高速描画モード

操作方法

資源ガントチャート


高速描画モードは、資源ガントチャート上の作業をシンプルに表示するモードです。
作業がたくさんある場合、高速描画モードであれば、上下・左右のスクロールなど、資源ガントチャートの移動がスムーズに出来ます。

高速描画モードでは、製造バーの部分のみが表示されます。つまり、以下の部分が表示されません。

使用指図バー文字列
段取りバー
製造バーの”影”
負荷オーバーの表示
固定・ステータスの印
納期遅れのマーカー
付箋



高速描画モードの使用方法

1.Altキーを押す

Altキーを押しながら、スクロールや作業の移動などでチャートを移動すると、高速描画モードで表示されます。
Altキーを離すと、表示が通常の状態に戻ります。


2.チャートの表示設定の「高速描画モード」プロパティ

資源ガントチャートの表示設定の資源ガントタブにある「高速描画モード」プロパティを「はい」にすると、高速描画モードになります。デフォルトでは「いいえ」に設定されています。
この設定では、マウスでチャートのスクロールバーを掴んで移動させる際に、高速描画になります。
チャートごとに「高速描画モード」を設定できます。


3.ワークスペースの「高速描画モード」プロパティ

メインメニューの「表示/高速描画モード」を選択すると、すべての資源ガントチャートが、「高速描画モード」プロパティを「はい」に設定したのと同じ挙動をします。



HelpNo.:742200
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.