ステータス

ステータス


ステータスは作業の状態を表します。
ステータスには以下の種類があります。

未計画

まだ一度もスケジュールされていない状態です。

計画済み

既ににスケジュールされたことがある状態です。

指示済み

指示済みの作業は基本的には全固定と同様に、リスケジュールしてもその日時、資源から動きません。
全固定と異なる点は以下の通りです。
前工程との時間関係に違反していると、リスケジュール時に時間制約に違反しない日時に割付け直されます。
資源の実績入力フラグプロパティが“非必須”の場合、割付け開始日時より前に割り付いている状態でリスケジュールしても、極力その位置に割付けます。(実績入力フラグプロパティが“必須”なら、割付け開始日以降に割付けます。)

確定

確定された作業は無限能力バックワードで割付けられます。
また、計画開始日時以前でも、稼働時間が無くなっても割り付いている日時、資源から絶対に動かなくなります。
マスタの能力値や製造効率、製造数量を変更してリスケジュールしても、製造時間は変化しません。

着手済

実績を表すステータスです。まだ完了していない作業で、設定した実績データによって無限能力バックワードで割付きます。
マスタの能力値や製造効率、製造数量を変更すると、リスケジュールで製造時間が変化します。

完了

実績を表すステータスです。完了した作業で、設定した実績データによって無限能力バックワードで割付きます。
実績開始日時と実績終了日時の両方を設定していない場合、マスタの能力値や製造効率、製造数量を変更すると、リスケジュールで製造時間が変化します。

実績については、こちらをご覧ください。


HelpNo.:755000
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.