印刷 Eメール

35 オプション
 
35.11 重なりMAX - 概要

重なりMAXオプションは、前工程との時間関係の上限を制約する機能です。重なりMINは最低限の工程間の時間間隔を加味する機能であり、上限を制約しません。 重なりの上限の制約が必要な場合には、重なりMAXオプションを活用しましょう。
 
35.12 重なりMAX - 計画パラメタ

重なりMAXを適用した工程を割り付けるためのコマンドの使い方と、重なりMAXを満たせないときの割付けについて紹介します。
 
35.13 重なりMAX - テクニック

工程間の時間の制約において、複数の工程をまたがって、間隔の上限を設定したいことがあります。 1つ先の工程と関連付けて、上限を制約することができます。
 
35.21 資源ロック - 概要

資源ロックオプションは、ある作業の製造タスクの後に、他の作業が割り込まないようにロックする機能です。ロックする時間は、後工程の製造開始までのほか、後工程の製造終了までロックしたり、任意の時間を追加したりできます。後工程との時間関係を考慮したロックが必要な場合には、資源ロックオプションを活用しましょう。
 
35.22 資源ロック - 計画パラメタ

資源ロックを適用した工程を割り付けるためのコマンドの使い方と、資源ロックを満たせないときの割付けについて紹介します。
 
35.23 資源ロック - テクニック1

資源ロックオプションは、ある作業の製造タスクの後に、他の作業が割り込まないようにロックする機能です。ロックする時間は、後工程の製造開始までのほか、後工程の製造終了までロックしたり、任意の時間を追加したりできます。後工程との時間関係を考慮したロックが必要な場合には、資源ロックオプションを活用しましょう。
 
35.24 資源ロック - テクニック2

資源ロックオプションは、ある作業の製造タスクの後に、他の作業が割り込まないようにロックする機能です。ロックする時間は、後工程の製造開始までのほか、後工程の製造終了までロックしたり、任意の時間を追加したりできます。後工程との時間関係を考慮したロックが必要な場合には、資源ロックオプションを活用しましょう。
 
最終更新 2016年 11月 18日(金曜日) 07:06