内段取り・外段取りの見える化 印刷 Eメール

Q:余分な人件費を抑えたいのですが、その方法を教えてください。

A: 作業者の作業を正確にスケジュールすることにより、未来に必要な人員数を求めることができます。どのようにスケジュールするかを下図で説明します。

ja_013

ケース1は製造時間に作業者が付きます。ケース2は前段取りだけ作業者が付きます。ケース6は外段取りです。作業者が、前段取り、製造、後段取りのどこに付くのかをBOMに設定して、そのとおりスケジュールすることにより、作業者の必要人数が分かります。また、作業者の人数を設定して、それを制約にしてスケジュールすることもできます。

例えば、来月の内示オーダ、販売予測情報があれば、その情報を製造オーダとしてスケジュールすれば、来月の日毎の必要人員数を予測可能です。これにより、残業・休出を減らし、パートさんの採用をあらかじめ調整することにより、人件費を削減できます。

関連項目: 設備や人員の未来の負荷の見える化 (負荷グラフ)

最終更新 2014年 4月 24日(木曜日) 01:17