Asprova MRP

モジュールタイプ

コマンド実行権限

モジュール毎データ入出力可能オブジェクト


概要

Asprova MRPは、MRP計算を非常に高速に処理します。スケジュール結果は、購買予定表やオーダテーブルや作業テーブルに出力します。
長期スケジューリングには、Asprova APSやAsprova MSで有限能力ラフスケジュールを用いたほうが精度の高い結果が得られますが、製造BOM設定をより簡単に行って運用を開始したい場合、スケジュールよりも所要量計算の結果を必要とされている場合には、Asprova MRPがぴったりです。


特徴

MRPコマンド

作業を無限能力で割り付けます。

機能詳細

  • 割付け方法は無限能力です。計画パラメタの「割付け方法」の設定は無視します。
  • バックワードで割付けた後、割付け開始日時を越えた作業およびそれと紐付いた後工程作業をフォワード無限能力で強制割付けします。
    計画パラメタの「割付け方法」の設定は無視します。
  • 動的分割の設定を無視します。
  • 前後依存段取りの設定を無視します。

MRPのコマンド構成

MRPを使用する際の計画パラメタのコマンド基本構成は以下のようになります。

 オーダ収集
 オーダ絞り込み
 割付解除
 オーダ展開
 実績作業割付
 MRP割付け
 スケジュール評価

マスタデータ

MRPを使用する際のマスタ設定は、製品、半製品について、製造BOMにマスタ入力指図(必要ならマスタ出力指図)を設定して、必要量や品目のつながりを設定します。
マスタ使用指図は設定しないで、品目の「製造リードタイム」プロパティと「資源」プロパティ(プロパティウィンドウの設定タブにあります)で設定できます。

製造リードタイム

該当の品目の製造リードタイムを式で設定します。デフォルトは1日となります。
製造BOMにマスタ使用指図が設定されている場合は、そのマスタ使用指図を使用します。

資源

該当の品目を割り付けて製造リードタイムを計算する対象の資源を設定します。
製造BOMにマスタ使用指図が設定されている場合は、そのマスタ使用指図を使用します。
製造BOMにマスタ使用指図が設定されていないか、能力値が設定されていなくて、かつ、割付資源(MRP)が空の場合は、自動的に「MRP」というコードの資源を生成して、使用します。
最初にMRPの資源を生成した際は、毎日24時間稼動のカレンダーも自動生成されます。このカレンダーは最初だけ生成されますので、自動生成されたカレンダーを削除すると自動生成されることはありません。


MRPの使用パターン例

例1

マスタを最小限にとどめ、所要量の計算だけを行います。

設定のポイント:

○製品、半製品ごとに製造BOMで1工程だけ設定して、マスタ入力指図を設定します。

○各品目の製造リードタイムを設定します。

 製造リードタイムの例

  固定値:3d(三日)、10h(10時間)
  非固定値:50ph(一時間に50個)

稼動しない日や稼働時間を考慮したい場合は、品目の資源プロパティに資源を登録して、その資源のカレンダーを設定します。

以下の図は、製品、半製品ごとに1工程のみ入力して、品目の製造リードタイム(MRP用)プロパティと資源プロパティを設定してMRP割付けコマンドを使ってスケジュールした結果です。それぞれの品目の所要量とおおよその必要になる日時が計算できます。


例2

工程や能力など細かいマスタを設定して、より精度の高い日時の計算を行います。

設定のポイント:

○製品、半製品ごとに製造BOMに実際のマスタを作成します。マスタ入力指図だけでなく、マスタ使用指図を設定します。

○マスタ使用指図に設定した資源について、実際の稼働時間をカレンダーに設定します。

○マスタ使用指図に適切な能力値を入れます。

以下の図は、製造BOMに製品、半製品の工程とマスタ使用指図を細かく設定して、MRP割付けコマンドを使ってスケジュールした結果です。品目の製造リードタイムプロパティと資源プロパティを使った場合よりもより詳細な日時が計算できます。



HelpNo.:3130
© Since 2019 Asprova Corporation, All rights reserved.