次資源制約

次資源制約


ある資源で作業が行われた場合、その次の工程が行われる資源を制限することを次資源制約と呼びます。ライン生産などで必要となる機能です。次資源制約フィールドには、その資源に割付いた作業の次工程が割付くことができる1つ以上の資源の資源コードを並べます。例えば4工程のラインが下図のようになっている場合は、



次資源制約は、資源とマスタ使用指図に設定できます。

資源に設定した場合は、その資源に割り付くすべてに対して、同じ次資源制約が適用されます。
下の設定例は上の図を元に資源の次資源制約を設定した場合です。

資源テーブル
資源次資源制約
R11 
R21 
R31 
R12R13;R23
R32R33
R13R14
R23R24
R33R34
R14 
R24 
R34 

上の例にでフォワードに割付ける場合は、R12に割付けた作業の次工程は次資源制約によりR13かR23に割付くように次資源制約がはたらきます。逆にバックワードの場合はR13に割付けた作業の前工程はR12に割付くように次資源制約がはたらきます。この場合「R12がR13の前資源である」ということができます。


マスタ使用指図の次資源制約を設定した場合は、品目と資源の組み合わせで次資源を設定できます。

例えば、以下の図のように、品目Aと品目Bは各工程に設定した使用指図の資源は同じですが、次資源の設定を行うことで、前工程が資源R32に割り付いた場合でも、後工程の資源は品目AがR33が次資源となり、品目BがR23とR33が次資源となります。


資源とマスタ使用指図の双方に次資源が設定されている場合は、マスタ使用指図の次資源が優先され、資源の次資源の設定は無視されます。

次資源が指定されない場合は制約がないことを意味します。



次資源の絶対化

次資源制約には絶対的次資源制約と相対的次資源制約があります。
次資源制約の絶対化の設定は、以下のプロパティで行うことが出来ます。

 計画パラメタ“次資源制約を絶対化する”プロパティにチェックをつけるすべての資源、マスタ使用指図の次資源制約を絶対化したのと同じ
 資源“次資源制約を絶対化する”プロパティを“はい”にするその資源の次資源制約を絶対化
 マスタ使用指図“次資源制約を絶対化する”プロパティを“はい”にするそのマスタ使用指図(品目と資源)の次資源制約を絶対化

絶対的次資源制約

絶対的次資源制約は次資源(あるいは前資源)として指定された資源以外には絶対に割り付かない、という制約です。
フォワードで割付ける場合は、ある作業の次工程を割付けるときに「次資源に該当する候補資源がないため割付けに失敗する」ということは通常はありません。次資源は明示的に指定されるものであり、指定がない場合は次資源制約そのものが働かないからです。一方バックワードの場合は、前資源が暗黙(間接的)に指定されるため、注意して設定しないと「前資源に該当する候補資源が無いため割付けに失敗する」ことがあります。例えば、次のように設定されているとします。

資源
資源次資源
工程1用資源-1工程2用資源-1
工程1用資源-2工程2用資源-1
工程2用資源-1 
工程2用資源-2 

工程1の候補資源は工程1用資源-1と工程1用資源-2ですが、いずれも次資源が工程2用資源-1なので、工程2用資源-2を次資源とする(あるいは次資源が設定されていない)資源が存在しない、すなわち「前資源が無い」状態になってしまいます。このときたまたま、工程2の作業が工程2用資源-2に割付いてしまうと、その前工程の作業が割付くことの出来る資源がないために割付けに失敗してしまいます。


相対的次資源制約

相対的次資源制約は仮割付けの評価時に加味されるものです。「次資源制約の重み」に大きな値が設定されていると、指定された次資源(あるいは前資源)に該当する仮割付けには高い評価値が与えられ、該当しないものには低い評価値が与えられることになります。すなわち「次は出来るだけこの資源に割付けたい」というのが相対的次資源制約です。



次資源制約の適用対象

次資源制約は資源テーブルの次資源に値を設定する他に、製造BOMの使用指図で同じ指図コードが設定されている必要があります。

例えば下のような資源テーブルの設定があるとします。

資源
資源次資源
資源A 
資源B 
資源1資源11
資源2資源12
資源11 
資源12 

下の製造BOMでは資源1と資源11、資源2と資源12が同じ指図コードなので次資源制約が考慮されます。

製造BOM
工程指図種別指図コード品目/資源
PR1使用指図M資源A
PR1使用指図S0資源1,資源2
PR2使用指図M資源B
PR2使用指図S0資源11,資源12

下の製造BOMでは資源1と資源11、資源2と資源12が異なる指図コードなので次資源制約が考慮されません。

製造BOM
工程指図種別指図コード品目/資源
PR1使用指図M資源A
PR1使用指図S0資源1,資源2
PR2使用指図M資源B
PR2使用指図S1資源11,資源12

HelpNo.:748000
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.