オーダガントチャート

メインウィンドウ

GUIの概要

メニューバー・ウィンドウ

テーブル付きタイムチャートウィンドウの概要


オーダガントチャートは、チャートの左側がオーダテーブルになっている、テーブル付きタイムチャートです。
オーダごと、作業ごとの割付きを把握できます。


オーダガントチャートの左部の+をマウスの左ボタンでクリックすると、1レベル下の情報を個別の行で表示します。通常はオーダならオーダに属する作業を、作業なら作業に属するタスクを個別の行で表示しますが、作業が分割されているなら、個々の分割作業を個別の行で表示するなど、状況によって多少表示される内容が異なります。
オーダガントチャートの左部の-をマウスの左ボタンでクリックすると、下位レベルの表示をすべて閉じます。

オーダバー、作業バーなどオーダガントチャートのバーの上にマウスを当てると、データチップが表示されて、関連する情報を表示することが出来ます。
データチップに表示される内容は、表示設定にて表示する内容を変更することが出来ます。


ジャンプでチャートを開く場合

ポップアップメニューのジャンプメニューからチャートを開くときの、単位期間、およびジャンプする前に選択されていたオブジェクトを強調表示するかどうかは、表示設定の「ジャンプしてきたときの単位期間」プロパティと「ジャンプしてきたときのバー表示色」プロパティで設定できます。


マーカー

オーダの最早開始日時、納期、在庫有効期限にマーカーが付きます。

最早開始日時

最早開始日時の位置に上向きの青三角マーカーが表示されます。

納期

納期の位置に下向きの赤三角マーカーが表示されます。

在庫有効期限

在庫オーダの在庫有効期限の位置に下向きの緑三角マーカーが表示されます。

作業のユーザ指定最早開始日時、ユーザ指定最遅終了日時にマーカーが付きます。

ユーザ指定最早開始日時

ユーザ指定最早開始日時の位置に上向きの青三角マーカーが表示されます。

ユーザ指定最遅終了日時

ユーザ指定最遅終了日時の位置に下向きの赤三角マーカーが表示されます。


左部文字式

オーダガントチャートの左部(縦軸)はオーダが表示されています。ドリルダウンすることによって、
  作業
  タスク
  指図(作業使用指図、作業入力指図、作業出力指図)
  紐付け
を表示することが出来ます。
それぞれ、チャートの表示設定のテーブルタブにある以下のプロパティで、左部の表示内容を設定することが出来ます。

作業ガントチャート、紐付けオーダガントチャートや詳細表示などで各行を表示した場合も、以下のプロパティの設定が反映されます。

  プロパティ対象
 オーダ左部文字式オーダ行の左部に表示する内容を設定します。
<例>オーダコード + 品目
 ME+'\n'+ME.品目
 作業左部文字式作業行の左部に表示する内容を設定します。
<例>作業コード + 品目コード + 数量
 '作業='+ME+'\n'+'品目='+ME.主産物品目+'\n'+'数量='+ME.製造数量
 タスク左部文字式タスク行の左部に表示する内容を設定します。
<例>タスクコード (賞味時間 分)
 ME+' ('+Format(ME.作業使用指図[1].総使用時間/1m,'0分')+')'
 作業入力指図左部文字式作業入力指図行の左部に表示する内容を設定します。(Ver.6.3.1制限機能です)
<例>品目 + 指図コード + 日時
 '品目:'+ME.品目+'\n'+'指図コード:'+ME+'\n'+'日時:'+ME.日時
 作業出力指図左部文字式作業出力指図行の左部に表示する内容を設定します。(Ver.6.3.1制限機能です)
<例>品目 + 指図コード + 日時
 '品目:'+ME.品目+'\n'+'指図コード:'+ME+'\n'+'日時:'+ME.日時
 作業使用指図左部文字式作業使用指図行の左部に表示する内容を設定します。(Ver.6.3.1制限機能です)
<例>作業コード + 品目コード + 数量
 '作業='+ME.作業+'\n'+'品目='+ME.作業.主産物品目+'\n'+'数量='+ME.作業.製造数量
 紐付け左部文字式紐付け行の左部に表示する内容を設定します。(Ver.6.3.1制限機能です)
<例>数量 + 種別 + 固定フラグ
 ME.数量+' ('+IF(ME.固定フラグ,'LinkFix ','')+IF(ME.数量固定,'QtyFix ','')+GetEnumName(ME.種別)+') '

 


左部背景色式 (Ver.8制限機能)

オーダガントチャートの左部(縦軸)はオーダが表示されています。ドリルダウンすることによって、
  作業
  タスク
  指図(作業使用指図、作業入力指図、作業出力指図)
  紐付け
を表示することが出来ます。
Ver.7.3.1以降、チャートの表示設定のテーブルタブにある以下のプロパティで、左部の背景色を設定することが出来ます。
Ver.7.3.1より前は、オーダの表示色、紐付け行は品目の表示色で固定となっています。

  プロパティ対象
 オーダ左部背景色式オーダ行の左部の背景色を設定します。
<例>納期の月
 GetMonthPart(ME.納期)
 作業左部背景色式作業行の左部の背景色を設定します。
<例>ステータス(レコード表示色)
 ME.ステータス+1
 タスク左部背景色式タスク行の左部の背景色を設定します。
<例>納期遅れなら赤、最早開始違反から青
 IF(ME.'製造終了日時-最遅終了日時'>0s,RGB(255,0,0),IF(ME.'最早開始日時-製造開始日時'>0s,RGB(0,0,255),0))
 作業入力指図左部背景色式作業入力指図行の左部の背景色を設定します。
<例>品目の表示色
 ME.品目.表示色
 作業出力指図左部背景色式作業出力指図行の左部の背景色を設定します。
<例>品目の表示色
 ME.品目.表示色
 作業使用指図左部背景色式作業使用指図行の左部の背景色を設定します。
<例>資源の表示色
 ME.資源.表示色
 紐付け左部背景色式紐付け行の左部の背景色を設定します。
<例>左側の品目の表示色
 ME.作業出力指図.品目.表示色

 


ステータス

作業やタスクのステータスによってバーの下にマークが付きます。

実績

作業指図バーに斜線が入り、下にグレーの線が付きます。

作業確定

使用指図バーの下に黒い線が付きます。

指示済み

使用指図バーの下に緑の線が付きます。


固定

使用指図や作業は日時、資源を固定することが出来ます。固定の方法によって表示の仕方が異なります。

作業全固定

使用指図バーの下端に青いカギマークが付きます。

作業時刻固定

使用指図バーの下端に青い縦線が付きます。

作業資源固定

使用指図バーの下端に青い横線が付きます。

使用指図資源固定

使用指図バーの下隅に赤い横線が付きます。


接続線

接続線は、作業の前後関係を表す線です。


警告表示

スケジュールした結果、様々な制約条件に違反してしまうこともあります。オーダガントチャートではそれらの制約違反を警告表示します。

最遅終了日時違反(納期遅れ)

納期遅れを起こした作業は、タスク文字列が赤くなり、作業の右下に赤い印が表示されます。

最早開始日時違反

最早開始日時よりも前に割り付いた作業は、タスク文字列が青くなります。

強制割付

使用指図バーの下に赤い線が付きます。

工程間時間関係違反

工程間の時間関係に違反している(逆転している)と、接続線が赤く表示されます。

重なりMAX違反

重なりMAXに違反していると、文字がオレンジ色になり、接続線がオレンジ色に表示されます。


日付表示

オーダに設定されている日付をオーダガントチャート上に表示します。

最早開始日時

赤い上向き三角で表示されます。

最遅終了日時(納期)

赤い下向き三角で表示されます。


オーダの割付け対象外

「割付け対象外」に設定されたオーダの使用指図は網目表示されます。


■オーダガントチャートの操作


マーカーの操作

マーカーをマウスでドラッグ&ドロップすることで、マーカーの日時(最早開始日時、納期、在庫有効期限、ユーザ指定最早開始日時、ユーザ指定最遅終了日時)を移動することが出来ます。

マーカーの上で右クリックを押すと、削除のメニューが表示されます。メニューを選択すると、マーカーの日時(最早開始日時、納期、在庫有効期限、ユーザ指定最早開始日時、ユーザ指定最遅終了日時)を削除することができます。


ワークバーの操作

ワークバーを左クリックするとそのバーを選択することができます。選択されたワークバーは縁取りされます。単に左クリックすると以前選択されていたタスクは選択解除されますが、コントロールキーを押しながら左クリックすると選択解除されないので、複数のタスクをまとめて選択することができます。

ワークバーを選択した状態でキーボードの矢印キーを押すことで、上下のワークバーへ選択状態を移すことができます。


メニュー

オーダガントチャートでは、メニューの「チャート」からさまざまな操作が可能です。


ポップアップメニュー

オーダガントチャートの各部分でマウスの右ボタンを押すとポップアップメニューが表示されます。


HelpNo.:678000
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.