HTMLビュー

GUIの概要

メインウィンドウ


HTMLビューは、HTML形式のファイルを表示することが出来ます。単にWWWブラウジングだけを目的としたものではなく、Asprovaを拡張して自由なフォームを作成できるようにするものです。 DHTMLとスクリプト言語(VBScript, JavaScript etc.)を使って高度な機能を提供できます。ActiveXコントロールを埋め込むことにより、レーダーチャート表示などスクリプティングでは実現できないような機能を搭載することも出来ます。


 

HTMLファイルを開く

HTMLビューの表示設定の「URL」プロパティ(HTMLビュータブにあります)に任意のURLを設定すると、該当のページをHTMLビュー内に表示します。


また、HTMLファイルをドラッグ&ドロップでHTMLビューウィンドウ内にドロップしても、そのHTMLファイルを表示することができます。


HTMLビューでのスタイル操作

HTMLビューでも、スタイル設定は可能です。

他のチャートやテーブルと異なり、スタイルの設定をポップアップメニューから行うことができません。
HTMLビューでのスタイルの操作は、メニューバーの「HTMLビュー/スタイル設定」から行います。
スタイル設定については、こちらをご覧下さい。


HTMLビューでMicrosoft Office Web Componentを使用する際の注意

サンプル7にあるHTMLビューでは、Microsoft Office Web Component (OWC) を利用してレーダーチャート・グラフを表示していますが、もし、HTML Viewが正しく表示されない場合は、以下の対処法を確認してください。

下図のようなスクリプトエラーが出て,HTML ビューテーブル上のMicrosoft Office Web Componentエリアの中身が表示されない

この不具合が生じる可能性がある環境:Microsoft office のバージョンが2007



対処法

Office Web Components が必要です。以下のサイトからowc10.exe を入手し、インストールしてください。
  http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=9468

また、Ver.11.0.2以降の場合は、以下のサイトからowc11.exe を入手し、インストールしてください。
  http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=22276

また、この現象に関して以下に詳細な説明がありますので参考にしてください。
  http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178954.aspx


下図のようなメッセージが出て,HTML ビューテーブル上に何も表示されない

この不具合が生じる可能性がある環境:OS がWindows XP SP2 以降もしくはWindows Vista



対処法

読み込もうとしているHTML ファイルへのアクセスがブロックされている可能性があります。
HTML ファイルのプロパティを開き「ブロックを解除(K)」のボタンをクリックし,ブロックを解除してください。


また、この現象に関して以下に詳細な説明がありますので参考にしてください。
  http://support.microsoft.com/kb/883260/JA/

 

HTMLビューの互換モードについて

Ver.14.0から、HTMLビューでは互換モードを適用しません。
もし、互換モードを適用するかどうかを変更する必要がある場合、以下のレジストリに値を追加、変更してください。

32bit版Asprova

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION

64bit版Asprova

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\MAIN\FeatureControl\FEATURE_BROWSER_EMULATION

これらに「Asprova.exe」というキーを追加し、「0」を指定すると、互換モードを解除できます。
Ver.14.0以降のAsprovaでHTMLビューを表示した場合は、自動的に追加されます。
互換モードを適用したい場合は、上記のキーの値を適用したい互換バージョンの値に変更してください。

Ver.14.0未満のAsprovaを使用されている場合でも、上記の設定により、HTMLビューに適用する互換モードを変更いただけます。

互換バージョンと設定する値の詳細については、Microsoft社のWebサイト

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee330730(v=vs.85).aspx

を参照して下さい。

ただし、レジストリは、Windowsを起動するのに大変重要な設定ですので、編集は自己責任の範疇になります。編集時には十分注意して下さい。
編集前のBoot.iniの内容を記録するか、ファイルをバックアップしておくと良いでしょう。


HelpNo.:705700
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.