複合スケジューリング


Asprovaはコマンドを組替えることで、リスケジュールの内容を作成することが出来ます。

典型的なものとしては、複数のスケジューリングパラメタを連続して実行する複合スケジューリングがあります。

計画コマンド編集ダイアログを使用して、2つの計画パラメタを1つの親となるコマンドに登録します。

  1. 新規ボタンを押して新規コマンド名を入力して、親となる空のコマンドを作成します。(既存コマンドをコピーするのチェックははずしておきます)
  2. コマンド一覧から先ほど作成した親のコマンドを選択し、カスタムコマンドの一覧から追加したいパラメタを選択して、追加ボタンを押します。
  3. もう1つ追加したいパラメタも同様に、コマンド一覧から先ほど作成した親のコマンドを選択し、カスタムコマンドの一覧から追加したいパラメタを選択して、追加ボタンを押します。
  4. OKボタンを押して、計画コマンド編集ダイアログを閉じます。

作成した親となるコマンドをツールバーから選択して、リスケジュールボタンを押すと、親のコマンドに追加した計画パラメタを順次実行します。


HelpNo.:778000
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.