印刷 Eメール

22 プロトタイプを作成しよう ( 21 min )
 
22.01 単工程スケジューリング

Asprovaのプロトタイプの作り方を紹介します。生産スケジュールの作成方法を初歩から説明します。マスタ情報とオーダ情報を登録し、Asprovaの設定をして、単工程スケジューリングを作ります。
 
22.02 MRP

次に、原材料と在庫を加味します。ここでは2つの異なる原料を投入して品目を製造します。
 
22.03 複数工程

前回は単工程スケジューリングについて説明しました。Asprovaでの複数工程スケジューリングについて説明します。
 
22.04 自動補充

Asprovaの自動補充機能について説明します。これにより欠品を検知して、自動的に製造オーダや購買オーダを補充することができます。
 
22.05 受注オーダスケジューリング : MTO

MTO(受注生産)のスケジューリングについて説明します。受注オーダを登録し、製造オーダを自動補充します。
 
22.06 受注オーダスケジューリング : BTO

BTO(受注組立)のスケジューリングについて説明します。
 
22.07 受注オーダスケジューリング : MTS

MTS(見込み生産)のスケジューリングについて説明します。
 
22.08 購買オーダスケジューリング

『プロトタイプを作成しよう』の最後は、購買オーダをスケジューリングします。
 
最終更新 2016年 3月 24日(木曜日) 05:32