割付け停止


計画パラメタに条件を設定し、その条件に合う作業が割り付いた直後に割付けを一時停止します。
その作業が割り付いた際の、割り付き状況を確認することができます。

条件の設定

計画パラメタの設定タブにある、

「割付け停止条件式」プロパティ

に、割付けを一時停止したい条件を設定します。
設定した条件がTRUEになる作業を割付けた直後、その作業が選択されて(その作業にスクロールします)、割付け処理が一時停止します。

一時停止すると、以下のコマンド停止中のダイアログが表示されます。
このダイアログが表示されていても、資源ガントチャートなどのチャートやテーブルを操作することが可能です。


コマンド停止中ダイアログ

コマンド停止中ダイアログには、以下のようなボタンなどがあり、条件の変更・割付けの再開などができます。


割付け処理を再開します。


割付けを停止するかどうかのダイアログを表示します。


はい => 割付け処理を停止して、ダイアログを閉じます。

いいえ => コマンド停止中のダイアログに戻ります。

条件式の編集

式編集ダイアログを表示します。割付けを停止する条件を編集できます。

作業

現在停止状態にある作業のコードです。

割付け

対象の作業の状態です。



制約

・ 割付け停止機能は、あくまで現象の確認のための機能です。
割付け停止を行なった後のリスケジュール結果は、割付け停止を行なわなかったときのりスケジュール結果と極力同じになるようにしていますが、一部、同じにならないことがあります。
  例:作業の「ディスパッチング順」プロパティ
  例:ディスパッチングルールに起因するケース

・ 以下のコマンドでは、割付けを停止できません。
   ・アジャストメント
   ・時間方向負荷平準化
   ・資源方向負荷平準化
   ・並び順制御

・ 重なりMAX、資源ロックでつながった作業に関しては、1回の割付けで複数の作業の割付けを行なうため、たとえば「割付け停止条件式」に作業コードを指定しても停止できないことがあります。
たとえば、作業コード「01:10」と「01:20」の工程の間に重なりMAXが設定されている場合、フォワードのときは「割付け停止条件式」に「01:20」と指定しても、停止しません。(「01:10」なら停止します)

・オーダ収集コマンドの替わりにオーダ収集(GUIで選択されたもの)、作業収集コマンドの替わりに作業収集(GUIで選択されたもの)を使用した場合、選択された2個目のオーダ、2個目の作業以降は割り付けられません。これは途中停止するたびにGUI選択が解除されるためです。

・ オーダ展開コマンドで割付けられる在庫オーダの割付けを停止することは出来ません。

・ オーダ割付け・紐付けコマンドの中で割付けられる受注オーダと購買オーダの割付けを停止することは出来ません。

・ ディスパッチング順に並べる機能(計画パラメタに同名のプロパティがあります)とは併用できません。



HelpNo.:779700
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.