セル結合

操作方法


テーブル表示で同一値のセルを結合して表示します。

結合したいセルの列見出し部分からポップアップメニューを表示して、“セル結合”を選択します。
セル結合の対象は、セル結合を実行した列とその左側の列になります。セル結合の対象の列の値が同じ場合にセル結合します。
結合したセルでは、スクロールしても、表示上の一番上のセルに設定されている内容が表示されます。(Ver.11.0.2 以降)

セル結合を解除するには、列見出し部分からポップアップメニューを表示して、“セル結合の解除”を選択します。

セル結合を実行したセルの左も結合対象となりますので、通常は以下の手順でセル結合を実行します。

  1. セル結合をしたい列をテーブル表示の左に移動します。
  2. セル結合をしたい最も右の列で“セル結合”を実行します。

セル結合の例

上のイメージは、オーダテーブルで品目と最遅終了日時の2つ列をセル結合した結果です。


セル結合した列の背景色に関しては、プロパティ定義の「背景色式」は有効ですが、「背景色式」が設定されていない場合は白になります。

セル結合している列の左に別の列を移動した場合、移動した列もセル結合対象に入ります。


※製造BOMに関しては、初期時にセル結合してあり、固定となっています。


HelpNo.:743300
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.