スタイルのタブ表示

操作方法


チャートとテーブルのウィンドウに、タブを表示することができます。
タブを選択することで、すばやく表示を切り替えることができます。


チャートとテーブルによって、タブ表示される内容が異なります。

チャート

スタイルがタブ表示されます。


テーブル

スタイルがタブ表示されます。
プロパティウィンドウと同じように、プロパティのグループでタブ表示されます。


タブ表示をするかどうかは、以下の方法で設定できます。

1.新規プロジェクトを作成する最に、初期設定ダイアログにてタブ表示するかどうかを選択できます。

2.メニューの「表示/スタイルタブ表示」を選択します。

3.ワークスペース設定の「設定」タブの「スタイルのタブ表示」プロパティで選択できます。

4.テーブルもしくはチャートの表示設定の「ビュー」タブの「タブ表示」プロパティで選択できます。


4の設定は、それぞれのウィンドウに適用されます。設定が空の場合は、ワークスペースの設定に従います。
1、2、3の設定は全体に適用されます。


タブ表示の順序、表示/非表示

タブ表示の順序、表示/非表示の設定は、スタイルテーブルの「表示順」プロパティ、「非表示フラグ」プロパティによって設定することができます。


また、スタイルテーブルにて別名をつけることで、タブの表示を変更することも可能です。


HelpNo.:739500
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.