射出成型 印刷 Eメール

 

Keywords

  1. 射出圧力

  2. 金型の数と取り数

  3. 部品または金型の切替え段取り

  4. まとめ生産

  5. 所要量計算 : スクラップ数と歩留まり率

 

射出成型製造業者は、様々な問題を抱えています。

  • 金型の数、製造設備の数のほか、射出圧力を考慮した作業指示が必要です。
  • 金型のメンテナンスや故障を加味した計画変更が必要です。
  • 部品や金型の切替え段取りを踏まえて、作業員を適切に配置する必要があります。
  • 歩留りやスクラップ数を加味して、適切な量の原料を購買しなければなりません。

このような難しい課題を解決するためのスケジューラ活用方法をご紹介します。

ビデオリスト (30min)
 
64.01 射出成型品の製造工程のマスタ登録とスケジューリング

射出成型して製造した2つの品目を組み立てて完成品を製造します。
工程や製造能力を登録することで、迅速に実現可能な計画をスケジューリングできます。
 
64.02 設備制約1-射出圧力に基づいた成型機割付け

成型機から金型に樹脂を射出する際に、射出圧力を考慮しなければなりません。
射出圧力には許容範囲があり、これを超えると故障してしまいます。
射出圧力の上限を超えるような計画・指示を計画時点で防止できます。
 
64.03 設備制約2-金型の数と取り数

金型の数や取り数、メンテナンスや故障を加味したスケジュールを作成できます。
同じ金型でも取数が多いほど、製造時間が短くなります。
メンテナンスで一定期間金型を使用できない場合は、一定期間、使用禁止にしたり、取数を少なくしたりできます。
 
64.04 製造実績の特急オーダの納期回答

実績を反映することで、計画に対する遅れなどの進捗を加味できます。
顧客から緊急の受注が追加された場合に、納期回答できるかどうか検証できます。
日々の進捗状況や受注状況を考慮して、スケジューリングを作成しましょう。
 
64.05 成型部品と金型切替えの段取り

射出成型工程では、部品の切替えや金型の切替えを作業員が行います。
このため、作業員の人数や勤務時間を制約としたスケジュールを作成できます。
さらに、作業員の仕事効率化のために段取りを最小化しましょう。
 
64.06 ロットサイズに基づいたまとめ生産と安全在庫

まとめ生産により段取り回数を抑え、生産効率を高めます。
需要増加時にも部品を欠品させないよう安全在庫を確保した計画を作成できます。
製造効率を改善しつつ、欠品率を下げる計画を作成しましょう。
 
64.07 所要量計算(スクラップと歩留り)と購買計画

原料の所要量を計算して、購買計画を作成します。
所要量計算は、スクラップ数や歩留まり率を加味できます。
さらに、原料の購買計画は、所要量、在庫、発注残を考慮して不足分を補充できます。
 

Youtube でご覧になりたい方はこちら

Webinar を開催しています。 Join !

最終更新 2015年 11月 26日(木曜日) 02:17