前後工程間の時間関係の基点について

Asprova入門マニュアル

Asprovaを使ってみましょう


工程間の時間関係とその時間は、重なり方法、重なりMIN(MAX)、資源タイムバッファで定義することになりますが、その時の基点(製造タスクを基点にするか、段取りタスクを基点にするか)は、入力指図、出力指図の前段取り/製造/後段取りプロパティのどこに値が設定されているかによって異なります。

①前工程の製造と自工程の製造を関係付ける(デフォルトの状態)

<前工程の出力指図>
前段取り製造後段取り
ブランクブランクブランク

 <自工程の入力指図>
前段取り製造後段取り
ブランク必要量を設定(デフォルトは1)ブランク

②前工程の後段取りと自工程の製造を関係付ける

<前工程の出力指図>
前段取り製造後段取り
ブランクブランク1

 <自工程の入力指図>
前段取り製造後段取り
ブランク必要量を設定(デフォルトは1)ブランク

③前工程の製造と後工程の前段取りを関係付ける

 <前工程の出力指図>
前段取り製造後段取り
ブランクブランクブランク

 <自工程の入力指図>
前段取り製造後段取り
必要量を設定(1の場合でも設定が必要です)ブランクブランク

④前工程の後段取りと自工程の前段取りを関係付ける

 <前工程の出力指図>
前段取り製造後段取り
ブランクブランク1

 <自工程の入力指図>
前段取り製造後段取り
必要量を設定(1の場合でも設定が必要です)ブランクブランク



HelpNo.:16270
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.