スタイル設定

操作方法


チャートやテーブルの表示に関する設定内容を、チャート/テーブルの種類毎に複数登録しておいて、後でそれを利用することができます。これがスタイル設定機能です。用意されている機能は以下の通りです

  • 現在の表示設定の内容に名前を付けてスタイルとして登録する
  • 任意のスタイルを選択して既に開いているウィンドウの表示設定を更新する
  • 任意のスタイルをデフォルトスタイル(新規にウィンドウを作成したときのスタイル)にする
  • スタイルを明示的に指定してウィンドウを作成する
  • スタイルを削除する
  • 任意のスタイルの内容を現在の表示設定の内容で置き換える

スタイル設定の内容はスタイルテーブルに保存されます。スタイルテーブルにて、スタイルの表示・非表示や表示順などのさまざま操作が可能です。


■操作方法

新規スタイル

現在の表示設定の内容をスタイルとして登録します。新規スタイルを選択するとスタイル名を入力するダイアログが表示されますので、重複のない名前を入力して下さい。

スタイルを上書き保存

現在の表示設定の内容を今選択しているスタイルに上書き保存します。スタイルを選択していない(標準スタイルを選択している)場合は、新規スタイルと同じ動作になります。

スタイルを削除

任意のスタイルを削除します。登録されているスタイルがサブメニューに表示されるので、削除したいスタイルを選択して下さい。
削除したいスタイルを選択すると、確認メッセージが表示されます。「はい」を選択すると削除されます。「いいえ」を選択すると削除しません。
スタイルがまだ1つも保存されていないなら、このメニューは表示されません。

デフォルトスタイルを指定

新規にグラフウィンドウを開いたときに暗黙に適用されるスタイルを選択します。登録されているスタイルがサブメニューに表示されるので、デフォルトスタイルにしたいスタイルを選択して下さい。<標準スタイル>を選ぶと、Asprovaが予め持っている初期値を設定します。デフォルトスタイルの初期値は<標準スタイル>です。

XMLエクスポート

スタイルの情報をXMLファイル形式でエクスポートします。サブメニューからエクスポートしたいスタイル名を選択します。
詳細はこちらをご覧下さい。

スタイルを選択する

メニューのセパレーターの下に、<標準スタイル>と登録されているスタイルが表示されます。これを選択すると、設定内容が現在アクティブなチャート/テーブルに即座に反映されます。

スタイル管理

ワークスペースの「スタイル管理」を「プロジェクト管理者」にすると、一般ユーザは以下の操作ができなくなります。(Ver.15制限機能)

1.上記の新規スタイル、スタイルを上書き保存、スタイルを削除、デフォルトスタイルを指定
2.スタイルタブ上の右クリックメニューなどから行えるスタイルの非表示、再表示、表示順の変更
3.スタイルのXMLファイルのインポート
4.スタイルテーブルにある「非表示フラグ(プロパティウィンドウ)」プロパティの編集

ユーザ毎、モジュール毎のスタイルの共有方法についてはこちらをご覧ください。


■対象ウィンドウ

スタイルは、プロジェクトに属しているテーブル、タイムチャート、製造BOM、差立てビュー、HTMLビュー、メッセージウィンドウ、オブジェクトブラウザ、購買BOM(SCPのみ)に適用できます。


■スタイルのカテゴリ

タイムチャートやテーブルウィンドウは表示設定の内容によってウィンドウのカテゴリが動的に判定されます。スタイルメニューには、そのカテゴリに属するスタイルのみ表示されます。

タイムチャートには以下のカテゴリがあります。

  • 資源ガントチャート
  • オーダガントチャート
  • 負荷グラフ
  • 在庫グラフ
  • リードタイムグラフ
  • 納期遵守率グラフ
  • カスタムチャート

テーブルウィンドウは、クラス毎にカテゴリを設けています。その他に、「カスタムテーブル」という特別なカテゴリがあります。

また、その他のカテゴリとして

  • 製造BOM
  • 作業指示
  • HTMLビュー

などがあります。

※「カスタムテーブル」や「カスタムチャート」は複数の種類の最上位オブジェクトが混ざっているウィンドウに該当するカテゴリです。


■スタイルに含まれないプロパティ

スタイルを反映/保存した時、表示設定の多くのプロパティがコピーされます。例外としては、ウィンドウのサイズ/位置やテーブルの行などについての情報はコピーされません。

具体的には、スタイルに含まれないプロパティは以下の通りです。

ウィンドウのサイズ/位置関連

ドッキングウィンドウ ID

ドッキングウィンドウ 列

ドッキングウィンドウ 行番号

ドッキングウィンドウ 幅

ドッキングウィンドウ 高さ

フロートウィンドウ 左位置

フロートウィンドウ 上位置

フロートウィンドウ 幅

フロートウィンドウ 高さ

コントロールバー情報

現在ステータス

Zオーダー

コントロールバーステータス

ウィンドウステータス

ウィンドウ左位置

ウィンドウの上位置

ウィンドウ幅

ウィンドウの高さ


テーブルの最上位オブジェクト関連

最上位オブジェクト

最上位行収集方法

行クラスID

固有Topレベルオブジェクト

全て品目表示


テーブルの各行の属性

行オブジェクトID

行レベルID

行レベル値

行高さID

行高さ値

行非表示ID


その他

最後のスタイル

強調表示対象指図


HelpNo.:743100
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.