ロジック9

既知の動作


イベントオーダが割り付くことで、イベントオーダが割り付かない資源に空きが出来る場合があります。

これは、イベントオーダを挿入して割り付けているために発生します。イベントオーダ割付け時に、可能な限り通常の作業の入れ替えを行っていますが、データによっては以下のような空き時間が発生してしまいます。


例えば以下のように割り付いている状態に、資源 混合1にイベントオーダを割り付けるとします。


混合1にイベントオーダを割り付ける際、上記の混合1に割り付いた作業の順序を守るようにイベントオーダを割り付けます。そのため、混合1に割り付いている作業は、イベントオーダが入った分だけ右にずれることになります。混合1の作業が右にずれることで、後工程の作業も時間制約を守るために右にずれます。結果、以下の図の赤丸のように空きが発生します。



HelpNo.:8000900
© 2017 Asprova Corporation, All rights reserved.