炉資源

資源区分


炉資源は複数の作業を同時に開始し、同時に終了するように割付ける資源です。同時に作業が割付けられるかどうかは、以下の条件がすべて満たされてはじめて同時に割り付けられると判断します。また、同時間帯に割り付いているすべて作業に対して条件を確認します。


炉資源で同時に処理できる上限の設定

炉資源は複数の作業を同時に割付けますが、同時に処理できる上限は、カレンダーの資源量と、製造BOMの使用指図の必要資源量によって決まります。

例えば、カレンダーの資源量が4で、使用指図の必要資源量が1の場合は、4つの作業まで割付け可能です。
カレンダーの資源量が4で、使用指図の必要資源量が2なら2つまで、必要資源量が0.5なら8つの作業まで割付け可能です。


同時に処理できる上限を、作業の製造数量に依存させたい場合は、資源の「割付け資源量フラグ」プロパティを使用します。

仕様に同じ値が設定されている

同時に炉資源に割付けられるかどうかを、オーダもしくは品目の仕様の値で判断します。仕様は1から4までありますので、どの仕様を適用するかは、資源区分で設定します。


炉資源(仕様1)仕様1の値が同じなら同時に割付けることができます。
炉資源(仕様2)仕様2の値が同じなら同時に割付けることができます。
炉資源(仕様3)仕様3の値が同じなら同時に割付けることができます。
炉資源(仕様4)仕様4の値が同じなら同時に割付けることができます。
炉資源(任意仕様)仕様の値に関わらず同時に割付けることができます。

仕様5以上で判断する場合は、炉まとめ追加条件式を使います。


炉まとめ追加条件式を満たす

同時に炉資源に割付けられるかどうかを、資源の炉まとめ追加条件式プロパティに式で設定します。
式の評価が成功してかつ、結果が同じであれば同時に割付けることができます。

使い方は二つあります。

1. 単純にプロパティの値が同じかどうかの場合

比較したいプロパティを書きます。

例:

同じ顧客

ME.Order.Customer

同じ仕様10

GetApplicableSpec(10, ME)

2. 高度な比較をしたい場合

MEとOTHERキーワードを使って比較します。MEは今割付けようとする作業で、OTHERがその時間帯に割り付いている作業です。

例:

数値仕様1の差が10以下

Abs(GetApplicableNumSpec(1, ME) - GetApplicableNumSpec(1, OTHER)) <= 10


注:

※式の中にOTHERが使われていない場合、割付け済み作業と割付けようとする作業両方に対して式を評価し、式の評価が成功してかつ結果が同じであれば同時間帯に処理することが出来ると判断します。

※式の中にMEとOTHERが存在する場合、MEは今割付けようとする作業で、OTHERがその時間帯に割り付いている作業にして式を評価し、式の評価が成功してかつ戻り値がTRUEであれば同時間帯に処理することが出来ると判断します。


製造時間が同じ

製造タスクの場合、割付け時の作業の製造時間が同じ場合のみ同時に割付けることができます。

※割付けた結果として同時に割付けられるかどうかは、上記の条件以外にも割付け状況などによって影響を受けます。


HelpNo.:747000
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.