オプション機能


Asprovaには、標準機能以外に、さまざまな状況・高度なご要望に対応するために以下のオプション機能が用意されています。
(オプション機能は有償です。)


オプション機能

受注オプション

受注オーダを割付けて、製造オーダ、在庫オーダ、購買オーダと紐付けます。

購買オプション

購買オーダを割付けて、製造オーダ、受注オーダと紐付けます。

KPIオプション

スケジューリングの結果からKPI(Key Performance Indicators:主要業績評価指標)を算出します。

最適化ロジックオプション

資源上に割り付いている作業の並びを、設定したキーに従って並び替えます。
例えば色の薄いものから濃いものになるように並べたい場合などに、有効なオプションです。

イベントオプション

設定した条件を満たしたら、イベントオーダを自動で割付けます。
例えば一定時間製造したらメンテナンスする、一定数量製造したらメンテナンスする場合などに、有効なオプションです。

グループ割付けオプション

複数の作業をグループ化して、同時開始などの制約を満たすように割付けます。

重なりMAXオプション

工程間の時間で、一定以上離れないようにします。
例えば化学系や食品系の製造で、次の工程を決まった時間以内に始めなければならない場合などに、有効なオプションです。

資源ロックオプション

製造が終わった後で、指定した時間資源を占有します。
例えば釜などで、製造(反応など)が終わってから次の工程に内容物を移すまで、釜などが使えない場合などに、有効なオプションです。


オプション同士の共存可否

オプション同士の共存は、以下の表の通りとなります。

 受注購買KPI計算資源ロック重なりMAXグループ割付けイベント最適化
受注--------
購買-------
KPI計算------
資源ロック-----
重なりMAX----
グループ割付け---
イベント△※1△※2△※3--
最適化△※4△※5△※6○※7-

※1 イベント / 資源ロック

資源ロックの制約を考慮しながらイベントを発生させることは出来ません。
イベントを発生させる資源が、資源ロック制約と関係がない場合は共存可能です。
詳細資料・・・イベントオプションの制約事項(Event Object Reference Manual.pdf)

※2 イベント / 重なりMAX

重なりMAXの制約を考慮しながらイベントを発生させることは出来ません。
イベントを発生させる資源が、重なりMAX制約と関係がない場合は共存可能です。
詳細資料・・・イベントオプションの制約事項(Event Object Reference Manual.pdf)

※3 イベント / グループ割付け

資源ロックの制約を考慮しながら並び順制御を実行することは出来ません。
イベントを発生させる資源が、グループ割付け制約と関係がない場合は共存可能です。

※4 最適化 / 資源ロック

グループ割付けの制約を考慮しながらイベントを発生させることは出来ません。
イベントを発生させる資源が、重なりMAX制約と関係がない場合は共存可能です。

※5 最適化 / 重なりMAX

重なりMAXの制約を考慮しながら並び順制御を実行することは出来ません。
並び順制御を実行する作業が、前後作業と重なりMAXの関係になければ、共存可能です。

※6 最適化 / グループ割付け

グループ割付けの制約を考慮しながら並び順制御を実行することは出来ません。
並び順制御を実行する作業が、グループ化されていなければ、共存可能です。

※7 最適化 / イベント

資源クラスの「作業の割付順を保つ」プロパティを「はい」にする必要があります。
詳細資料・・・イベントオプションの制約事項(Event Object Reference Manual.pdf)



HelpNo.:754001
© 2017 Asprova Corporation, All rights reserved.