指定されていません。 
kWorkAssignmentDirectionForward割付け対象の作業の割付け方向をフォワードにします。 
kWorkAssignmentDirectionBackward割付け対象の作業の割付け方向をバックワードにします。 
kWorkAssignmentDirectionForceForward割付け対象の作業の割付け方法を強制フォワードにします。 
kWorkAssignmentDirectionForceBackward割付け対象の作業の割付け方法を強制バックワードにします。 

Work_ImportAssignFlag
<TWorkImportAssignFlag>

説明
kWorkImportAssignFlag_NotSpecified何もしません。 
kWorkImportAssignFlag_Assignインポート時に割付けます。詳しくは、ヘルプ「HelpNo.:757450」を参照してください。 

Work_LastAssignmentDir
<TWorkLastAssignmentDir>

説明
kWorkLastAssignmentDirNone 
kWorkLastAssignmentDirForward 
kWorkLastAssignmentDirBackward 
kWorkLastAssignmentDirForceForward 
kWorkLastAssignmentDirForceBackward 

Work_Status
<TWorkStatus>

説明
kWorkStatus_Unspecified指定されていません。 
kWorkStatus_Unscheduled一度も割付けられていません。 
kWorkStatus_Scheduled割付けられたことがあります。 
kWorkStatus_Instructed指示済みです。 
kWorkStatus_Frozen確定です。 
kWorkStatus_Started着手済みです。 
kWorkStatus_Completed完了です。 

Work_Type
<TWorkType>

説明
kWorkTypeOperation作業(旧ASPROVAではジョブ)です。 
kWorkTypeSplitOperationRoot分割作業のルートです。 
kWorkTypeProductionTask製造タスクです。 
kWorkTypeSetupTask前段取りタスクです。 
kWorkTypeTeardownTask後段取りタスクです。 
kWorkTypeResLockTask資源ロックタスクです。 

ASGWorkspace_ZoomMethod
<TZoomMethod>

説明
kZoomMethod_SimpleZoomマウスカーソルがテーブル、チャートのどこにいても同じようにズームイン、ズームアウトします。 
kZoomMethod_EnableVerticalAndHorizontalZoomチャートではCTRLキーを押しながらマウスホイールを動かした時、マウスカーソルが左部テーブル上にある場合は行の高さが変わり、チャート部ヘッダー上にある場合は列幅が変わります。また、「形状」が「吹き出し」の付箋オブジェクトのサイズはズームによらず、付箋オブジェクトの「矩形高さ」「矩形幅」がそのまま見た目のサイズになります。テーブルでのズームは単純ズームと同じです。 


<RO> : 読み取り専用
<Multi> : 配列型(1から始まります)

<入門> : 入門モードで表示されます
<標準> : 標準モードで表示されます

参照



HelpNo.:COMENUM10001


© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.