レイアウト

操作方法


チャートやテーブルの位置、ドッキング状態、適用されているスタイルの情報を複数登録しておいて、後でそれを利用することができます。これがレイアウト設定機能です。

■操作方法

新規レイアウト

現在のチャート・テーブルの位置、ドッキング状態、適用されているスタイルをレイアウトとして登録します。レイアウト名を入力するダイアログが表示されますので、重複のない名前を入力して下さい。


レイアウトを保存

現在のチャート・テーブルの位置、ドッキング状態、適用されているスタイルを任意のレイアウトに上書き保存します。既に登録されているレイアウト名がサブメニューに表示されるので、コピー先を選択して下さい。


レイアウトを削除

任意のレイアウトを削除します。登録されているレイアウト名がサブメニューに表示されるので、削除したいレイアウト名を選択して下さい。


レイアウトを選択する

メニューのセパレーターの下に、登録されているレイアウトが表示されます。これを選択すると、レイアウトの内容が即座に反映されます。



備考

フローティングウィンドウの位置とサイズは絶対数字なので、Asprovaウィンドウのサイズを変更してもレイアウト適用の結果は新しいサイズに合うようになっていません。

レイアウトに保存されたスタイルは、プロジェクトに保存されているスタイルの表示設定が適用されます。
レイアウトに保存した後に、表示設定を変更してスタイルを上書き保存した内容がレイアウト適用時に反映されます。(Ver.14.1以降)
Ver.14.1未満のバージョンでは、レイアウトを保存したときの表示設定に基づいて表示していました。



HelpNo.:743150
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.