新規クラス定義の追加

操作方法


新しいクラス定義を追加できます。

新規クラスの追加

新しいクラス定義の追加をするには、メニューの「テーブル表示/高度な設定/新規クラス追加」を選択します。


以下の新規クラス追加のダイアログが表示されますので、「クラス定義名」と「テーブル名」を入力します。
通常は、クラス定義名とテーブル名は同じでよいです。


追加したクラスは、テーブル表示メニューに追加されます。


追加したクラスにプロパティを追加する方法は新規プロパティ定義の追加で行います。



また、オブジェクトウィンドウからも追加することもできます。
オブジェクトウィンドウ上のプロジェクトの下にあるクラス定義の上で右クリックして表示されるポップアップメニュー「新規クラス定義追加」を選択します。



新規クラスのデータ入出力

新規クラスのデータ入出力のオブジェクトは自動で1つ作成されますので、インポート、エクスポートするときには、これを使います。
データ入出力オブジェクトを複製する場合は、内部テーブル名に新規クラス定義のダイアログ上で「テーブル名」に指定した文字列を入力します(上記手順を例とすると「MyClass1」)。


新規クラスでオブジェクトを階層的に構築したときのインポート/エクスポートについて

新規クラスは、COM などからオブジェクトを階層的に追加することができますが、その場合は、エクスポートを実行すると、オブジェクトを再帰的に取得して、すべてのオブジェクトをエクスポートします。エクスポートした結果を見ると、それらのオブジェクトは、すべて同一階層にあるかのようにエクスポートされます。
ただし、インポートすることによって階層構造を構築することは出来ません。

例を挙げて説明します。以下は、拡張プラグイン集の資源別品目別日別生産数テーブル作成機能を使って、新規テーブルを作成した結果です。
このテーブルは、各資源において、各品目が、日別にどの程度生産されたかを示していて、以下のように資源ごとに階層構造をとるように構築されます。


このテーブルをエクスポートすると、以下のようにエクスポートされます。


次に、インポートを実行してみます。Asprova内部で、新規クラスオブジェクトをすべて削除します。


エクスポートしたテキストファイルをインポートすると、以下のように非階層構造になります。つまり、階層構造をもったテーブルは、そのままエクスポート、インポートすることが出来ません。
GUI上で新規クラスにて、階層構造を構築した場合は、エクスポートのときはまだそれほど問題がないかも知れませんが、インポート機能が犠牲になる、ということに注意してください。



HelpNo.:743220
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.