Asprova DSを使ったプロジェクトファイルの共有

Asprova DS : 複数人同時計画編集

Asprova DSとの自動同期

プロジェクト管理者

ユーザテーブル

強制ログアウト


プロジェクトファイルのダウンロード

メニュー「ファイル」-「DSからダウンロード」を選択して、ダウンロードしたプロジェクトファイルを置く作業フォルダを選択します。
作業フォルダを作成すると、adwファイルが作成されます。次回以降、このadwファイルをAsprovaで開くと、ログイン時のプロジェクトの選択が省略できます。

 

初めて Asprova DS と連携する場合は、「展開」ボタンを押して Asprova DS が起動しているマシンのIPアドレスを入力してください。

このダイアログの詳細については、こちらをご覧ください。


プロジェクトファイルのアップロード

プロジェクトの変更権を取得したときのみ、実行できます。
プロジェクトファイルをアップロードするので、計画設定、計画パラメタ、GUIの設定などのすべてのデータがアップロードされます。


差分データのアップロード

オーダ、品目、製造BOMなどのテーブルデータは、変更した差分データだけがアップロードされます。
また、Ver.13.0.0.0以降では、マウス操作で移動した作業、割付け解除した作業などを差分データとしてアップロードできます。

ただし、コマンドや右クリックポップメニュー再割付けを実行したことによる、プロパティの変更、オブジェクトの追加、削除は差分アップロードの対象に完全にはなりません。もし、そのようなことがしたい場合は、プロジェクトのアップロードとダウンロードをしてください。




HelpNo.:3170
© Since 2018 Asprova Corporation, All rights reserved.