オブジェクトブラウザの概要

グローバルウィンドウ

オブジェクトブラウザでのオブジェクト表示・操作

オブジェクトブラウザのポップアップメニュー


オブジェクトブラウザは、オーダ間やオーダと作業、製造BOM、品目、資源など、オブジェクトのつながりをグラフィカルに表示できます。
また、オブジェクトブラウザと既存のチャート、テーブルは選択したオブジェクトを基準に表示が連動します。

オブジェクトブラウザでオブジェクトのつながりを可視化して、オブジェクトを辿りながら、連動したチャートやテーブルで詳細を確認できます。

 

オブジェクトブラウザを表示する

オブジェクトブラウザの表示は、メニューの「表示/オブジェクトウィンドウ」を選択して、表示/非表示を切り替えます。


オブジェクトブラウザの構成

オブジェクトブラウザは下図のような構成になっています。

本体部にオブジェクトのバーを表示します。
ガントチャートやテーブルなどで選択したオブジェクトを基準に、左、右、下に式で設定した内容に従って、バーを表示します。

カスタムコントローラは、オブジェクトブラウザの表示を簡易に変更したり、スタイルの切り替えが可能です。また、表示設定のプロパティウィンドウを表示できます。

各種ボタンは、オブジェクトブラウザと連動したチャート、テーブルの操作などで使用します。

 

オブジェクトの表示・操作

オブジェクトの表示や操作については、こちらを参照してください。


カスタムコントロール

カスタムコントロールで、現在適用されているスタイルや、クラス毎の左右下の式や、表示文字式、表示色式を確認することができます。
左上隅にあるボタンを押すことで、カスタムコントロールを開閉することができます。


スタイル

現在適用されているスタイルが表示されます。
ドロップダウンリストボックスから他のスタイルを選択することでスタイルを切り替えることができます。

クラス

下側の左、右、下、文字式、表示色が設定されているクラスです。
選択しているバーに連動してクラスが変更されます。
クラスを変更すると、下側の左、右、下、文字式、表示色の設定も切り替わります。

クラス名の右にあるボタンを押すと、クラスに対応するタブが選択された状態で表示設定のプロパティウィンドウが表示されます。

左、右、下

選択されているクラスにセットされている「左、右、下に表示するオブジェクト」の式です。
ドロップダウンリストボックスから式を変更できます。

文字式

バー上の文字列式です。
ドロップダウンリストボックスで変更できます。

表示色

バーの色です。
ドロップダウンリストボックスで変更できます。


各種ボタン

拡大表示ボタン

オブジェクトブラウザで選択しているオブジェクトを、連動しているチャート上で拡大表示します。

縮小表示ボタン

オブジェクトブラウザで選択しているオブジェクトを、連動しているチャート上で縮小表示します。

フォーカスボタン

フォーカスボタンは、オブジェクトブラウザで選択しているオブジェクトを、連動しているチャート上で選択してフォーカスを表示します。
連動しているテーブルでは、オブジェクトを選択します。

ピン止めボタン

テーブルやチャート上でオブジェクトを選択すると、そのオブジェクトを基準にオブジェクトブラウザの描画が更新されます。
ピン止めすると、オブジェクトブラウザの描画はそのまま(ピン止めされた状態)になります。
ピン止めボタンをクリックすると、ピン止め状態になり、ピンが立った画像で色がオレンジになります。
再度ピン止めボタンをクリックすると、ピン止め解除され、ピンが横になった画像で色が黒になります。



HelpNo.:699700
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.