個別原価の見える化 印刷 Eメール

Q: KPI計算により個別原価計算はできるのでしょうか?

A: 下図は、製造オーダ毎の原価を求めた結果です。例えば、外注費(請負費)大きいオーダは利益率が低いなどの状況を把握できます。これを元に外注費のコストダウン(内製化、価格及びロットサイズの調整)を図るなど戦略的な改善策を検討します。

ja_015

関連項目 : 生産計画スケジューラ(APS)の誕生

関連項目 : かんばん方式と特注品、受注生産品、試作品

関連項目 : 未来の予測と見える化

最終更新 2014年 4月 24日(木曜日) 01:15