GUIの概要

はじめに


Asprovaは、スケジュール結果の表示、修正、データの編集などのさまざまな機能を画面を通して行うことができるように、豊富な機能を用意しています。

このリファレンスでは、GUIの機能を以下の項目に分けて説明しています。

操作モード

プロパティ、メニューの表示などが異なる4つの操作モードがあり、用途や状況に合わせて切り替えることができます。

グローバルウィンドウ

グローバルウィンドウは、オブジェクトウィンドウ・プロパティウィンドウ・メッセージウィンドウ・オブジェクトブラウザの4つのウィンドウで構成されており、各分類のデータが見やすく詳細表示され、データの修正や編集等もできます。


テーブル付きタイムチャートウィンドウ

テーブル付きタイムチャートは、ウィンドウが左右2つに分かれており、左側がテーブル表示で右側が横軸が日時になっているタイムチャートから構成されています。

差立てビュー

差立てビューは、横軸が資源で、各資源に割り付いている作業使用指図を開始日時が早い順に並べた表です。

テーブル表示

テーブル表示はマスタデータやオーダ、チャートの設定項目などをテーブル形式で表示します。

製造BOM

製造BOMは、スケジューリングに必要なマスタデータを一つの画面上ですべて入力することができます。複数のテーブルからマスタデータを取り込み編集することもできます。

グラフィカル製造BOM

製造BOMの情報をグラフィカル表示します。グラフィカル製造BOMの上でマスタのメンテナンスも可能です。

購買BOM

Asprova SCPで使用します。顧客(需要元/納品先)、サプライヤ(供給元)の組合せごとに品目、配送便を設定します。

受注予定表

一定期間の受注予定を登録し、受注オーダを自動生成させる機能です。

PSI表

供給と需要を、品目、拠点(拠点はAsprova SCPの場合)、日や週、月でまとめたテーブルです。Asprova SCPをお使いの場合はこちらを、Asprova APSをお使いの場合はこちらを参照してください。

製造予定表・購買予定表

製造予定表は、資源別、品目別、日別に製造数量を算出して表示します。購買予定表は、購買オーダを元に品目別、顧客別、日別に購買数量を算出して表示します。

HTMLビュー

HTMLビューは、HTML形式のファイルを表示することが出来ます。単にWWWブラウジングだけを目的としたものではなく、Asprovaを拡張して自由なフォームを作成できるようにするものです。 DHTMLとスクリプト言語(VBScript, JavaScript etc.)を使って高度な機能を提供できます。ActiveXコントロールを埋め込むことにより、スクリプティングでは実現できないような機能を搭載することも出来ます。

作業指示

資源テーブルもしくは資源ガントチャートから作成できる、簡易的な作業指示書テーブルです。

スタイルテーブル

チャートやテーブルに設定したスタイル情報が格納されているテーブルです。

メッセージテーブル

Asprovaから出力されるメッセージを表示するテーブルです。


メニューバー

メニューバーは、各種ウィンドウの操作に共通する設定ボタンを表示しています。

ツールバー

ツールバーは、使用項目ごとに設定ボタンを表示しています。ツールバーの追加作成や設定ボタンの表示/非表示もできます。


ダイアログ

用途別に各項目の詳細設定ができます。


補足

上記以外の機能を紹介しています。


HelpNo.:656000
© 2017 Asprova Corporation, All rights reserved.