資源ガント検索ダイアログ

ダイアログの概要


チャートの「資源ガント行」の使用指図バーを検索するためのダイアログです。(Ver.7の制限機能です)

オーダコードや作業コードを指定して使用指図バーを検索します。


検索する文字

「検索対象」で指定した対象を検索する文字列を入力します。
入力されていない場合、「式を指定」で指定されている条件に該当する使用指図バーを検索します。「式を指定」も入力されていない場合は、資源ガント上のすべての使用指図バーが検索されます。

検索対象

使用指図のオーダのオーダコード、または、使用指図の作業の作業コードのどちらで検索するかを選択します。

強調表示(Ver.8.0.4以降。Ver.9の制限機能です。)

チェックが付いていると、検索にて資源ガントチャートで選択対象となったバーを強調表示します。
チェックをつけたままでダイアログを閉じると、強調表示された状態になります。
チェックをはずすと、該当スタイルのバー表示色で表示します。

検索方法

「完全に一致する」を選択すると「検索する文字」に指定されている文字列と完全に一致するものを検索します。
「検索文字を含む」を選択すると「検索する文字」に指定されている文字列を含むものを検索します。

上へ

チェックされていない場合、チャートの左上(①)から右に向かって検索して右端に到達したら1つ下の資源行の左(②)から検索し続けます。一番下の資源行の右端(チャートの右下)まで検索すると、左上(①)に戻り検索を続けます。(ガントチャートの左上から右下に向かって検索します。)
チェックされている場合は逆方向となり、右下から左上に向かって検索します。

資源ガント上で使用指図バーが選択されている場合は、その使用指図バーを基点として検索をします。

 

式を指定

ボタンをクリックすると式編集ダイアログが表示されます。
検索する対象の使用指図を絞り込む条件式を設定します。式が設定されている場合、式の結果が「TRUE」になる使用指図だけが検索対象になります。式が設定されていない場合は条件がないのですべてが対象となります。

次を検索

次に検索条件に該当する使用指図を検索します。


検索されると資源ガント行上で使用指図バーが選択状態になります。
選択されたバーに、フォーカス(オレンジ色の矩形)が表示されます。(Ver.13制限機能)
検索対象が表示されていない場合は、対象の使用指図バーが表示されるように自動でスクロールします。

 

詳細表示や複合チャートなどで資源ガント行が含まれている場合も、資源ガント検索が可能です。

 

対象のチャートに資源ガント行が含まれない場合は、以下のエラーメッセージが表示されます。

検索条件に合う使用指図バーが存在しない場合は、以下のエラーメッセージが表示されます。

 



HelpNo.:737150
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.