Print

Asprova SCM は、SCM の計画系ソフトウェアです。Asprova SCM の主なスケジューリング機能にはSCP とAPS があります。下図に、SCM 計画系システムの全体図を示します。

ja_GSCM_vol3_001

SCM 部(サプライチェーン全体を管理する部署)は、需要予測や販売計画などから予測オーダを作成します。SCP は予測オーダを入力し、SCP を行い、調達計画・生産計画・物流計画を作成します。生産計画は各工場に、調達計画は調達部門に、物流計画は物流部門に供給します。SCE は、調達・物流などサプライチェーンの実行系業務を管理し、SCP に実績情報を供給します。

各工場では、SCP から受けた生産計画を元にAPS が詳細スケジュールを作成し、作業指示を生産現場に出力します。生産現場では生産を行います。MES は工場の実行系業務を管理し、APSに実績情報を供給します。APS は作業実績を元に詳細スケジュールのリスケジューリングを行います。SCP は、調達・生産・物流の結果を実績情報として受け、実績情報を元にSCP を行います。

見込生産では、予測オーダから調達・生産を先行して開始し、受注管理から購買オーダの到着後、在庫または見込生産して、今後完成予定の製品に引当てます。

受注生産では、購買オーダ到着後、生産を開始します。しかし、長納期品の原料調達を見込調達したり、長い製造リードタイムの半製品や共通部品を見込生産する場合もあります。その場合は、見込生産と受注生産が混在した計画になります。