仕様別名、数値仕様別名

操作方法


計画設定の「設定」タブにある、

「仕様別名」プロパティ」
「数値仕様別名」プロパティ

に文字列を設定することで、仕様・数値仕様の別名を設定することができます。


仕様および数値仕様は複数あります。「仕様別名」プロパティも「数値仕様別名」プロパティも、セミコロンで区切って複数設定できます。
セミコロンで区切った1つめが仕様1に、2つめが仕様2に、というようにセミコロンで区切った順番と仕様・数値仕様の番号が対応します。


「仕様別名」プロパティ、「数値仕様別名」プロパティの設定は、以下の部分に反映します。1箇所に設定するだけで、複数の箇所に反映できます。

・オーダテーブルの列見出し

・品目テーブルの列見出し

・資源テーブルの列見出し

・テーブル表示メニューの中のメニュー文字列



こちらの方法のように、プロパティやクラスの別名を設定する方法もありますが、設定箇所が多く、また、手順が面倒なため、上記の2つのプロパティからの設定をお勧めします。


HelpNo.:743245
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.