印刷 Eメール

21 サンプルデータで操作してみよう ( 31 min )
 
21.01 混合 - 充填 - 検査 工程

サンプル1の工場では混合、充填、検査の3工程によってProduct-Aを生産しています。Asprovaを用いてこの工場のスケジュールを作成する方法、および、突然の特急オーダを考慮に入れた新しいスケジュールを作成します。
 
21.02 プラスチック製品 : 混合 - 金型を用いた成型

サンプル2の工場の1つの生産工程に対して2つの資源を用いる場合のスケジュールの作成方法を説明します。こうしたスケジューリングはとりわけ金型で製造をする製造業者がよく行ないます。
 
21.03 金属加工 : 繰り返し工程

繰り返し工程でのAsprovaの使い方を説明します。こうした工程は人手で生産スケジュールを立てることが非常に難しいです。しかし、Asprovaによってはるかに簡単に速くスケジュールを立てられるようになります。
 
21.04 金型加工、組立て工程

複数品目を最終工程に投入して製造する場合の生産スケジュールの作成方法を説明します。マウスのドラッグアンドドロップで簡単にスケジュールを調整できます。
 
21.05 受注 - 製造 - 購買 スケジューリング

自動補充について説明します。自動補充とは原料となる品目が欠品しないように自動的にオーダを登録してくれる機能です。
 
最終更新 2016年 3月 24日(木曜日) 05:14