Keywords

  1. マシニングセンタ

  2. 受注生産

  3. 受注状況で変わるボトルネック工程

  4. 熱処理

  5. モジュール、外径の切替え段取り

  6. 作業員の人数制約

 

歯車の形状は用途により様々なので、受注ごとに必要な工程が異なります。
歯車製造業者は、受注状況により、負荷が集中する工程、つまりボトルネックとなる工程が変わるという課題に頭を悩ませています。

納期遅れを避けなければなりませんので、多めの余裕を持った納期で受注せざるを得ません。
一方で、機会損失を招いてしまいます。

迅速なスケジュール作成が非常に難しい歯車製造でのスケジューリングソフト活用のポイントをご紹介します。

ビデオリスト
 
65.00 歯車製造のスケジューリングの課題  
65.01 マスタ登録とスケジューリング

実現可能な計画のスケジューリング作成に必要な工程や製造能力を登録します。
部品構成、生産工程、製造時間、作業者などを設定します。
モジュールや外径の切替え段取りもスケジューリングできます。
 
65.02 ボトルネック工程の特定と有効活用

待ち時間や負荷などの項目に基づいて、ボトルネックを特定します。
さらに最大限に活用し、スループット改善につなげましょう。
 
65.03 熱処理工程のスケジューリング

熱処理工程の複雑な制約を簡単にスケジューリングできます。
  • 同時に投入して同時に取り出す
  • 同じ条件の作業のみをまとめる
  • 中断を許さない
 
65.04 作業員のスケジューリング

研削工程は高度な加工技術を必要とします。
このため、作業員の人数が制約となります。
作業員の人数、稼働時間を制約としたスケジューリングを行ないます。
 
65.05 実績の反映とオーダの追加

実績を反映することで、計画に対する遅れなどの進捗を加味できます。
顧客からの受注は日々新しいものが追加されます。
日々変化する状況に、スケジューラを活用して、見える化し、適切な対処、正確な納期回答を実現しましょう。
 

Youtube でご覧になりたい方はこちら

 

Webinar を開催しています。 Join !