メモリ使用量の節約法


大量のデータを設定すると、多くのメモリを消費しますが、データの設定の仕方を工夫することで、メモリを節約することができます。
パソコンに搭載したメモリやアプリケーションで使用できるメモリの限界に達しそうなどの場合は、ぜひ参考にして下さい。

1.製造BOMテーブルの不必要な出力指図を削除する

節約できるメモリ=削減できた指図数×数十Byte

合流工程や分岐工程をともなわない工程(直線の工程のみ)であり、かつ、マスタ出力指図にスクラップ数や歩留まり数などを設定していないのであれば、マスタ出力指図は省略可能ですので、削除して構いません。また、削除したことにより、パフォーマンスには影響しません。
削除してもリスケジュールするたびに生成されてしまう、という場合は、計画パラメタの「マスタ指図自動生成」(設定タブ)が「入力指図と出力指図」か「入力指図と出力指図(中間品)」になっているはずです。これを空にするか「入力指図」としてください。


2.デフォルト値を利用する&不要な値はセットしない

節約できるメモリ=削減できたプロパティ数×8~12強Byte

例えば製造BOMのマスタ使用指図の必要資源量やオーダの優先度など、同じ値をセットすることになるような場合、プリセットのデフォルト値を利用するか新たにデフォルト値をセットし、オブジェクトには実際に値をいれないで済ませることが出来ます。
デフォルト値についてはこちらをご覧下さい。

また、以下のプロパティについては1や0が設定されているなら、設定しなくても問題ありません。

設定不要なプロパティ

マスタ使用指図クラス、品目クラス、資源クラス、オーダクラス、プロジェクトクラス

製造効率に1か0が設定されている場合

マスタ使用指図クラス、品目クラス、資源クラス

作業ロットサイズMINに0が設定されている場合

作業ロットサイズMAXに0が設定されている場合

作業ロットサイズUNITに0が設定されている場合


また、マスタ入力指図クラスでは、前段取り、製造、後段取りに何も設定されていなければ、製造列に「1」が設定されているときと同じと見なしますので、以下のような設定は省略できます。


3.製造BOMを効率よく設定する

節約できるメモリ=削減できた指図数×数十Byte

品目名が異なるだけでまったく同じか、一部をのぞいてほとんど同じマスタを使用している場合、それらのマスタを1つにまとめてしまうことができます。
その場合は品目クラスのオーダ展開用品目もしくはオーダクラスのオーダ展開用品目を使用します。
例えば、A1、A2というマスタがほとんど同じ品目がある場合は、「A」という品目でマスタを登録し、A1、A2の「オーダ展開用品目」プロパティに「A」を登録すればよいです。マスタが一部だけ異なる場合は有効条件式を使って使い分けると良いでしょう。例えば、A1とA2で、資源が異なる場合は、マスタ使用指図を2つ用意し、それぞれのマスタ使用指図の有効条件式に「ME.Order.Item=='A1'」「ME.Order.Item=='A2'」と設定すればよいでしょう。


4.カレンダーテーブルを整理する

節約できるメモリ=削減できたカレンダー数×数十Byte

日毎に1つのカレンダーを登録するのではなく、毎日を表す「*」、曜日、2006/6/1-2006/6/7 といった期間指定と並び順を使用することにより、効率よくカレンダーを登録することが出来ます。


5.メッセージの出力を少なくする

節約できるメモリ=削除できたメッセージ行数×数十Byte

プロジェクトの設定タブにある「割付け中のメッセージレベル」プロパティは「エラーのみ」「簡易」「詳細」のいずれかが選択できます。前者であればあるほどメッセージの出力が少なくなるため、使用メモリー量を削減できます。
ただし、導入中やマスタを変更・追加した場合、スケジュール結果を詳細に検証したい場合は、メッセージの内容を確認することはとても重要です。そのような場合は「詳細」にして有効にメッセージを活用しましょう。


6.スケジュール評価結果オブジェクトを少なくする

節約できるメモリ=削除できた評価オブジェクトの行数×数百Byte

スケジュール評価コマンドの「評価結果オブジェクト数の上限」プロパティで設定できます。評価結果オブジェクト数の上限の値を超えると古いものから削除しますので、値が小さいほどメモリ使用量を抑えることができます。
スケジュール評価コマンドごとに個別に設定することもできます。また、デフォルト値を変更することで個別に設定されていないものすべてに適用することもできます。
必要に応じた値を設定して有効に活用しましょう。



HelpNo.:8990100
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.