ツールバーカスタマイズダイアログ

ツール

ダイアログの概要

ツールバー


ツールバーの表示/非表示の切り替えやツールバーのカスタマイズを行います。「ツールバーカスタマイズダイアログ」には以下のタブがあります。


ツールバータブ

ツールバーをカスタマイズします。


ツールバー

現在存在するツールバーの一覧を表示します。初期状態ではAsprovaのビルトインツールバーが表示されます。「新規」ボタンにより新しくツールバーを追加することもできます。

各ツールバーのチェックを付けると対応するツールバーを表示し、チェックをはずすと対応するツールバーを非表示にします。

ツールチップ表示

ツールボタンにマウスポインタを当てたときに、機能を簡単に説明するためのツールチップを表示するか否かを設定します。

クールバー

ツールボタンの表示方法を切り替えます。表示の仕方を変えるだけなので、機能上の違いはありません。

大きなボタン

ツールバーのボタンを大きいサイズで表示します。

新規

新しくツールバーを作成します。表示されるダイアログで、そのツールバーの名称を設定します。
実行すると画面左上隅付近に小さく空のツールバーが表示されますので、ここにツールボタンをドラッグ&ドロップします。

リセット

ビルトインのツールバーが選択されている場合のみ実行できます。現在選択されているツールバーの内容を初期状態に戻します。

削除

ユーザーが作成したツールバーが選択されている場合のみ実行できます。選択されているツールバーを削除します。



コマンドタブ

Asprovaで使用可能なツールボタンが表示されます。ここからツールボタンをドラッグ&ドロップしてツールバーをカスタマイズすることができます。


カテゴリー

ツールボタンがカテゴリー毎に分類されており、カテゴリーを選択するとそのツールボタンが表示されます。
カテゴリが“Custom”のコマンドボタン(カスタムツールボタン)には、処理が設定されていません。ユーザがコマンドボタンに処理を追加して使用できます。また、“Custom”のコマンドボタンのアイコンは、ツールボタン編集タブにて修正することができます。

ボタン

選択されたカテゴリーのツールボタンが表示されます。
ここからツールバーへボタンをドラッグ&ドロップすることにより、ツールバーをカスタマイズします。

説明

最後にクリックしたツールボタンの説明が表示されます。



ツールボタン編集タブ

カスタムツールボタンのアイコンを変更できます。


カスタムツールボタンのドロップダウンリストボックス

50個のカスタムツールボタンから、アイコンを修正したいカスタムツールボタンを選択します。

編集

カスタムツールボタン画像編集ダイアログを開きます。選択しているカスタムツールボタンのアイコンを編集できます。



カスタムツールボタン画像編集ダイアログ

選択しているカスタムツールボタンのアイコンを編集できます。BMPファイルを読み込むこともできます。


画像

アイコン画像です。
画像領域上でマウスボタンを押しながらマウスを動かすと、カラーで選択した色で着色されます。
画像領域上にエクスプローラなどからビットマップファイルをドラッグ&ドロップすることも可能です。

カラー

画像領域上でマウスボタンを押しながらマウスを動かした際に使用する色を選択します。

プレビュー

アイコンのプレビュー表示です。

OK

編集内容を適用します。

キャンセル

編集内容を破棄します。

クリア

画像領域をクリアします。クリアするとグレー一色になります。

ロード

画像をロードするためのファイル選択ダイアログを表示します。BMPファイルを選択すると、該当ファイルがロードされて、画像領域に表示されます。

セーブ

現在の画像をBMPファイルで保存します。対象の1コマンドの画像のみ保存されます。他のカスタムコマンドボタンや別PCなどで使用したい場合にセーブして、利用して下さい。

カスタマイズしたカスタムツールボタンの画像ファイルは、以下のフォルダに保存されます。(User Name は、Windowsにログインしたユーザ名です。)

Windows Vista

C:\Users\< User Name >\AppData\Local\Asprova

Windows XP

C:\Documents and Settings\< User Name >\Local Settings\Application Data

ファイル名は、CustomToolButton.bmpです。
このファイルを削除すると、すべてのカスタムツールボタンの画像が初期状態になります。



カスタムツールボタンを利用するには

カスタムツールボタンは、そのままでは処理が何も無いため、使えません。計画コマンド編集ダイアログにて、計画パラメタなどをカスタムコマンドボタンに追加する必要があります。

以下のイメージは、カスタムコマンド1にデフォルト計画パラメタを入れたところです。これで、カスタムコマンド1をクリックすれば、デフォルト計画パラメタで割り付けることができます。



カスタムツールボタンテーブル

カスタムツールボタンに追加した計画パラメタやコマンドなどのプロパティを変更するには、メニューの「テーブル/コマンド/カスタムツールボタン」を選択して、カスタムツールボタンテーブルで行います。
各ツールボタンの下が階層構造になっていますので、ドリルダウンして計画パラメタやコマンドのプロパティを設定できます。

また、カスタムツールボタンテーブルの「ツールチップ」は、コマンドボタンの上にマウスを当てた際に表示される文字列を設定できますので、コマンドボタンの説明を記述すると、わかりやすくなります。



ツールバーのカスタマイズの補足

ツールバーカスタマイズダイアログのコマンドタブを表示した状態で、ダイアログからツールバーへのドラッグ&ドロップする以外にも、ツールバーからツールバーへのドラッグ&ドロップも可能です。

また、ツールバーからドラッグしたツールボタンをツールバーの外でドロップすればツールボタンを削除できます。

上記ダイアログを出していない場合でも、ALTキーを押した状態で同様の操作が可能です。

ツールバー上のコンボボックスは、右端部分をドラッグすることによりサイズを変更できますが、この操作は上記ダイアログが表示された状態でのみ可能です。



HelpNo.:731000
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.