ユーザ登録ダイアログ

ダイアログの概要


現在取得しているライセンスの情報(ユーザ情報)を表示します。(以下のダイアログイメージはVer.7.3.0以降です。)

プロテクタからライセンスを取得している場合はプロテクタの情報が表示され、ネットワークライセンスサーバ(NLS)からライセンスを取得している場合は、NLSから取得したライセンスの情報が表示されます。ライセンス取得方法についてはこちらをご覧下さい。

 

ユーザ情報

お客様の登録名(会社名など)です。

シリアルNo

ライセンスごとにつけられた固有のNoです。

タイプ

正式版、デモ版、トライアル版、体験版のいずれかです。

モジュール

製品名(モジュールタイプ)です。

バージョン

ライセンスされたバージョンです。

使用期限

使用期限の日時が表示されます。使用期限が設定されていない場合は日時は表示されません。
使用期限が切れると、Asprovaが使用できなくなります。

データサイズ制限

使用できる作業数の上限です。分割された作業もカウントします。上限を超えると、リスケジュールできなくなります。

保守契約期限

保守契約の期限の日時が表示されます。保守契約が締結されていない場合は日時は表示されません。
保守契約期限により、使用できる機能のバージョンが決まります。

使用できる機能のバージョン

ライセンスされたバージョンと保守契約期限によって、使用できる新機能(制限機能)が決まります。

オプションリスト

ライセンスされたオプションが表示されます。

無料体験版・トライアル版・デモ版では、オプション機能リストにてオプションのチェックをつける・はずすことができます。チェックをはずすと、該当のオプション機能を使用できなくすることができます。(正式版の場合は、使用できるオプションにチェックがついています。はずすことは出来ません。)
モジュールタイプ選択ダイアログにてMS Lightを選択した場合、MS Light用のオプションについても、同様にチェックをつける・はずすことができます。

無料体験版・トライアル版・デモ版では、デフォルトですべてチェックがついています。プロトタイプを作成する場合は、知らない間にオプションを使っていることもありますので、ライセンスをご購入前に使用することになるオプションを確認して、不要なオプションのチェックを外して、ご検討ください。

メッセージ

保守期限切れや使用期限切れなどの、ライセンスに関するメッセージを表示します。

ユーザ情報更新

保守契約をご更新頂いた場合や、使用期限の延長、オプションの追加購入をして頂くと、販売代理店もしくはアスプローバ株式会社からマジックNoを送付いたします。
マジックNoをこちらから適用します。詳細はこちらを参照して下さい。

 

バックアップ版プロテクタの有効化

バックアップ版プロテクタについては、こちらを参照して下さい。

 


Ver.7.3.0より前のダイアログ

以下は、Ver.7.3.0より前のダイアログです。
上のダイアログと項目が同じものは、同じ意味・使い方となります。



HelpNo.:737800
© 2017 Asprova Corporation, All rights reserved.