Asprova SED

モジュールタイプ

コマンド実行権限

モジュール毎データ入出力可能オブジェクト


概要

Asprova SEDは計画をガントチャートや差立てビューにて手動で立案、変更するための専用モジュールです。
また、割付け済み作業の並び替えを行なうシーケンシング機能があります。
シーケンシング機能は、コマンド実行機能による作業の並び替えのことです。
Asprova SEDには資源評価機能が存在しないため、現資源にて作業の並び替えが行われます。

以下の機能が存在しません。

・紐付け
・自動補充
・資源評価
・作業分割
・計画パラメタ、計画コマンドの編集

スケジューラモジュールを併用している場合、スケジューラモジュールのオプションを継承することが出来ます。
詳細は「モジュールタイプ」ページの「オプションの継承」をご覧ください。


計画パラメタ

Asprova SEDでは計画パラメタ、計画コマンドの編集ができません。
また基本的に、Asprova SED専用に用意された以下の計画パラメタのみが実行できます。

計画パラメタ名

選択オーダ無限能力スケジューリング

コマンド構成

選択オーダ無限能力スケジューリング
  オーダ収集(GUIで選択されたもの)
  オーダ絞込み
  割付け解除
  オーダ展開
  作業グループ化
  実績作業割付け
  固定作業割付け
  実績制約作業割付け
  固定制約作業割付け
  製造オーダ割付け
  スケジュール評価
  予定表作成
  品目時系列生成

※作業グループ化コマンドは、グループ割付けオプションがあるときのみ追加されます。

計画パラメタ設定

割付け方法無限能力
割付け方向フォワード
割付け資源現資源
ユーザ指定最早開始日時ME.製造開始日時
オーダ絞込みME.オーダ種別=='M'

このパラメタを実行するには、オーダテーブルなどで割りつけたいオーダを選択した状態でリスケジュールボタンを押します。
それにより、一度も割り付いたことがない作業は、出現順の資源で、計画基準日時付近に割り付きます。
一度割り付いたことがある作業は、前回と同じ資源と日時に割付きます。(カレンダーの変更には応じる)



HelpNo.:3131
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.