差立てビュー

GUIの概要


差立てビューは、横軸が資源で、資源ごとに割り付いている作業使用指図を一覧表示した表です。
資源ごとに表示されている作業使用指図は、開始日時の早い順に並んで表示されていますので、設備や作業者ごとの作業指示(差立て表)として活用ができます。

また、差立てビュー上にて、マウスを使用した作業順序の入れ替え、割り付き資源の変更や、着手順を指定したコマンド実行による順序の入れ替えも可能です。

差立てビューでは、作業の確定・指示済みなどのステータス、固定のマーク、納期遅れの赤表示などの資源ガントチャートと同様の表示が可能で、加えてセルの背景色、データチップ表示、表示する列の変更などの表示設定が自由に変更できます。資源ごとの作業の順序と同時に、作業の状態も簡単に把握することができます。

 

差立てビューに表示される作業使用指図

差立てビューには、資源に割り付いている作業使用指図が表示されます。

作業使用指図には、前段取り・製造・後段取りなど複数種類ありますが、「使用指図フィルタ式」プロパティによって表示する作業使用指図を絞り込むことができます。標準では、

ME.'オーダ/作業/タスク'.種別=='製造タスク'&&ME.オーダ.オーダ種別!='イベントオーダ'

と設定されており、製造タスクの作業使用指図が差立てビューに表示されています。



例えば差立てビューに段取りのみを表示するのであれば、

ME.'オーダ/作業/タスク'.種別=='前段取りタスク'||ME.'オーダ/作業/タスク'.種別=='後段取りタスク'||ME.'オーダ/作業/タスク'.種別=='C'

と、式を設定すれば、以下のイメージのように差立てビューに段取りの作業使用指図を表示するように設定することが出来ます。(上記式は、標準登録式に記載されています)

 

差立てビューに表示するプロパティの選択

差立てビューに表示するプロパティは、標準では、作業コード、開始日時、終了日時、着手順が表示されていますが、表示列設定ダイアログにて表示するプロパティの選択・表示順番を設定することが出来ます。


差立てビューの表示プロパティの順序はマウスのドラッグ&ドロップで変更できませんので、表示列設定ダイアログにて順序を変更して下さい。


資源の表示順・絞込み

差立てビューの横軸である資源は、表示順(差立てビューの左から右)を指定したり、表示する資源を選択(絞り込む)ことが出来ます。

資源ソート式

差立てビューの資源の表示順(差立てビューの左から右)は、資源ソート式で設定することが出来ます。設定はソートダイアログにて設定します。

資源フィルタ式

差立てビューに表示する資源を、資源フィルタ式で設定することが出来ます。設定はフィルタ表示ダイアログにて設定します。


列幅の変更

差立てビューの資源見出し、列の見出しの境をドラッグ・ドロップすることで、差立てビューの列幅を変更できます。
資源見出しの境と、列の見出しの境では、列幅の変更の挙動が異なります。

列見出しで列幅を変更する

差立てビューの列見出しの境(以下イメージの赤矢印部分)にマウスを当てて、ドラッグ・ドロップすることで、列幅を変更できます。この場合、対象の列のみ列幅が変更になります。

 

資源見出しで列幅を変更する(Ver.7.2.1からの機能)

差立てビューの資源見出しの境(以下イメージの赤矢印部分)にマウスを当てて、ドラッグ・ドロップすることで、列幅を変更できます。この場合、すべての列の幅が変更になります。
それぞれの列幅は、マウスで列幅を変更した列(以下のイメージでは着手順)の、変更した幅の比率を元に列幅を変更します。

 

差立てビューの日付表示

「単位期間」プロパティと「すべての単位期間を表示」プロパティの設定によって、差立てビューの縦軸に日付を表示するかどうか、を切り替えることが可能です。

 「単位期間」プロパティ「すべての単位期間を表示」プロパティ動作

※「単位期間」プロパティが“なし”以外の場合で、「すべての単位期間を表示」プロパティの“はい”が有効となります。


①「単位期間」プロパティ=“1日”、「すべての単位期間を表示」プロパティ=“いいえ”(デフォルトの設定)


②「単位期間」プロパティ=“1日”、「すべての単位期間を表示」プロパティ=“はい”(割り付きがない割付け開始日時以前の日時も表示)


③「単位期間」プロパティ=“なし”、「すべての単位期間を表示」プロパティ=“いいえ”

 

ステータス表示

差立てビューでは、ステータスによってセルにマークが付きます。

実績(完了、着手済み)

セルの下にグレーの線が付きます。完了の場合は、セル内に斜線が表示されます。

確定

セルの下に黒い線が付きます。

指示済み

セルの下に緑の線が付きます。


固定の表示

差立てビューでは、固定の方法によってセルの下にマークが付きます。

作業全固定

セルの下端に青いカギマークが付きます。

作業時刻固定

セルの下端に青い縦線が付きます。

作業資源固定

セルの下端に青い横線が付きます。

使用指図資源固定

セルの下隅に赤い横線が付きます。


警告表示

差立てビューでは、以下の制約違反について警告表示します。

最遅終了日時違反(納期遅れ)

文字列が赤くなり、セルの右下に赤い印が表示されます。

最早開始日時違反

文字列が青くなります。

強制割付け

セルの下に赤い線が付きます。


資源無効、割付け対象外の表示

「資源無効」に設定された資源は、資源の見出し部の背景が網目表示されます。

「割付け対象外」に設定されたオーダの作業使用指図は、セルの背景が網目表示されます。

 

表示範囲の指定

差立てビューに表示する範囲を、日付や時間帯を指定して絞り込むことができます。

表示開始日時・表示終了日時

差立てビューの表示設定のプロパティに、「表示開始日時」プロパティと「表示終了日時」プロパティがあります。
「表示開始日時」プロパティに差立てビューに表示したい範囲の開始日時を、「表示終了日時」プロパティに差立てビューに表示したい範囲の終了日時を指定します。

 

表示時間帯

差立てビューの表示設定のプロパティにある、「表示時間帯」プロパティに時間帯を設定することで、表示する時間帯を絞り込むことができます。
「表示時間帯」プロパティの設定方法は、表示したい時間帯をハイフンでつないで設定します。

以下は、表示時間帯を8:00から18:00に設定した場合です。このように、「単位期間」プロパティを“いいえ”以外に、「すべての単位期間を表示」プロパティを“はい”にした場合は、何もない行が多く表示されますので、それを非表示する際に活用します。

 

データチップ

作業使用指図のセル上にマウスを当てると、データチップが表示されて、関連する情報を表示することが出来ます。
データチップの内容は、「使用指図セルデータチップ文字式」プロパティで設定可能です。

 

差立てビューでの作業使用指図の移動

差立てビュー上で、マウスを使用したりコマンド実行機能を使用して、作業使用指図を移動することが出来ます。
詳細はこちらをご覧下さい。


差立てビューと資源ガントチャートとの連携

差立てビューと連携した資源ガントチャートを開くことができます。
詳細はこちらをご覧下さい。


資源ガントチャートから差立てビューを開く

差立てビューは、メニューツールバーから開くことが出来ますが、資源ガントチャートで日付を選択した後に本体部ポップアップメニューの「差立てビュー」を選択すると、選択範囲に絞り込まれた差立てビューを表示することができます。

 

表示された差立てビューは、資源ガントチャートで選択した範囲の日時が「表示開始日時」プロパティ、「表示終了日時」プロパティに、対象の資源が「資源フィルタ式」プロパティに自動的でセットされます。


メニュー

差立てビューでは、メニューの「差立てビュー」から様々な操作が可能です。詳細はこちらをご覧下さい。


ポップアップメニュー

差立てビューの各部分でマウスの右ボタンを押すとポップアップメニューが表示されます。

作業使用指図部ポップアップメニュー

列の見出し部ポップアップメニュー

資源見出し部ポップアップメニュー


差立てビュー追加後のAsprovaとそれ以前のAsprova間でのデータ保存、操作についての注意

差立てビューはVer.7.2.0にて追加された機能ですが、Ver.7.2.0以降とそれ以前のAsprovaで交互に保存したARファイルにて、Ver.7.2.0以降のAsprovaで差立てビューを操作すると、更新エラーが発生する場合があります。詳細はこちらをご覧下さい。


HelpNo.:699500
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.