グラフィカル製造BOMの操作

グラフィカル製造BOM概要

製造BOM


グラフィカル製造BOMでは、マウスやキーボードを利用することで、オブジェクトの表示位置を変えたり、表示をスクロールするなど、様々な操作ができます。


完成品の表示切替

完成品のコンボボックスに直接キーボードで入力するか、コンボボックスで品目を選ぶと、該当の製造BOMをグラフィカル表示します。
キーボードから入力した場合、該当の品目が存在しない場合は、新しい品目が追加されます。



選択

グラフィカル製造BOMで、工程や品目・資源をマウスの左ボタンでクリックして選択すると、該当部分の枠が点線で表示されます。
オブジェクトを選択した場合は、オブジェクトの枠が太い点線で表示されます(以下の図の左側)。

コードやプロパティを選択した場合は、入力部分全体が細い点線で表示されます(以下の図の右側)。
コードやプロパティをを選択した状態から上下・左右のカーソルキーを押すと、隣接するプロパティに選択状態を移動することができます。

 

スプレッドシート表示をしている場合、グラフィカル製造BOM上で選択した部分がスプレッドシート上でも選択されます。(スプレッドシート表示についてはこちらも参照して下さい。)

 

また、ドックされているプロパティウィンドウの内容も、グラフィカル製造BOM上での選択と連動しています。

 


表示位置の移動

グラフィカル製造BOMにて、品目・工程セレクタ・工程の上にマウスカーソルを当て、マウスの左ボタンを押してドラッグすると、該当オブジェクトの位置を移動することができます。

 

工程を選んだ場合は、完成品や半製品を製造する工程構成すべて(以下であれば2つの工程)が一括で移動します。

 

また、品目・工程セレクタ・工程の上にマウスカーソルを当て、CTRLキーを押しながらマウスの左ボタンでドラッグすると、該当オブジェクトとそこよりも前の構成を一括で移動することができます。

 


スクロール

グラフィカル製造BOMの本体部分(オブジェクトが何もないところ)でマウスの左ボタンを押しながらドラッグすると、上下・左右にスクロールすることができます。また、マウスの右ボタンであれば、オブジェクトのある・ないに関わらず、ドラッグすることで上下・左右にスクロールすることができます。

 

キーボードを利用してスクロールすることもできます。
グラフィカル製造BOM上で何も選択されていない状態からカーソルキーを押すと、上下・左右にスクロールすることができます。
CTRLキーを押しながらカーソルキーを押すと、1ページ分スクロールします。

Homeキーを押すと、ズームを100%にしてグラフィカル表示部分をグラフィカル製造BOMウィンドウの中心に表示するようにスクロールします。



プロパティウィンドウの表示

工程、品目などの上でマウスの左ボタンをダブルクリックすると、該当のプロパティウィンドウが表示されます。

 ダブルクリック対象 表示されるプロパティウィンドウの内容
 品目 品目のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 工程セレクタ マスタ(工程セレクタ/マスタ作業/タスクセレクタ)のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 工程 工程のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 タスクセレクタ マスタ(工程セレクタ/マスタ作業/タスクセレクタ)のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 資源 マスタ使用指図のプロパティウィンドウ(タスクタブ)
 矢印(工程間、半製品からの矢印) マスタ入力指図のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 矢印(副産物への矢印) マスタ出力指図のプロパティウィンドウ(基本タブ)
 本体部分 グラフィカル製造BOMの表示設定のプロパティウィンドウ(グラフィカル製造BOMタブ)

※完成品への矢印は、ダブルクリックできません。



品目の絞込み表示

半製品、原料、副産物など、品目の数が多く登録されていて見難い場合、フィルタ機能を利用して一部の品目に絞り込んで表示することができます。
グラフィカル製造BOMの表示設定のプロパティウィンドウの「グラフィカル製造BOM」タブにある、以下のプロパティに絞込みの式を設定することで、絞り込むことが出来ます。

 プロパティ名 対象
 入力品目展開フィルタ式 左への品目展開をするときに、品目(原料や半製品)が多い場合のフィルタ式。MEはマスタ入力指図です。
 副産物品目展開フィルタ式 右側への品目展開をするときに、品目(副産物)が多い場合のフィルタ式。MEはマスタ出力指図です。

例えば以下図の左のように原料が多い場合に、品目コードの1文字目が“D”であるものだけを絞り込むように、
  Left(ME.品目,1)=='D'
と、入力品目展開フィルタ式に式を設定することで、下図の右のように品目を絞り込むことができます。



下図の左のように副産物が多い場合に、品目コードの後の2文字が“00”であるものだけを絞り込むように、
  Right(ME.品目,2)=='00'
と、副産物品目展開フィルタ式に式を設定することで、下図の右のように品目を絞り込むことができます。

 



工程の絞込み表示

工程展開フィルタ式を利用して、指定した条件に該当しない工程を非表示にすることができます。
(Ver.11制限機能です。)
非表示となった工程の前工程と、関連するマスタ入力指図、マスタ出力指図も非表示にします。

グラフィカル製造BOMの表示設定のプロパティウィンドウの「グラフィカル製造BOM」タブにある、
以下のプロパティに絞込みの式を設定することで、絞り込むことが出来ます。

 プロパティ名 対象
 工程展開フィルタ式 左への工程展開をするときに、工程が多い場合などにこのフィルタで絞り込みできます。

たとえば、下図のように「ItemB」の子品目「ItemA」の工程も表示されますが、


ItemAの工程を非表示としたい場合には、工程展開フィルタ式に
  ME.親オブジェクト==HOLDER.ルート品目
  ※ルート品目はグラフィカル製造BOMビューを開いたときの展開元の品目です。
のように登録することで、品目「ItemB」の工程のみ表示することができます。

 



入力エラーの検知

グラフィカル製造BOM上にて、コードのテキストボックス(もしくはコンボボックス)の背景色が黄色になっている場合は、設定にエラーがあることを表しています(製造BOMテーブルと同じです。製造BOMテーブルのエラー検知についてはこちらを参照して下さい。)。
コード自体が空の場合はコードを入力して下さい。コードが入力されていても背景色が黄色の場合は、スプレッドシート表示もしくはプロパティウィンドウを表示して、不足(またはエラー部分)を確認して設定しましょう。

 


コンボボックスの操作

品目や工程、資源などはコンボボックスになっていて、マウスを当てるとドロップダウンのボタンが表示されます。

 

ドロップダウンしたリストで、データ数が多い場合はスクロールバーが付きます。スライダ(下の図の赤丸部分)を上下に動かすことでリストを上下に移動することができます。



また、上下のカーソルキーかマウスのホイールで、選択部分を上下に移動することができます。

 

コンボボックスをドロップダウンした状態で、右下にマウスを当てるとコンボボックスのドロップダウンリストの枠が太字になります。
その状態でマウスの左ボタンを押してドラッグすると、コンボボックスのサイズを変更することができます。

 

また、プロパティを選択した状態でALT+下矢印キーを押すと、コンボボックスのリストを表示することができます。



グラフィカル製造BOMの印刷

グラフィカル製造BOMの印刷については、こちらをご覧下さい。


HelpNo.:600500
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.