トラック便


受注予定表から受注オーダを生成する際に、出荷のトラック便の回数に合わせて、同じ日に複数の受注オーダを生成します。

トラック便は、受注予定表のカレンダー参照資源に設定する資源のカレンダーを、トラック便が来る時刻を設定します。

例えば以下のように、カレンダー参照資源のシフトに8:00-10:00;14:00-16:00;18:00-20:00と3つの時間帯が設定されている場合、納期が10:00と16:00と20:00の3件の受注オーダが生成されます。


トラック便の指定に関しては、シフトの時間帯の長さは意味がありません。したがって、トラック便に応じた受注オーダを生成させることだけに限定するなら、時間帯を8:00-10:00;9:00-16:00;14:00-20:00のように設定しても結果は同じです。
そのため、資源ガントチャート上で見やすくするために、シフトの時間帯の長さと品目の「配送リードタイム」を同じ時間に設定すると良いでしょう。

生成される受注オーダの数量

上記の例では、3件ともに数量は20になっています。各時間帯の資源量がすべて1なので、60を1:1:1に分けた結果、数量が20の受注オーダが3件生成されます。
トラック便に積載できる量などの関係で、別々の数量の受注オーダを生成したい場合、各時間帯に異なる資源量を設定します。
例えば、カレンダーテーブルのシフトに

[8:00-10:00]=3;[14:00-16:00]=2;[18:00-20:00]

と、資源量を設定すると、資源量の比率に合わせて数量が30、20、10の受注オーダが生成されます。



HelpNo.:706350
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.