操作モードの操作

GUIの概要

操作モードの概要


操作モードの切り替え

操作モードを変更するには、以下の手順で行います。

1.メニューの「表示/ワークスペース設定」して、ワークスペース設定を表示します。

2.「基本」タブの「操作モード」の設定を変更します。


3.操作モードを変更した時に、以下の確認ダイアログが表示されます。このダイアログに書かれている注意事項をよく読んだ上で、「はい」をクリックします。


これで新しく選択した操作モードに切り替わります。


カスタムモードで表示する/表示しないプロパティを設定する

カスタムモードで表示する/表示しないプロパティを設定するには、以下の手順で行います。

1.メインメニューの「テーブル表示/高度な設定/プロパティ定義」を選択して、プロパティ定義テーブルを開きます。 ※入門モードではこのメニューが表示されませんので、予め入門モード以外に変更して下さい。

2.「カスタムモード表示」という列が見えるようにスクロールします。

以下の画面のように、各プロパティに対して、それぞれの操作モードで表示されるかどうかの設定が確認できるようになっています。入門モード、標準モード、開発者モードの設定は変更できませんが、カスタムモードの設定はチェックボックスで変更できるようになっています。

※入門モードではこれらの設定が表示されませんので、予め入門モード以外に変更して下さい。また、カスタムモードの状態でこの設定を行なった場合は設定がすぐには反映されません。一旦標準モードに切り替えてから、もう一回カスタムモードに戻すと反映されます。


3.デフォルトで「カスタムモード」で表示するプロパティの設定は、「標準モード」と同じ設定になっています。カスタムモードで表示したいプロパティの場合は、「カスタムモード表示」のチェックをつけます。表示したくないプロパティの場合は、チェックを外します。


列の自動追加・削除処理

操作モードを切り替えた時に、現在開かれている全てのウィンドウや登録されたスタイルに対して、列が自動的に追加・削除されます。
選択されたモードで表示されないようになっているプロパティの列は削除されます。
選択されたモードで表示されるようになっているプロパティの列は必要に応じて追加されます。

列を自動的に追加する場合は、プロパティ定義に設定されているプロパティの表示順に従って挿入します。
挿入すべき位置がはっきりしない場合は、より右側に挿入します。

列の順番がデフォルトのままの場合

標準モード:列の順番はデフォルトのままだとします。


入門モードへ切り替えた後:「無効フラグ」の列が自動的に削除されます。


標準モードへ戻した後:「無効フラグ」の列がデフォルトの位置で再度挿入されます。


列の順番を手動で変更した場合(その①)

標準モード:「コメント」列の位置を手動で変更したとします。


入門モードへ切り替えた後:「無効フラグ」の列が自動的に削除されます。


標準モードへ戻した後:この場合も、「無効フラグ」が元の位置に再度挿入されました。
しかし、Asprovaが各ウィンドウの列の順番を操作モードに記憶しているわけではなく、あくまでもプロパティのデフォルトの表示順に従って列を挿入します。
デフォルトの表示順では、「無効フラグ」列が「表示色」列と「コメント」列の間に表示されるはずです。しかし、このウィンドウではコメント列が移動されているため、「表示色列より右」かつ「コメント列より左」に挿入することが不可能です。そういう場合は、Asprovaが列をより右側の位置に挿入するようにしているため、以下の結果になります。


列の順番を手動で変更した場合(その②)

標準モード:「無効フラグ」列の位置を手動で変更したとします。


入門モードへ切り替えた後:「無効フラグ」の列が自動的に削除されます。


標準モードへ戻した後:この場合も「無効フラグ」列がデフォルトの表示順に従って挿入されましたが、結果的にユーザが以前に手動で並び替えた列の順番が完全には再現されなかったことにご注意ください。



注意事項

上記で説明したように、操作モードが変更された時に現在開かれている全てのウィンドウや登録されたスタイルに対して、列が自動的に追加削除されます。

後で操作モードを元に戻した時に再び列の自動追加削除が行なわれますが、その時に各プロパティの標準の表示順設定に従って列が挿入されるため、列の順番を手動でカスタマイズした場合は元の順番が再現されない可能性があります。(具体例については、上記の例3をご覧ください。)

デフォルトで表示されない列を手動で追加した場合も、操作モードを切り替えることによって列が削除されてしまうことにご注意ください。つまり、操作モードの切り替えは大幅な変更を及ぼす操作でありながら、完璧に元に戻せる操作ではないため、表示設定を色々カスタマイズした実データなどでの使用はお勧めできません。


HelpNo.:656250
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.